全社を挙げて働き方改革に取り組み、さまざまなワークスタイルに合った効率的な仕事の仕方を模索しているところです。今回導入されたネットワークで、そのインフラが整いました

—株式会社フジテレビジョン 技術局IT推進センター 業務IT推進部長 黒沢 伸氏,

Business Challenge

2017年にネットワークの更新時期を迎えたフジテレビは、このタイミングをネットワークを大幅に刷新する絶好のチャンスと捉えていました。社員からのネットワークに関するさまざまな要望に応えて対応し続けてきたことで煩雑になってしまったネットワークの運用や管理を機器をリプレースすることによって改善することにとどまらず、セキュリティーの向上や今後のクラウド活用、さらに柔軟な働き方の基盤ともなる、利便性・運用性の高いネットワークの構築を計画しました。

Transformation

セキュリティーと柔軟性を両立させるネットワークを構築するという要件を実現するために、フジテレビはCisco TrustSecテクノロジーの採用を決定しました。このソリューションでは、ソフトウェア定義型セグメンテーションにより、IPアドレスではなく各端末のIDやログインしたユーザーのIDに基づいて通信制御を行います。前回のネットワーク更新の際の対応が高く評価され、IBMが設計と検証、導入・移行作業を担当しました。IBMは国内初導入のCisco TrustSecテクノロジーについては基本設計の段階から綿密な検証を開始し、シスコシステムズと連携して実稼働に備えました。また、ネットワーク移行は周到に準備を整え、半年にわたって20回以上に分けて行い、一度の手戻りもなく、スケジュール通りに完了しました。

Benefits

ユーザーベースで通信制御できる、社内のどこにいても適切な権限でつながるセキュアかつ柔軟なネットワーク環境が構築され、フジテレビは新たに社員にノートパソコンを配布し、働き方改革の第一歩を踏み出しました。同社はさまざまなワークスタイルに合った効率的な仕事の仕方を模索しているところで、新ネットワークによってそのインフラが整いました。今後はBYOD導入も検討していきます。また、ネットワークの一元管理が実現したことにより、権限の追加や変更が容易になり、運用ワークロードも軽減されました。最新の機器が導入されたため、性能が向上すると同時にスペース、電力は30%以上の削減を実現しました。

 

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

Solution Category

  • IBM Global Technology Services