ホーム ケーススタディ IBMコンサルティング - watsonx Code Assistant 開発者の学習方法と作業方法を変革
IBMコンサルティングは、品質、コンプライアンス、レジリエンスを維持しながら、Ansibleプレイブックの開発労力を30%削減することに成功しました。
オフィスのスタンディング・デスクで働く若いアフリカの女性。人間工学に基づいたスタンディング・デスクでコンピューターを操作する女性従業員。

今こそソフトウェア開発のモデルを書き換える時?

世界中で、ソフトウェア開発者の需要が高まっています。 実際、米国労働省は、ソフトウェア開発者の雇用機会が2031年までに25%増加すると予想しています。 同時に、ソフトウェアエンジニアの世界的不足は2030年までに8,520万人に達する可能性があると推定されています。 ソフトウェア開発者の需要と供給の不均衡は、何らかの対策が講じられない限り、時間の経過とともにさらに深刻化するでしょう。

「お客様がこのトレンドに積極的に対処できるよう支援するために、私たちは生成AI対応のペアプログラミングの検討を開始しました」とIBMコンサルティングのパートナーでグローバル・ハイブリッドクラウド・オートメーション・リーダーであるジェリー・レイタオン氏は次のように説明します。「私たちは初期のテストで、生成AIが開発者にとって力を倍増させるものとして機能することを目の当たりにしました。 開発中の新しいコードは言うまでもなく、リファクタリングとモダナイズが必要なレガシー・コードが数多くあります。 生成AIは、これらの優先事項のバランスを取る上で重要な役割を果たします」とレイタオン氏は言います。 実際、Gartnerは「2025年までに、製品開発ライフサイクルの80%で生成AIコード生成が活用され、開発者はバックエンドとフロントエンドのコンポーネントと統合の検証者およびオーケストレーターとして機能するようになる」と予測しています。*

「私たちは、IBM ResearchやIBM TechnologyおよびRed Hatを集結することで、生成AIを使用してクライアントの開発者の生産性を向上できるよう支援するというミッションを開始しました。 検討すべきユースケースはたくさんあります。 私たちはAnsibleから始めることにしました」とレイタオン氏は言います。 Ansible Automation Platformは、世界中の何千もの企業のIT環境から複雑さを排除し、IT運用を自動化するのに役立つ、主要なIT自動化プラットフォームです。

「私たちは『どうすればAnsibleの学習曲線を短縮し、Ansible自動化を開発する各個人の影響力を高めることができるだろうか』と考えました」とレイタオン氏は言います。 これにより、IBM watsonx Code Assistant for Red Hat Ansible Lightspeedのテクニカル・プレビューが実現しました。

 

* Gartner、「Emerging Tech: Generative AI Code Assistants Are Becoming Essential to Developer Experience(新興技術: 生成AIコード・アシスタントは開発者エクスペリエンスに不可欠になりつつある)」、2023年5月11日。 GARTNERはGartner, Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークで、許可を得て使用しています。無断複製や転載を禁じます。

 

最大45% Ansibleプレイブックの初期ビルドの生産性の向上 短縮 新規ユーザーがAnsibleを使いこなし、生産的になるまでにかかる時間
私たちは開発者を代替しようとしているわけではありません。 生成AIは、そこにあるすべてのコードを構築するわけではありません。 人間と組み合わせると威力が倍増するのです。 ジェリー・レイタオン パートナーおよびグローバルHCS自動化製品リーダー IBM Consulting
Ansibleプレイブック開発の変革

自然言語入力に基づくAIが生成した推奨事項を通じて、開発者はwatsonx Code Assistant for Red Hat Ansible Lightspeedを使用すると、Ansibleプレイブックのコンテンツをより迅速にモダナイズして構築できるようになります。コンテンツは本番環境にデプロイしても高品質でレジリエンスに優れたコンテンツです。

Red Hat Ansible Lightspeed用のwatsonx Code Assistantのテクニカル・プレビュー中に、レイタオン氏のチームはソリューションをテストし、幅広いユースケースをサポートすることを目的としたAnsibleプレイブックを構築しました。これには、Amazon Web Services(AWS)へのSAPデータベースとアプリケーションのインストールの自動化のほか、JAVA/ABAPシステムのSAPのプライマリ・アプリケーション・サーバー(PAS)のインストールとともに、SQL Databaseとサーバー・コンポーネントのエンドツーエンドのインストールがワンクリックするだけで可能になります。同チームはまた、ユーザー・アクセス管理やセキュリティー・ポリシーの実施、システム(IBM WebSphere/MQ/DB2)のセットアップ、モニタリング、アップグレードなどのユースケースをサポートするレガシー・プレイブックのリファクタリングと近代化もテストしました。

「このツールは、クライアント向けに構築やモダナイズできるAnsibleコンテンツの速度と量を増やすように設計されています。 「開発者が各プレイブックの構築に使用できる最適なコンポーネントをwatsonx Code Assistantが見つけて推奨するため、Ansibleプレイブックの品質は高くなるはずだと私は考えています」とレイタオン氏は説明します。 Red Hat Ansible Lightspeed用のwatsonx Code Assistantの場合、より幅広いバックグラウンドを持つより多くの開発者がAnsibleオートメーションを構築およびリファクタリングできるようになります。 「私たちは開発者を代替しようとしているわけではありません。 生成AIは、そこにあるすべてのコードを構築するわけではありません。 「人間と組んだときに、戦力を倍増させることを意図しています」とレイタオン氏は付け加えます。

Red Hat Ansible Lightspeed用のwatsonx Code Assistantの基盤となるGranite 基盤モデルは、 IBMとRed Hatの専門家たちによってトレーニングおよびテストされました。 「私たちは、クライアントとの長年の開発作業から得たベスト・プラクティスを活用してモデルの調整を支援しました」とレイタオン氏は言います。 推奨事項を提供する際、Watsonx Code Assistantは信頼性と透明性を最大限に高めるために、最も可能性の高いトレーニング・マッチを共有します。 各提案には、コンテンツ、その作成者、ライセンスの最も一致する3つのソースが含まれます。

このツールは、クライアント向けに構築やモダナイズできるAnsibleコンテンツの速度と量を増やすように設計されています。 開発者が各プレイブックの構築に使用できる最適なコンポーネントをwatsonx Code Assistantが見つけて推奨するため、Ansibleプレイブックの品質は高くなるはずだと私は考えています。 ジェリー・レイタオン パートナーおよびグローバルHCS自動化製品リーダー IBM Consulting
生成AIによる生産性の向上

「Red Hat Ansible Lightspeed用のwatsonx Code Assistantのテクニカル・プレビュー中に、初期ビルドの生産性が20%~45%向上することが確認されました。 GAに移行したら、生産性がさらに向上することが期待されます。 また、まだ完全には定量化されていない川下生産性がかなりあると信じています」とレイタオン氏は説明します。 「私たちは、Ansibleオートメーションの開発フェーズを加速し、GA後のクライアントの価値実現までの時間を短縮することを目指すばかりでなく、コンテンツの品質をさらに高めるつもりです。」

watsonx Code Assistant for Red Hat Ansible Lightspeedを使用すると、開発者が自然言語入力を使用してAnsible タスクを作成できるため、スキルセットを迅速に拡張し、組織への影響力を高められます。 「Watsonx Code Assistantは、生成AIの支援があるため、Ansibleオートメーションを開発できる人の数を増やし、熟練するまでの時間を短縮することが期待されています」とレイタオン氏は述べています。

watsonx Code Assistant for Red Hat Ansible Lightspeedを使用することで、チームはAnsibleで価値を生み出すさまざまな方法を発見できるようになります。 「私たちは、Red Hat Ansible Lightspeed用のwatsonx Code Assistantが、Ansible上で構築できるものの視野を広げてくれると信じています。 開発者は、ひとつのアプローチでコンテンツを構築することに偏っているかもしれないし、Ansibleをまったく知らないかもしれません」とライタオ氏は主張します。 「Watsonx Code Assistant for Red Hat Ansible Lightspeedは、人々がより多くのことを探求できるように設計されています。 開発者が生成AIをさらに活用するようになれば、プラットフォームで可能なことは増えるはずです。」

IBMロゴ
IBMコンサルティングについて

IBMコンサルティングは、パートナーのオープン・エコシステムを活用し、ハイブリッドクラウドとAIテクノロジーを通じてお客様のビジネス・トランスフォーメーションを促進します。戦略やエクスペリエンス設計、テクノロジー、オペレーションにわたる深い業界専門知識を擁するIBMは、世界で最も革新的かつ価値ある企業3,000社以上の信頼できるパートナーとして、極めて複雑なシステムのモダナイゼーションとセキュリティー保護を支援しています。16万人のコンサルタントたちが、オープンな働き方を実践し、実証済みの共創手法であるIBM Garageを適用して、アイデアを成果につなげています。

IBM watsonx Code Assistantはこちら

IBMとRed Hatによるこの生成AIを活用した自動化ソリューションで、ビジネスのためのAIを使用する方法についての詳細はこちら。

予約はこちら お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2023.日本アイ・ビー・エム株式会社

2023年10月、米国で制作。

IBM、IBMのロゴ、ibm.com、Db2、IBM Consulting、IBM Garage、WebSphere、watsonxは、米国およびその他の国々におけるIBMの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である場合があります。IBMの商標の最新リストは、ibm.com/legal/copyright-trademarkでご確認いただけます。

Red Hat、JBoss、OpenShift、Fedora、Hibernate、Ansible、CloudForms、RHCA、RHCE、RHCSA、Ceph、およびGlusterは、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の商標または登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBMプロダクトを使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって異なりますので、一般的に期待される結果を提供することはできません。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBMプロダクトは、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は適用法・規則の遵守を徹底する責任を負うものとします。IBMは法律上の助言を提供せず、IBMのサービスまたは製品を使用することでお客様による法律または規則の遵守が確約されると表明することも保証することもありません。