DHL International GmbH
ウェアハウス管理に対する統合化されたお客様中心のアプローチ
DHL出荷工場内ウェアハウス内

DHL は、ウェアハウスお客様管理の各データ・セットを DHL のシステムと個別に統合していましたが、これは時間がかかり非効率的なプロセスでした。会社は、プロセスを自動化し、お客様の多様なデータ・セットをシングルな DHL 統合プラットフォームにマッピングするために、IBM® Sterling™ Transformation Extender ソリューションを選択しました。

ビジネス上の課題

DHL International GmbH のディビジョンである DHL サプライチェーンは、ウェアハウス管理のお客様の ERP システムおよびデータ・セットを DHL の内部システムと統合する統一された方法を必要としていました。

変換

会社は、お客様のデータをDHLの統合プラットフォームとお客様の業種規則および標準と両立するフォーマットに変換するために、 Sterling Transformation Extender ソリューションを選択しました。

結果 17,000以上のカスタム連携マップをサポート
お客様のシステムと DHL 統合プラットフォームを接続
年間22億件のメッセージの変換の支援
統合・センター・オブ・エクセレンス経由 (2018年現在)
お客様の迅速かつ柔軟なオンボーディングを使用可能にします
DHLウェアハウス管理システムへ
ビジネス上の課題の詳細
お客様を1人ずつ統合

DHLサプライチェーンはお客様を第一に考えています。 DHL International GmbH のディビジョンである DHL Supply Chain は、さまざまな業種、国、規模の 2,000 を超えるお客様にウェアハウジングおよび配布サービスを提供しています。

これらのお客様と DHL の間の2Way通信は、お客様のニーズに基づいて専用ウェアハウジングと共有ウェアハウジングの両方のオプションを提供する同社のウェアハウス管理ビジネスの中核です。お客様のERPシステムは、DHLのシステムとの対話が可能でなければなりません。例えば、商品の入荷や棚から取り出して出荷する必要がある場合にウェアハウスに通知したり、新製品ラインの在庫状況や配送状況などの重要な情報や更新情報を交換したりすることができます。

データ・フローを促進することは、画一的なタスクではありません。各お客様のデータは、お客様の内部 IIT インフラストラクチャー、業種、場所などの要因に応じて、さまざまな形式で提供され、さまざまな標準に従っています。

「DHLにとって、お客様のニーズに応えることは本当に重要なことです。 当社には、ほぼすべての業界に多種多様なお客様がいます」と、DHL の製品管理および開発担当ディレクターのオリー・クルックシャンク氏は述べています。「そのため、お客様のデータがどのような形式であっても受け入れることができ、使用するマッピング・ツールがバックエンド・システムへの変換に対応できることを確認する必要があります。」

長年にわたり、DHL は新しいお客様を受け入れるたびに、カスタマイズされた統合プラットフォームを構築してきました。それは時間がかかり、面倒で費用のかかるプロセスでした。 統合の背後にある戦略はほとんどなく、再使用もほとんどありませんでした。

同部門は、さまざまな統合プラットフォームを 1 つのシステムに統合することを決定しました。そのためには、お客様のデータ・セットを DHL ウェアハウス管理システムにマッピングする一貫した方法が必要でした。

IBM BigFixは、お客様の満足度を維持してくれます。データ・フォーマットを変更する必要がなく、ニーズに合わせて素早く簡単にシステムと統合できます。 Olly Cruickshank Director of Product Management and Development DHL International GmbH
概要と経緯の詳細
統合へのよりまとまりのあるアプローチ

さまざまな統合ツールを評価した後、DHL は、あらゆるフォーマット間の複雑な変換を自動化できる機能を備えた Sterling Transformation Extender ソリューションを選択しました。このソリューションは、お客様のプラットフォームからカスタムの内部統合管理プラットフォームにデータをマッピングするために使用されます。このプラットフォームは顧客のシステムを DHL システムに接続し、DHL サプライチェーンの統合センター・オブ・エクセレンスであり、現在社内では DHL Link として知られています。

当初、社内には反発がありました。 「事業を開始する際の最大の課題は、ビジネス界からの抵抗でした。人々は自分たちの統合プラットフォームを保護したかったのです」とクルックシャンク氏は言います。「しかし、このソリューションにより、より迅速かつ安価な統合がどのように可能になるかを理解すると、切り替えるのは簡単になりました。」

DHL は、マッパーと呼ばれる個人を雇用して、各お客様固有のシステムとデータを DHL Link と統合する Sterling Transformation Extender ソリューションを使用してマップを開発します。マップは、アプリケーション、データ・ストア、ミドルウェア、およびその他のマップ間のインターフェイスを定義します。

統合チームにリクエストが届くと、ビルド・チーム・マネージャーは、関連する変換を調査し、マッピング証明を作成し、統合プロセスを文書化するアナリストを割り当てます。マッパーはマップを作成してテスト用に準備するために割り当てられ、その後統合が稼働します。通常、プロセスは非常にスムーズで、問題はありません。

「当社には約 50 人のマッパーからなる大規模なチームがあり、喜んでマップを使用および開発しています」と Cruickshank 氏は言います。「大量のデータを処理するためのマップがたくさんあり、パフォーマンスが優れていることがわかりました。私たちが特に気に入っている機能の 1 つは、さまざまなツールからマップを呼び出すことができることです。」

成果の詳細
将来の展望

DHL Link プラットフォームは継続的に進化しており、DHL は新規コンポーネントを追加しています。しかし、Cruickshank 氏によると、唯一一貫しているのは、Sterling Transformation Extender ソリューションのマップの使用です。

また、17,000 を超える開発済みマップがあるため、同社は今後もこのソリューションを使用し続けることに取り組んでいます。「他のツールも検討しましたが、あらゆるフォーマット済みのデータを処理する機能や、あらゆる変換を迅速かつ簡単に実行する機能の点で、私たちのニーズを満たせるものはありませんでした」と Cruickshank 氏は言います。「これらが、私たちが Sterling Transformation Extender を長年使い続けてきた 2 つの主な理由です。」

IBM は、特により複雑な変換のパフォーマンスを向上させるために、革新と新ファンクションの追加を続けています。XML や JSON などの新しい業界データ形式を常に把握し、それらを継続的にツールに組み込みます。マップを作成するプロセスも、Microsoft Windows デスクトップ・アプリケーションの使用から、シンプルで使いやすいブラウザ・ベースのアプリケーションに進化しました。

「このソリューションの主要なメリットはその柔軟性です」と Cruickshank 氏は言います。「お客様をオンボーディングするときに、インターフェイスの開発に 2 日かかると伝えてから、予想よりも複雑なため実際には 20 日かかることが判明するようなことはしたくありません。Sterling Transformation Extender はさまざまなデータ形式の複雑さを処理できるため、お客様に見積もった内容がそのまま納品されると確信できます。」

今後、DHLは追加のアップデートを計画しています。 たとえば、効率、パフォーマンス、コスト削減を強化するために、DHL プライベートクラウドのコンテナ上で Sterling Transformation Extender ソリューションを実行することを検討しています。

DHL ロゴ
DHL International GmbH について

DHL はアメリカで設立されたドイツの会社で、現在はドイツの物流会社 Deutsche Post DHL の国際宅配便、小包、速達郵便部門です。DHL サプライチェーンは、世界中の 2,000 を超える業界を超えたお客様にウェアハウジングおよび配送サービスを提供する同社の一部門です。この部門は 2001 年から IBM Sterling Transaction Extender ソリューションを使用しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ
法務

 

© Copyright IBM Corporation 2020. IBM Corporation、IBM Watson、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2022年3月、米国で作成。

IBM、IBM LOGO、ibm.com、およびIBM Sterlingは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、Web 上の「著作権および商標情報」 https://www.ibm.com/jp-ja/legal/termsでご覧いただけます。

Microsoft、Windows、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその両方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。