アイルランド、全国規模の新型コロナウイルスワクチン接種プログラムを促進
Health Service Executiveが初期のワクチン・プラットフォームを2週間で構築
研究室で新型コロナウイルス感染症ワクチンを研究する若い女性医師

「2020年2月末、アイルランドで最初の新型コロナウイルス感染者が発生しました」とアイルランドのHealth Service Executive(HSE)の最高情報責任者(CIO)であるFran Thompson氏は語ります。「学校や商店は閉鎖され、芸術やスポーツは中止され、誰も旅行することができず、それでも働いている人々は在宅勤務を続けていました。世界中がそうであるように、一夜にしてこのような事態になったことは言うまでもなく、私たちチームはその光景を信じることができませんでした。計画を立てる時間も、評価する時間もなく、ただ行動を促すだけでした。」

HSEはアイルランド国民約500万人に医療・社会サービスを提供し、地域ごとにワクチンシステムを導入しています。一方で、HSEは新型コロナウイルスワクチン接種のために、アイルランド全人口に迅速かつ安全にワクチンを接種できる国家プログラムを必要としていました。

その方法とは、HSE以外の事業所の人々にワクチンを接種し、「総動員による」パンデミック対策の妨げとなる障壁を取り除くことでした。HSEチームも現場の医療従事者も、この取り組みに貢献するためにHSEに再入職した多くの献身的な退職医療従事者も含め、すべての職員は、最前線でより安全に働けるよう、職員と同様に2週間以内にワクチン接種を受ける必要がありました。これは人々、彼らの生活、家族、そしてコミュニティも同様でした。

より早くHSEが予防接種を受けられれば、より多くの命が救われることになります。しかし、この大規模なワクチン接種プログラムを効果的に進めるには、コミュニケーション、スケジュール管理、受付、症例管理、報告、監査など、関連するすべてのプロセスのシームレスな編成も必要でした。新しい予防接種ソリューションは、市民の健康データのセキュリティーを確保しながら、迅速に拡張する必要がありました。さらに、HSEはわずか数週間でワクチン接種プラットフォームを展開する必要がありました。IBMSalesforce (ibm.com外部リンク) の製品とテクノロジーを検討した結果、HSEは、この2社がこのような重要なソリューションを提供するためのパートナーシップ、技術、専門知識、スピードを持っていると確信しました。それは2020年12月14日、一刻を争う状況でした。

大規模なデータ・トラッキング

 

アイルランド全土で約1,100万件の新型コロナウイルスワクチン接種を追跡

迅速な導入

 

わずか2 週間で機能的なプラットフォームを立ち上げ

ワクチンの入手可能性が変化するにつれ、展開計画も常に変更されていきます。それまでにパンデミックを経験した人は誰もいなかったため、新しい情報にリアルタイムで対応するためには、このレベルの機敏性が非常に重要でした。 Fran Thompson Chief Information Officer(最高情報責任者) アイルランド保健サービス委員会(HSE)
チームワークで全国的なワクチン接種を実現

HSEは、人、プロセス、テクノロジーを組み合わせた変革のフレームワークであるIBM Garageを使用して、 IBMコンサルティングとともにSalesforceクラウドテクノロジー上にプラットフォームを構築することを選択しました。オールリモートのチームは、アイルランド、英国、イスラエル、エジプト、オーストラリアから米国、インドまで、世界中から優秀な人材を集めることがができました。チームメンバーには、ソリューション・アーキテクト、開発者、デザイナー、Salesforceの技術専門家、同機関のニーズを理解するHSE職員が含まれていました。彼らは、アジャイルかつユーザー中心のIBM Garage Methodology(設計、構築、拡張)に従いました。

人間中心設計の原則を遵守し、ユーザーへの共感を維持するために、チームは、ワクチン接種者、介護施設の患者、医療従事者など、ワクチン接種プラットフォームを最初に使用する主要な人々に焦点を絞りました。それぞれのペルソナに対して、設計者はワクチン接種のプロセス全体を通して人々の生活を楽にするにはどうすればよいか?という問いに答えようと努めました。

共同チームは、HSEが最初の集団である医療従事者と高齢者ケアホーム患者にワクチン接種するために使用する最小実行可能製品(MVP)に必要な機能に優先順位を付けました。他の機能は必要になるまで待つことが可能でした。たとえば、HSEは最終的には国民が予防接種を登録できるセルフサービス・ポータルを提供する予定でしたが、初日にはプラットフォームにその機能は必要ありませんでした。

チームは、安全で操作が簡単なワクチン管理プラットフォームであるCOVAX(新型コロナウイルスワクチン接種情報システム)を設計しました。ワクチン接種証明書を作成するために必要なデータをすべて収集し、機密性の高い個人情報がGDPRに準拠していることを保証します。

人の命を救うには敏捷性が不可欠

設計者がまだソリューション計画を最終決定している間に、待っている時間がなかったため、技術チームは COVAXプラットフォームの構築を開始しました。パンデミック時に全国的なワクチン接種プラットフォームを実施する際の課題は、アイルランド政府、欧州医薬品庁(EMA)、全国予防接種諮問委員会(NIAC)から最新のガイダンスを受けるたびに状況、つまりチームの実施優先順位が変化することでした。したがって、開発チームは、ソリューション開発、テスト、反復を迅速に行うため、非常に即応性の高いプロセスに従いました。

IBM、Salesforce、HSEのチームメンバーは、毎日のスタンドアップ、振り返り、詳細な調査、リーダーシップ・レビュー、ガバナンス・ミーティングなどのアジャイル・セレモニーを遵守し、プロジェクトを迅速かつ協力的に進めました。開発者は、Salesforce Health Cloud上に、COVAXのコア・プラットフォームを構築しました。また、コミュニケーションにはSalesforce Marketing Cloud、パブリック・ポータルにはSalesforce Experience Cloud、予約スケジューリングにはSalesforce Lightning Scheduler、HSEヘルプデスク・サポートにはSalesforce Service Cloud、従業員トレーニングにはSalesforce myTrailheadラーニング・プラットフォーム、HSEシステム、一般開業医、薬局の統合にはMuleSoft Anypoint Platformを使用しています。Salesforce Shieldは、プラットフォームのセキュリティーと監査証跡をさらに強化します。

「仮想環境であっても、私たちは1つの大きな部屋にいる 1つのチームであり、共に考え、構築を行ってきました」と、IBMのデリバリー・リードであるMichael McKillenは言います。「左側の人は右側の人が何をしているかを常にわかっていました。プログラムを成功させるためには、さまざまな要素をひとつにまとめる必要があるため、関係者全員が非常に団結し、互いに助け合うことに熱心でした。」

今はより安全に、そして将来に向けて備える

わずか9営業日の2週間の短期間で、2020年12月29日に、専任チームは、COVAXプラットフォームの最初のMVPを完成させました。「HSE、IBM、Salesforce 間の強力なパートナーシップ・アプローチのおかげで、このような素晴らしいスピードで価値を実現できました」と、IBMのデリバリー・パートナーであるTim Elcott氏は説明します。「このソリューションは命を救うために不可欠であったためすべての関係者から深いコミットメントがありました。このスピードでこの規模のものを提供できるよう、誰もが個人的な犠牲を払ってきました。」世界中のプロジェクトチームのメンバーは、このソリューションを成功させるために、旅行や休日の集まりをキャンセルしました。

最初のMVPは4つの急性期病院で展開され、アイルランド全土で5万人の医療従事者とケアホーム患者がワクチンを接種しました。それ以来、共同チームはMVPの反復と拡張を続けています。「それ以来、3週間ごとに新機能や導入拠点を『ライブ』でプッシュしてきました」と、Thompson氏は述べています。「ワクチンの入手可能性が変化し、政府の方針が変わるたびに、展開計画は常に変更されました。それまでにパンデミックを経験した人は誰もいなかったため、新しい情報にリアルタイムで対応するためには、このレベルの機敏性が非常に重要でした。」

現在、プラットフォームは次の6つのステップに従ってワクチン接種プロセスを管理しています。

  • 受付とアウトリーチ:市民はCOVAXの公開ポータルにアクセスするか、HSEコールセンターに電話して患者記録を作成します。
  • サービスの提供:市民がワクチン接種の登録をすると、スケジューリング・アルゴリズムによって最適なワクチン診療所と予約時間が決定されます。このシステムでは、SMSによる双方向通信を自動化します。診療所では、最前線のスタッフが市民一人ひとりの身元を確認します。ワクチン担当者は、同意と接種資格を確認し、バイアル番号やワクチンの種類などのワクチン接種の詳細を記録し、ワクチンを接種します。このイベントは患者のプロフィールに記録され、2回目の予約が設定されます。
  • 関係管理: HSEライブ・コンタクト・センターは、2,000人を超えるサービス・エージェントをサポートし、Eメール、電話、チャットを通じて1日平均20,000件の問い合わせに対応しています。
  • 従業員のエンゲージメントとトレーニング: HSEスタッフは、新しいプラットフォームの最適な使用方法を迅速に習得できるよう、適切かつタイムリーなトレーニングを受けます
  • レポート作成と従業員の支援:HSEは、高度なビジネス分析ツールを使用して、予防接種データと市民の予防接種状況のあらゆる側面を監視し、レポートしています。
  • MuleSoft Anypointプラットフォームによる統合と接続: HSEはAPI主導の接続アプローチを採用し、一般開業医や薬局システムからのワクチンデータの迅速な取り込み、健康識別子、一般開業医の詳細、所在地住所、ワクチンラベルのスキャンなどのリアルタイムに接続できる機能を市民に提供しています。

現在までに、COVAXは1,100万本以上のワクチンの配送を管理し、対象となる国民の90%以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けています。現在、このシステムはブースター接種をサポートしており、ニーズや規制に合わせて進化し、拡張し続けています。「私たちがここで行った取り組みは、今日の新型コロナウイルスワクチン接種の課題を解決し、今後何年にもわたって道を切り開くことになるでしょう」と、Thompson氏は述べています。「この戦略は、医師システムを病院、ポータル、患者とつなぐためのモデルとフレームワークを提供します。この戦略により、日常か非日常かを問わず、現代的な患者エクスペリエンスを提供するためのフレームワークが得られます。」

IBM Garageが貴社にできることの詳細をお読みください。IBM Garageのエキスパートへのご相談はこちら

Health Service Executiveロゴ
Health Service Executiveについて

2005年に設立され、アイルランドのダブリンに本部を置くHSE(ibm.com外部へのリンク)は、アイルランドに住むすべての人に公衆衛生と社会サービスを提供しています。8万人以上を直接雇用しさらに4万人を契約社員として雇用しています。HSEの年間予算は200億ユーロを超えます。

次のステップ
新型コロナウイルス感染症時代のモダナイズ ロードアイランド州 スナックの王者はいかにして新鮮さを保っているのか Frito-Lay North America デジタル・トランスフォーメーションのジャーニーに乗り出す Asan医療センター
脚注

© Copyright IBM Corporation 2022.IBM Corporation、IBM Software、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2022年10月米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Enterprise Design Thinking、IBM Cloud、およびIBM GarageはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。