Notes/DominoとVerseの組み合わせにより、一連の操作でメール、スケジュール、会議室の予約などをスムーズに行うことができるようになりました

株式会社イグアス 執行役員 プラットフォーム製品事業部長, 青木 寿人 氏

Business Challenge

創業以来グループの一員としてビジネスを展開してきたイグアスは、独立を機に自前のシステム環境を整備。以前はNotes/Dominoで業務アプリケーションを運用しながら、メールは他社のクラウド・サービスを使い、会議室の予約やリソース管理については別の製品を活用するという状況にありましたが、それぞれのシステムは連携していなかったことから、利用する際は個別に立ち上げて、操作しなければなりませんでした。また一部グループ・メールなどでNotesのメール機能も運用していましたので、システム部門の運用・管理の手間が何重にも掛かっていました。

Transformation

イグアスは、業務アプリケーションやメール、スケジュールなど、日常業務に必要な機能が複数のシステムに分散した状況を解決するため、これまで蓄積したアプリケーション資産を活用でき、短期間で環境整備が可能なNotes/Dominoの採用を決定。さらにメールについては、クラウド環境で稼働するVerseもNotesメールと併用することになりました。Notes/DominoとVerseを新規に導入した上で、2018年2月から4月にかけて、オンプレミスのNotes/DominoとクラウドのVerseのハイブリッド環境を構築。従来から活用している業務アプリケーションやメールもスムーズに移行しました。

Benefits

従業員個人のメールはクラウドのVerseを活用したことで、メンテナンスの必要がなくなり、作業負荷が軽減されました。システム部門は必要最小限の人数で構成されているので、大きな成果になりました。ユーザーにとっては、各種機能を連携して使える点がメリットになっています。一連の操作でメール、スケジュール、会議室の予約などをスムーズに行うことができるようになったほか、「検索」「受信ボックスから消去」「要アクション」「対応待ち」など、Verseの各種機能を有効活用することで利便性や行う効率の向上を実現しています。

 

 製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

IBM Verse

IBM Notes/Domino

 

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

Solution Category

  • Social Business