Business Challenge story

OTP Bankはリテール・バンキングとコーポレート・バンキングの両方で、住宅ローンや融資、投資、資金運用など、さまざまな金融サービスを提供しています。OTP Bankは同行が提供する住宅ローンや融資、貸付申請プロセスにおけるスピードと効率を高めるとともに、競合他社よりも速く、実証に基づいた正確な意思決定を行いたいと望んでいました。

Transformation

どの銀行も債務不履行を出さずにできる限り多くの融資を承認したいのは同じです。OTP Bankは高度な統計モデリングと予測分析ソリューションを使い、住宅ローンや融資申請の査定、ならびに承認における健全な意思決定を促進させ、十分な資本準備金を確保しています。膨大なデータ・ソースによる収入や収益、キャッシュ・フロー、それに債権など数百に及ぶ重要業績指標 (KPI) を分析することで、同行は リテールとコーポレートのどちらに対しても各申請者の総合的な状況を捉えています。

申請者の融資が不履行となるのか、それとも将来的には優良顧客となるのかを予測できたら、どうなるでしょうか。

同行では、パターンを解明し、申請者ごとに起こりえるリスクを予測しています。その結果、同行は低リスクの申請を迅速に特定し、それらを承認できるようになるとともに、債務者の与信枠を正しく評価し、より正確な収益予測が策定できるようになりました。

Benefits

  • 融資の債務不履行が低減されたことが、資本準備金の増加に大きく貢献しました。
  • 予測モデルの精度が増したことで融資の債務不履行が低減されるとともに、低リスクの申請者や高リスクのアカウントを正確に見抜けるようになりました。
  • 融資返済の変更や、金融業界の変動による影響を予測することで、収益予測の精度が向上しました。

 

お客様の声

“我々はこのソリューションに非常に満足しており、今後も引き続きこのソフトウェアを使用し続ける意向です。端的に言うと、IBM SPSS ソフトウェアなしでは当社の日常業務を満足に遂行することは不可能であろうということです。”

OTP Bank 与信承認ならびにリスク管理部門 分析およびモデリング長 Tamás Tóth氏

 

テクノロジープラットフォーム

ソフトウェア

Solution Category

  • IBM Hybrid Cloud