Business Challenge story

スイス保険グループのHelvetia ItaliaとNationale Suisse Italiaは、保険金請求処理のより厳しい期限が定められた最新の規制要請の規則の順守を保証する必要がありました。この2つのグループは、不履行による罰金のリスクを軽減するために、ワークフローを合理化し、ミッション・クリティカルな顧客データの可視性を高めたいと考えていました。これを実現するために、本格的なコンテンツ管理ソリューションを実装する必要がありました。 数年前、Nationale Suisse Italia は Gruppo Helvetia Italiaと共同でGe.Si.Ass. s.c.a.r.lという名前の会社を設立しました。この会社の目的はICTサービスを提供して両方のグループをサポートし、自分たちのビジネス・ニーズを満たす新しいソリューションの開発を支援することです。

Ge.Si.Ass.社は、2つの保険グループの主要な関心事の1つがISVAP (Italian Insurance Market Supervisor)規制(保険金請求の期限と支払手続きが遅れた場合の罰金)を定めた一連の規則を順守して、期限を守らなかった場合の罰金のリスクを最小限に抑えることだということを突き止めました。ISVAP査定は、オフィスでの定期検査として、または、顧客からオペレーターの不適切な対応に関する苦情をISVAPが受け付けた結果として実施されます。自動車損害賠償金請求の違反に対するISVAP制裁(Helvetia Italiaの主な関心領域の1つ)が増え続けています。

これまで、提携企業は、自動車事故による保険金請求に関する情報とデータのすべてをMicrosoft Excelのスプレッドシートに保存していたため、データの可視性が不足していました。また、集中型ソリューションの欠如によって、ときどき遅延が発生したり、すべての顧客に効率的なサービスを提供するための会社の能力が制限されたりしていました。

「保険金請求プロセスは複雑で、それを処理するために多くの労働力を要していました。大抵、数人の人が関与し、定められた期間(自動車保険金請求の場合は通常30日)内に多数の書類を集める必要があります」とGe.Si.Ass.のCIOであるMarco Sacco氏は述べています。Sacco氏は続けて次のように語っています。

「保険金の受給者が必要な書類の一部を提供し忘れたり、用紙の記入を間違えたりした場合は、プロセスが中断して、その顧客が必要な書類を揃えるまで数日の遅れが生じることがあります。そのような場合は、会社側が遅延の間接的な責任を取ることになり、最終的に罰金が科される可能性があります。このような罰金は600ユーロから最大60,000ユーロにまでなります」

この2つのグループは、会社の代理人(会社を代表する)と保険金受給者の関係の重要性を認識していました。そのため、保険業界では、期限の順守を促すだけでなく、コミュニケーション・プロセスに透明性を持たせることも重要な差別化要因になります。

「会社と顧客の関係は夫婦の関係に例えることができます。いずれの場合も提供されるサービスの誠実さ、信頼性、および品質と相互尊重が重要な要素であり、これらが我社と毎日のように市場に登場する新しい小規模な競合保険会社を区別する価値基準です」とMarco Sacco氏は述べています。

Transformation

Ge.Si.Ass. s.c.a.r.l社は、ICT業界内の協力会社で、Helvetia ItaliaとNationale Suisse Italiaに属しています。この会社は、IBMエンタープライズ・コンテンツ管理(ECM)テクノロジーとIBM Cognosテクノロジーに基づく企業保険金請求ダッシュボードを実装するためにIBMビジネス・パートナーのCSTに協力を依頼しました。このWebベースのアプリケーションを使用すれば、Ge.Si.Ass.の提携会社は、登録から支払までの保険金請求支払プロセスを追跡できます。

 

有効な選択肢

ワークフロー・プロセスを合理化し、ミッション・クリティカルな顧客データの可視性を向上させる必要のあるGe.Si.Ass.は、ビジネス・コンテンツとプロセスの本格的な管理および監視ソリューションを提供するためにIBMビジネス・パートナーのCST Consultingに協力を依頼しました。

「我々はIBMソフトウェアを使用するのに、プロジェクトをコスト効率的な方法で提供可能な実装パートナーを選択することにしました」とSacco氏は語っています。「我々がCST Consultingに協力を依頼した理由は、彼らが信頼性、能力、および効率性を高く評価されているだけでなく、文書とプロセスの管理に関してイタリアで最も経験豊富なIBMビジネス・パートナーの1つだったからです」

CST Consultingは、FileNetベースのプロジェクトの実装フェーズと開発フェーズの両方を管理し、それを大きな問題もなく3カ月足らずで完了しました。

 

企業保険金請求ダッシュボードによるデータ管理の向上

EMC Documentumなどの他のオプションを検討していたにも関わらず、Ge.Si.Ass.はIBM FileNet Content Managerが自社のビジネス・プロセスと戦略に最適であると判断しました。

「我々がIBM FileNet Content Managerを選択した理由は、主に、古いバージョンから移行する必要があったことと、処理をできるだけスムーズに、ユーザーがまったく気づくことのない形で実行したかったからです」とSacco氏は述べています。「加えて、FileNetはその柔軟性とスケーラビリティーから将来のプロジェクトの注目に値する開発機会を提供することも選択の理由として挙げられます」

IBMビジネス・パートナーのCST ConsultingがIBM FileNet Content Managerテクノロジーをベースに開発した企業保険金請求ダッシュボードは、両方のグループで登録から支払までの保険金請求支払プロセスを監視および追跡できるようにしたWebベースのアプリケーション・ソリューションです。この他に、IBM Cognos Now!、FileNet Business Process Manager、FileNet Content Managerソフトウェア・ソリューションも実装されました。

IBM FileNet Content Managerソフトウェアはすべての保険金請求書類とすべての添付書類をアーカイブするために使用されるのに対して、IBM FileNet Business Process Managerは保険金請求プロセスを定義して、既存の保険金請求アプリケーションと統合し、ユーザーに活動と期限を割り当てます。IBM Cognos Now!は、部門長が処理が完了していない各保険金請求を360度の視点で把握できるようにするだけでなく、重要業績評価指標に関するヘッドアップ表示も提供するようにカスタマイズされたダッシュボードを生成します。

「ソリューションの最も重要な構成要素は間違いなくFileNet Business Process Managerです」とCST ConsultingのAnna Biassoni氏とLuciano Balzarini氏は述べています。Balzarini氏は次のようにも述べています。「このアプリケーションには、以前のExcelベースのスプレッドシートにはない単一の「ビジネス・エンティティー」の概念が導入されています。」Biassoni氏は次のように締めくくっています。

「BPMのもう一つの魅力的な機能は、グループで保険金請求プロセス全体をより迅速かつ詳細に監視できるようになったことです。2つのグループの全部門で、ワークフロー全体を認識し、それに応じて対応できるようになりました」

Benefits

罰金のリスクが1%未満まで削減されました。推定約30万ユーロの節約につながりました。より低い保守コストで柔軟性とスケーラビリティーが向上しました。

 

著しい長期的な節約

IBMソリューションのおかげでHelvetia Italiaはいくつかの目覚ましい成果を成し遂げました。Helvetia Italiaの最高保険金請求責任者であるGiuliano Cassamagnago氏は次のように述べています。

「現在、ISVAPの期限を守らなかったことによる罰金のリスクは1%未満にまで減少しています。その結果、Helvetia Italia単独の推定節約額は約30万ユーロにまで増加しました」

Helvetia ItaliaとNationale Suisse Italiaは、期限が守られなかった場合でも、手続きの遅れにはるかに迅速に対応できるようになりました。Giuliano Cassamagnago氏は次のようにも述べています。「企業保険金請求ダッシュボードは、特に、期限切れ間近の保険金請求で深刻な罰金リスクにつながる可能性のある保険金請求に対して取るべき対策の時期と内容を正確に教えてくれる完璧なツールです」

さらに、このソリューションは新しいバージョンがリリースされたときの維持と更新が容易になっているため、その信頼性はレガシー・システムに比べて格段に高くなっています。Sacco氏は次のように締めくくっています。

「我々はソリューションの機能性の高さとそれによる時間とコストの大幅削減に大きな感銘を受けています。将来のプロジェクトの1つは、IBM FileNet文書管理システムの対象を現在別の場所に保管されている供給業者のインボイスや手書き資料を含む、Helvetia ItaliaとNationale Suisse Italiaで管理している文書全体にまで広げることです」

 

お客様の声

「我々はソリューションの機能性の高さとそれによる時間とコストの大幅削減に大きな感銘を受けています。」 Ge.Si.Ass. CIO Marco Sacco氏

 

お客様情報

1948年に設立されたGruppo Helvetia Italiaは、ミラノに本社があり、スイスのサンガロに本社があるGruppo Helvetia Groupに属しています。長年にわたって、Helvetia Italiaは市場における評判と地位を揺るぎないものとしながら、現在は、Helvetia Compagnia Svizzera d’Assicurazioni SA、Helvetia Vita S.p.A.、Padana Assicurazioni S.p.A.、Chiara Vita S.p.A.、GE.SI.ass s.c. a r.l. e APSA s.r.l.などの他の保険会社で構成されています。この企業は、現時点で、400を超える販売チャネル (代理店、ブローカー、銀行など) と400人を超える従業員を擁しています。

 

テクノロジープラットフォーム

ソフトウェア

Solution Category

  • Other