環境への影響を最小限に抑えながらイノベーションを推進
IBM Hursleyが、どのようにカーボンニュートラルへの取り組みにおいてに自動化を実装しているか
削減額を推定 無料評価版を試す

英国のハンプシャーにあるIBM所有のクラウドデータセンターであるIBM Hursleyは、1950年代から研究・開発・イノベーションを先導し続けています。ここは、コンピューティングの歴史におけるいくつかの重要な製品の発祥の地です。たとえば、コンピュータに初めて音声と色がもたらしたことでも知られます。

現在、IBM Hursley チームは企業の持続可能性にも注力しています。グラスゴーで開催された国連気候変動会議(COP26)を受け、IBMの目標は2030年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを達成することにあります。IBM Hursley チームは、カーボンニュートラル化、グリーン運用手順の遵守、インテリジェントな自動化の導入により、カーボンニュートラルへの取り組みにおいて多面的なアプローチを採用しています。たとえば、IBM Hursley チームは冷却のために地下貯水池を利用することを計画しており、IBM パートナーと協力してデータセンターを一定期間オフグリッドにしようとしています。

また、カーボンニュートラルへの取り組みの一環として、Hursley は IBM® Turbonomic® ハイブリッドクラウドコスト最適化ソリューションを使用して、4,500 の物理システム全体でパフォーマンスを確保し、電力使用量を節約しています。

システムの最適化

 

Turbonomic による、 6000 の仮想システムの最適化

大規模ユーザー

 

IBM Hursley のデータセンターユーザーは 11,000 人の開発者が含まれます

IBM Turbonomicは、ほとんど第六感のようなものです。環境とデータセンターがどのように動かされているかを完全に把握できます。回復性を損なうことはありません。パフォーマンスを評価、アドバイス、および改善します。 Colin Holyoake Colin Holyoake Certified Datacenter Design and Sustainability Manager IBM Hursley
IBM Turbonomic の導入

IBM Hursley の Colin Holyoake 氏と Graham Eames 氏は、2021 年 11 月に IBM Turbonomic を実装しました。開始からわずか 2 時間で、チームの Turbonomic インスタンスに 6,000 の仮想システムが表示され始めました。チームは最終的に、アプリケーション (仮想マシン/コンテナ) から関連ストレージに至るまで、完全なデータセンターアプリケーションスタックをシングルビューで確認できるようになりました。Hursley の環境における x86 仮想化の外部にあるエンティティの中でも、Turbonomic は IBM FlashSystem と、IBM z15 上で実行されている Red Hat OpenShift を監視しています。

「IBM Turbonomic は、ほとんど第六感のようなものです」と、IBM Hursley の認定データセンター設計およびサステナビリティマネージャーである Holyoake 氏は話します。「これにより、環境全体とその実行方法を完全に可視化できます。回復性を損なうことはありません。パフォーマンスを評価、アドバイス、改善します。」

Turbonomic を使用することで、IBM Hursley チームは物理データセンター全体の論理環境の相互依存関係を迅速に特定し、リソースを再割り当てしてパフォーマンスを確保できるようになりました。たとえば、Turbonomic をインストールしてから 24 時間以内に、チームは重大なパフォーマンスリスクとサイズ変更の機会を特定しました。彼らは、ホスティングクラスターのひとつで、60 コアと 2 TB RAM を含む各ノードで過剰な CPU 準備完了状態が発生し、開発操作に悪影響を及ぼしていることを観察しました。IBM Hursley チームは、Turbonomic のリソースの割り当てに関する推奨事項を使って、このパフォーマンスリスクを軽減するために再割り当て可能なリソースを特定し、すぐにその推奨事項を実行しました。

このフルスタックの可視性における重要な要素は、IBM Turbonomic が提供する幅広い統合機能です。たとえば、IBM Hursley チームは、Instana® 統合と Red Hat® OpenShift® 統合を実装しました。重大なパフォーマンスリスクを伴うそのクラスター上のワークロードの大部分は、Red Hat OpenShift ベースのワークロードで構成されていました。Turbonomic をスタックレベルに導入すると、これらのワークロードをより詳細に可視化できるようになり、チームがパフォーマンスの問題を迅速に解決できるようになりました。このレベルの可視性は、チームが自動化を通じて OpenShift 内でワークロードのサイジングを調整し、パフォーマンス要求と利用可能なリソースのバランスを継続的に向上させるのにも役立ちました。

IBM Turbonomicは、お客様がインフラストラクチャーを十分に活用・最適化することでパフォーマンスを確保すると同時に、財務的にも環境的にもコストを最小限に抑えられるよう支援します。 Colin Holyoake Colin Holyoake Certified Datacenter Design and Sustainability Manager IBM Hursley
IBM Turbonomic がコストと環境への影響を管理する方法

Turbonomic は、IBM Hursley データセンター全体のリソースをリバランスする機会を特定するのに役立つため、チームはパフォーマンスを犠牲にすることなく、既存のインフラストラクチャを最大限に活用できるようになりました。利用率を最大化するこの機能は、チームが将来の設備投資 (Capex) 需要を削減することで、財務上および環境上の利点があります。既存のインフラストラクチャーの使用を拡張することで、IBM Hursley チームは、新しいハードウェアへの不必要な出費や、電源と冷却のための運用コストを回避できます。この継続的なパフォーマンス最適化統合により、不要なインフラストラクチャの電力供給と冷却の両方に必要な電力が削減され、IBM Hursley の二酸化炭素排出量も削減されます。

「こう考えてみてください」とHolyoake氏はアドバイスします。「必要な場合に備えて、オフィスにいる間は車のエンジンをかけたままにしてはいけません。では、ハードウェアリソースを利用できるのに、なぜ未使用のまま放置しているのでしょうか?IBM Turbonomicは、お客様がインフラストラクチャーを十分に活用・最適化することでパフォーマンスを確保すると同時に、財務的にも環境的にもコストを最小限に抑えられるよう支援します。

IBM Hursley チームも成長計画を立てるために Turbonomic を利用しています。IBM Turbonomic のフルスタックの可視性を使用して、変更を実装する前に、クラスターへのリソースの追加または削除の影響を評価します。さまざまなリソースに関する決定を実行する前に検討できるこの機能は、チームが設備投資計画を最適化するのに役立っています。Turbonomic を使用することで、Holyoake 氏と彼のチームは、無駄を最小限に抑えるため、正確な成長計画を策定し、ハードウェア交換の正確な数量と仕様を計画するために必要なデータを入手できました。

IBM Hursley チームは、将来を見据えて、Turbonomic の統合だけでなく、環境全体にわたって Turbonomic の自動リソースアクションの使用を拡大することを計画しています。彼らは、無駄を削減し、カーボンニュートラルへの取り組みを加速するために、AI を活用した自動化に頼ることができる新しい方法を引き続き模索していきます。

1950 年代以来、IBM Hursley はテクノロジー業界内外で有意義なイノベーションと永続的な変化を生み出してきました。この気候変動の時代において、Hursley チームは、2030 年までに温室効果ガス排出実質ゼロを達成するという IBM の目標をサポートするためにできる限りの行動を起こすことで、探査とイノベーションの遺産を引き継いでいきます。自動化はこれまでも、そしてこれからもその取り組みの重要要素であり続けるでしょう。

IBMロゴ
IBM Hursleyについて

IBM Hursley は、IBM が所有し、英国ハンプシャーにある 27,000 平方フィートの主力クラウドデータセンターです。1977 年に設立されたこのデータセンターは、4,500 の物理システムをサポートしています。2 つのプライベート開発者クラウドと 6,000 の VMware ベースのシステムを含むさまざまなテクノロジーによって 87% が仮想化されています。11 台のメインフレームが含まれており、約 11,000 人の開発者をサポートしています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFを表示する 他の事例を見る J.B. Hunt Transport, Inc.

Fortune 500 の運輸業界のリーダーが別のクラウドに安全に移行

お客様事例はこちら
Carhartt社

記録的なホリデーセールを達成した電動的ブランド

お客様事例はこちら
Providence社

クラウド導入を加速して医療を強化

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2022. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2022年8月アメリカ合衆国で制作

IBM、IBM LOGO、ibm.com、Instana、Turbonomicは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Web サイトibm.com/trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

Red Hat®、JBoss®、OpenShift®、Fedora®、Hibernate®、Ansible®、CloudForms®、RHCA®、RHCE®、RHCSA®、Ceph®、およびGluster®は、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の商標または登録商標です。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。