Groupe Chantelle
ランジェリー専門店が消費者向けビジネス・モデルを刷新 - リサイクル可能なブラジャーも登場
詳細はこちら
ランジェリー・ショップの店内

サステイナビリティーを求める消費者の要求と、劇的に変化する小売業界の状況に対応するため、Group Chantelleはランジェリー・ビジネスの改革を進めています。同社は、オムニチャネルのデジタル・トランスフォーメーションを推進するSAPソリューションに対応する、柔軟で高性能なプラットフォームを構築するために、IBM® Power Systems™とIBM FlashSystem®サーバーを選択しました。

ビジネス上の課題

サプライチェーンと市場投入モデルの変革をサポートするため、Groupe Chantelleは、SAPソフトウェアへの過去の投資も保護するような俊敏なITインフラストラクチャーを求めていました。

概要と経緯

Novahéとの協力により、Groupe Chantelleは、IBM POWER9™プロセッサーを搭載したIBM Power System S922サーバー1台と、IBM Power System S914サーバー2台を導入し、IBM iとLinuxの両方を稼動させ、IBM FlashSystemストレージを導入しました。

結果 25%向上
コアあたりのパフォーマンスが向上し、顧客への応答性が向上
25%増加
コスト・パフォーマンスの向上がIT投資収益率の実現を加速
実現できたこと
将来のITに関する意思決定を迅速化し、競争力の強化に貢献
ビジネス上の課題の詳細
変化に対するアジリティの獲得

あらゆる業界の企業が、革新と新市場への拡大を実現する柔軟性に支えられた、より高い生産性と効率性を求めています。ランジェリーの製造、卸売、小売で世界をリードするGroupe Chantelleも例外ではありません。

新しい顧客主導のビジネス・モデルを構築するため、Groupe Chantelleは、オンライン顧客が小売店舗で商品の受け取りと返品を行えるようにするなど、店舗とオンライン・チャネルの統合に力を入れています。サステナビリティーと企業の社会的責任に対する消費者の熱意に応えるため、Groupe Chantelleは間もなく完全にリサイクル可能なブラジャーを開発する予定です。これは、サプライチェーンからカスタマー・サービスに至るまで、あらゆるレベルで新たな挑戦をもたらすイノベーションとなることでしょう。

同社はまた、サードパーティーのeコマース・パートナーのWebサイトで購入した顧客に、自社倉庫から商品を発送するダイレクト・フルフィルメント・モデルも展開しています。

Groupe ChantelleのCTOであるAndré Wei氏は次のようにコメントしています。「私たちは、自分たちが生み出す製品と市場に投入する方法の両方において、より柔軟で革新的でありたいと考えています。以前は、私たちが小売業者のために品揃えを管理していましたが、今では小売業者自身が在庫を管理することを望むようになり、私たちのビジネス・プロセスにまったく新しい要求が生まれています。小売業ではサービス・レベルが常に重要であり、売り手が望むものを正確に提供できることが不可欠です。」

これらの新しい働き方を実現するには、新しい小売サービスをサポートするために、迅速に移行できる機敏な社内システムが必要です。「当社の既存のSAP ERPソリューションは、高速かつ効率的なビジネス・プロセスのための完全に統合された環境を長い間提供してきました」とAndré Wei氏は言います。「しかし、このソリューションは、迅速な開発や実験のサポートのためには設計されていませんでした。私たちは、従来の堅牢で高性能かつ安全なシステムを確保し、バリュー・チェーン全体にわたってより優れた俊敏性をサポートする方法を見つけたいと考えていました。」

当社のIBM Power SystemsとIBM FlashSystemの環境は、ワークロードを実行するのに最も合理的な場所にワークロードを配置できるようにすることで、柔軟性、そして競争上の優位性を高めています。 André Wei CTO Groupe Chantelle
概要と経緯の詳細
2つのパス、1つのプラットフォーム

Groupe Chantelleは、オムニチャネルで顧客主導の新しいビジネス・モデルを実現するために、サプライチェーンからカスタマー・サービスに至るまで、あらゆるレベルでより迅速かつ効率的なやり取りをサポートする新しいテクノロジー・プラットフォームを必要としていました。同社は、既存のSAP ERP環境と将来のSAP S/4HANAアプリケーションの両方をサポートするために、SAP HANAデータベースを採用することを決定しました。同社は、長期にわたるテクノロジー・サプライヤーで、IBMビジネス・パートナーであるNovahéに、既存の要素と新しい要素の両方を同じインフラストラクチャー上で並行して実行できる新しいハイブリッド・プラットフォームの調査を依頼しました。

「私たちはビジネスの観点から何を達成したいのかを説明しました。そして、Novahéは、私たちのニーズを完璧に満たし、以前のプラットフォームと同じ継続コストで、技術的なソリューションを提供してくれました」と André Wei 氏は言います。「IBM Power Systemsを選択したことで、IBM iとLinuxの両方を同じプラットフォーム上で実行できるようになりました。また、既存の適応性の高いSAP ERP環境を置き換えるという大きなコストとリスクも回避できました。そして、IBM Power Systemsの導入を進めることで、技術的な制約ではなく、ビジネス・ニーズに基づいてどんなソリューションを選ぶとしても、それに最適なプラットフォームを選択することができます。」

Novahéのプリセールス・エンジニア、Jean-François Fine氏は、次のように語っています。「IBM Powerプラットフォームに関わる長年の経験から、最新世代のIBMシステムは、Groupe Chantelleが、現在そして将来にわたって必要とするすべての技術的能力を与えてくれると確信していました。」

Novahéのクライアント・ディレクターであるFrançois Delbrel氏はこう付け加えています。「IBMのテクノロジーとビジネス・ソリューションの設計および提供における当社の専門知識を組み合わせることで、お客様に大きな価値を継続的にもたらすことができます。」

Novahéの提案では、本番環境用に IBM i オペレーティングシステムが稼働するIBM Power System S914サーバーを2台、1台はSAPセントラル・インスタンス専用、もう1台はSAP Retail専用に導入することになっていました。また、Groupe Chantelleは、SAP S/4HANA for Fashion and Vertical Businessソリューションを導入する準備として、SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications(ibm.com外部へのリンク)上でSAP HANAを実行する IBM Power System S922サーバーを導入しました。これらのサーバーはIBM POWER9プロセッサーを搭載しています。このプロセッサーは、Groupe Chantelleの従来のプロセッサーよりもコア数が多く、SAPではコアあたりのパフォーマンスが26%向上しています。一方、IBM Power System S922サーバーは、インメモリーHANAデータベースをサポートするため、2TBのフル・メモリーを搭載しています。 

IBMサーバーは、IBM FlashSystemストレージ・サーバー上のエンドツーエンドのNVMeフラッシュ・ストレージ環境によって補完されます。SAPによりSAP HANAで使用することが認定されたIBM FlashSystemストレージは、アプリケーションのパフォーマンスとビジネスの生産性を向上させます。また、その場でのデータ圧縮により、同じフットプリントでより大きな容量を提供します。

「Novahéとの関係は信頼の上に築かれており、IBM Power Systemsアーキテクチャーに関する彼らの知識に全幅の信頼を置いています」と André Wei氏は言います。「私たちは巨大な組織ではなく、すべてのテクノロジーに精通する人材がいるわけでもありません。IBM Power Systemsのような先進的なプラットフォームでは、このように経験豊富な外部パートナーを活用することは理にかなっています。」

私たちは将来の展開にワクワクしています。IBM iとLinuxの両方が稼動するIBM Power Systemsを使用することで、ビジネスで必要とされる新しいツールを迅速に導入し、顧客に提供するサービスのレベルを向上し続けることができます。 André Wei CTO Groupe Chantelle
成果の詳細
万能のソリューション

SAP ERPアプリケーションのパフォーマンスが最大25パーセント向上し、月額コストは以前と同じであるため、Groupe ChantelleはIBM POWER9プロセッサー・ベースのサーバーへのアップグレードの恩恵を既に享受しています。2020年の世界的パンデミックによるロックダウン期間中にもかかわらず、Novahé主導のもと、移行はスムーズに行われました。André Wei氏は次のように述べています。「私たちはパートナーであるNovahéのサポートとIBMの専門知識を活用することで、ビジネスと運用の観点から完全に透明化された移行を実現しました。」

Groupe Chantelleが変革計画を進める中で、新しいIBM Power Systemsインフラストラクチャーは、既存の機能を強化し、将来起こりうるどんな事態にも対応できる柔軟なプラットフォームを提供しています。現在の方向性としてはSAP S/4HANAを採用することになっており、Groupe Chantelleは、新しいアプリケーションにより、顧客エクスペリエンスを強化することでエンゲージメントを高めることができると期待しています。「私たちは将来の展開にワクワクしています。IBM iとLinuxの両方が稼動するIBM Power Systemsを使用することで、ビジネスで必要とされる新しいツールを迅速に導入し、顧客に提供するサービスのレベルを向上し続けることができます」と André Wei 氏は述べています。

同社は現在、将来のハイブリッドクラウド化に向けて準備も整えています。「ある時点では、すべてのIT環境には完全なクラウド化が必然的な方向だと誰もが話していましたが、現在ではもう少しニュアンスが変わってきています」と André Wei 氏は言います。「多くの企業システムはPaaSまたはIaaSに移行しましたが、それでもインフラストラクチャーを管理する必要があります。また、クラウドは、季節変動が大きかったり、特別な接続が必要なシステムでは費用対効果が高くなりますが、通常であれば、大規模な企業アプリケーションをオンプレミスで運用する方がはるかに低コストになります。これらの理由から、パラダイムはハイブリッドクラウドへとシフトしています。このアプローチは、IT投資からより大きな利益を得るのに役立つはずです。」

同氏はさらにこう述べています。「重要なのは、それぞれのニーズに適したソリューションを使用することです。なぜなら、変化のために変革することは、特に現時点ではリスクがあり、コストがかかるからです。当社のIBM Power SystemsとIBM FlashSystemの環境は、ワークロードを実行するのに最も合理的な場所にワークロードを配置できるようにすることで、柔軟性、そして競争上の優位性を高めています。

Groupe Chantelleロゴ
Groupe Chantelleについて

Groupe Chantelle(ibm.com外部へのリンク)は、フランスに本社を置く家族経営のランジェリー会社です。6つの国際ブランドを擁する同社は、1876年の創業以来、衣料品技術に革新を起こし、デザインから製造、流通、小売に至るまで、バリューチェーン全体を管理しています。Groupe Chantelleは、8つの工場で年間1,500万点の商品を製造しています。

Novahéについて

先進的なハイブリッド・インフラストラクチャーの設計と提供を専門とするNovahé (ibm.com外部へのリンク)は、組織の変革を可能にするアジャイルな情報システムの構築においてクライアントをサポートしています。

詳細情報はこちら

IBM Power SystemsサーバーまたはIBM FlashSystemストレージの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のWebサイトをご覧ください。ibm.com/powerおよびibm.com/flashsystem

英語のPDFファイルを読む フランス語のPDFファイルを読む
詳細はこちら お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年6月、米国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、FlashSystem、Power、POWER9、およびPower Systemsは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

© 2022 SAP SE.All rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツ連邦共和国およびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。