さまざまなチャネルで発生するデータを蓄積して利用するだけでなく、「お客様との間に新たなコミュニケーション(絆)を生み出す」という観点から、より付加価値の大きなデータ活用を推進していきます

株式会社ファンケル, 執行役員, グループITセンター長, 植松 宣行氏

Business Challenge

ファンケルは、FIT(FANCL Information Technology)」プロジェクトで経営戦略をITで支える基盤の整備を進めています。第1段階のFIT1(2014年~2016年)では、約15年間にわたり運用を続けてきた基幹システムを刷新、ITシステムの外部依存から脱却し、内製化を可能にする体制を整えました。FIT2(2017年)では、通販サイト「ファンケルオンライン」の運営を支えるWebシステムおよび店舗システムの再構築を実施しました。お客様満足度を高めるため、Webシステム基盤には急激なアクセス増加にもリソースを柔軟に拡縮できるパブリック・クラウドを活用することが得策ですが、お客様の個人情報を大量に扱うシステムのセキュリティーをパブリック・クラウドで守り切れるのかどうか、大きな懸念がありました。

Transformation

同社は、IBMからパブリック・クラウドでありながら物理サーバーを専有できるIBM Cloudベアメタル・サーバーの提案を受け、自社ITのセキュリティー基準や運用ルールを適用可能で、プライベート・クラウドと同等の厳重なセキュリティーを担保できることから採用に踏み切りました。加えて、オンプレミスのVMware vSphere® による仮想化環境とまったく同じvSphere環境をIBM Cloudベアメタル・サーバー上に構築し、システムをそのまま移行できることも採用の決め手となりました。また、「ITシステムの外部依存から脱却する」という方針に基づいた運用サービスのコンペを実施した結果、20年近くにわたって、信頼関係を培い、同社のITシステム内製化へのこだわりを十分に理解しているIBMのグローバル・テクノロジー・サービス(GTS)による運用サービスも導入しました。

Benefits

リニューアルされたファンケルオンラインは、2018年7月7日よりサービスを開始しました。お客様からのアクセスが急増した場合は、IBM Cloudベアメタル・サーバーが迅速にリソースをスケールアップして対応し、情報システム部の担当者はアプリケーションの問題解決に専念できるようになりました。同社では、FITプロジェクト5カ年の取り組みによって、ITシステムの運用コストを30%以上削減し、アプリケーション開発のスピードを2倍に向上しています。この成果を踏まえつつ、同社は第3段階のFIT3への取り組みを始動させており、さまざまなチャネルで発生するデータを単に蓄積して利用するだけでなく、「お客様との間に新たなコミュニケーション(絆)を生み出す」という観点から、より付加価値の大きなデータ活用を推進していきます。

 

[製品・サービス・技術 情報]

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

Solution Category

  • IBM Cloud