トプコンにとってSAP ERPは非常に重要な役割を担っていますので、スムーズに稼働インフラを変更できたことは本当に素晴らしいことだと思っています

—株式会社トプコン 経営企画室 情報システム部 部長 兼 SCM推進部 部長 宮田 和明 氏,

Business Challenge story

SAP ERPの稼働インフラとして活用していたホスティング・サービスではリソースをピーク時に備える必要があり、通常時のリソースの稼働率は著しく低くなります。この課題解決策のため、クラウド環境への移行を決定。クラウドであれば、通常時は必要な分のリソースで運用し、処理が込み合う時期にはリソースを増やすといった柔軟な運用が可能です。

Transformation

移行先のクラウド・サービスとしてIBMのクラウド・サービスであるC4SAPの採用が決定。C4SAPではグローバルで規格化されたBASIS運用が標準サービスで提供されることが評価されました。カタログ化されたC4SAPのBASIS運用には、日本アイ・ビー・エム株式会社の長年の運用経験とSAPアプリケーションへの深い理解が生かされています。

Benefits

クラウド移行に伴ってSAPのBASIS運用などを委託した結果、運用負荷が大きく軽減されました。コスト面では、短期的に移行作業などのコストが掛かるものの、インフラのリソースが最適化されたことおよびマネージド・サービスを活用したことによってトータルの運用コストが下がり、長期的な試算では間違いなくコスト削減につながっています。

 

テクノロジープラットフォーム

ソリューション

IBM Cloud Managed Services for SAP Applications

Solution Category

  • IBM Cloud