Carhartt社
IBM i、IBM Power Systems、IBM Storageで110万米ドルを節約しながら国際的な成長を推進
詳細はこちら
足場の上にいる作業員

Carharttのような世界的ブランドは、たった3人のIT運用チームでどのようにオンライン販売を管理しているのでしょうか。IBM® Power Systems™サーバー上のIBM iおよびIBM Storageをベースとしたデジタル・アーキテクチャーを構築することで、Carharttは運用コストを低く抑えながら、国際的な需要の高まりに対応できる拡張可能な回復力のある堅牢なアーキテクチャーを実現しています。

ビジネス上の課題

産業用ワークウェアの小売業者であるCarharttは、国際的な顧客基盤を拡大したいと考えていました。では、運営コストを可能な限り低く抑えながら、販売能力を拡大するにはどうすればよいでしょうか。

概要と経緯

Carharttは、IBM POWER8プロセッサーとIBM Storageを搭載したIBM Power Systemsにアップグレードし、IBMビジネス・パートナーであるMainlineと協力して、効率的な移行と導入を実現しました。

結果 110万米ドル
パフォーマンスの向上と維持費の削減によってコストを削減
70%
物理データセンターのフットプリントの削減
75%
レポート作成時間の短縮により、ビジネス・プロセスを合理化
ビジネス上の課題の詳細
ワークウェア帝国の経営

アメリカを代表するワークウェア・ブランドの1つであるCarharttは、ケンタッキー州とテネシー州で製造施設を運営し、直営店と小売チェーンでの販売に加え、オンライン販売を行っています。Carharttの近年の目標は、特にカタログ主体のWebサイトを通じて、国際的な存在感を高めることです。

製造量と販売量が増加するにつれて、既存のITインフラストラクチャーが徐々に拡張され、発展してきました。システムには新しいアプリケーションが追加され、ストレージやネットワークも追加されました。それとともに、複雑さとコストが徐々に増大してきました。

CarharttのIBM iスーパーバイザーであるMichael Karasienski氏は次のようにコメントしています。「私たちは、成長が経営に負担をかけていることを認識していました。新しい市場シェアを維持するには、拡張性が鍵となります。競争の激しいビジネス環境では、デジタル環境を簡単かつ低コストで管理することが不可欠です。

「私たちはビジネス・パートナーであるMainlineと協力して、可能な解決策を検討しました。当社の既存のアーキテクチャーはIBM iプラットフォーム上に構築されており、非常に信頼性が高く、堅牢でコスト効率の高いサービスを提供していました。私たちは、世界的な目標を達成するために事業を拡大し、これまでと同じ低コストのパフォーマンスを引き続き維持できるソリューションを見つけたいと考えていました。」

Carharttは、IBM Power Systemsインフラストラクチャーによる運用コストの削減により、約110万米ドルの節約効果があると見積もっています。 Michael Karasienski IBM iスーパーバイザー Carhartt社
概要と経緯の詳細
仮想化の現実

Carharttは、既存の8台のIBM POWER5およびPOWER7プロセッサー・ベースのサーバーから、わずか2台のIBM POWER8サーバーにアップグレードすることを選択し、データセンターのフットプリントを70%以上削減しました。物理サーバーの統合という機会は、Carharttにとって強力なセールス・ポイントであり、ITチームの作業負荷を大幅に軽減することができました。新しいIBM Power Systemsサーバーには、Capacity Upgrade on Demand機能が搭載されており、Carharttは新しい物理マシンを導入することなく、ワークロードの増大に応じてコンピューティング能力を向上させることができます。

「移行は非常にスムーズに進みました」とMichael Karasienski氏は説明します。「MainlineのPOWERチームのおかげで、既存のすべてのデータを以前のPOWER環境から新しい環境に非常に迅速に移行することができました。その際のアプリケーションあたりの計画的なダウンタイムはわずか30分程度でした。切り替えを行って以来、パフォーマンスの信頼性は非常に高くなっています。新しいIBM Power Systemsサーバーを導入して約7カ月になりますが、一度も再起動する必要がありません。

「当社では、ボリュームの増加に応じて機能を拡張するために、Capacity Upgrade on Demandを使用しています。例えば、オンライン販売ショップは IBM Power Systemsプラットフォーム上で運営されており、最近、仮想化サーバーを使ってヨーロッパ市場にもオンライン・ショップを拡大しました。現在、30台の仮想サーバーがヨーロッパのオンライン小売ビジネスをサポートしていますが、必要に応じてさらに増やすことができます。」

Carharttは、IBMとともにMainlineと協力し、IBM Storwize V7000(IBM FlashSystem 7200の前身)IBM FlashSystem V9000ストレージ・ソリューションも導入しました。データ・ストレージ環境をIBMシステムに統合することで、Carharttは複雑さを軽減し、IT管理の作業負荷を軽減するとともに、技術的なストレージ・パフォーマンスを向上させることができました。

「従来のハードディスク・ドライブ・ストレージからIBMソリューションに移行して以来、ジョブの実行速度が格段に速くなりました」とMichael Karasienski氏は言います。「最初、ユーザーはレポートが正しく実行されていないのではないかと思いました。なぜなら、こんなに早く結果が得られるとは思わなかったからです。全体として、レポート作成時間が約75%短縮されました。さらに、IBM Storageを使用することで、約70%のデータ圧縮を達成し、ストレージ容量を解放できたため、追加容量の購入を延期することができました。」

IBM iインフラストラクチャーは、キャパシティーの向上、コストの削減、およびオペレーションの拡張機能の点で、ビジネスに計り知れない価値をもたらします。 Michael Karasienski IBM iスーパーバイザー Carhartt社
成果の詳細
未来を確かなものにする

IBM Power Systems環境にIBM iを統合して以来、Carharttは総所有コストを大幅に削減しました。IBM Power SystemsプラットフォームはCarharttに持続可能なデジタル環境を提供します。この環境は、急速な拡張や季節的なピーク時のワークロードに対応するために拡張することができます。また、総消費電力を抑え、物理的なフットプリントを削減することも可能です。

例えば、サイバーマンデーの需要に対処するために、CarharrtはIT部門に「作戦会議室」を設置しました。ワークロードが予想以上に増加し始めた場合、チームはPOWER上で新しい仮想アプリケーション・サーバーを起動してトラフィック量に対応し、可能な限り最高の顧客体験を実現できるようにしています。

Michael Karasienski氏は次のようにコメントしています。「Carharttは、IBM Power Systemsインフラストラクチャーによる運用コストの削減により、約110万米ドルの節約効果があると見積もっています。

「IBM iインフラストラクチャーは、キャパシティーの向上、コストの削減、およびオペレーションの拡張機能の点で、ビジネスに計り知れない価値をもたらします。たった3人のチームで、これだけの規模のビジネスを運営することができるのは、IBMのテクノロジーが当社にどれほどの価値をもたらしたのかを如実に示しています。」

Carharttチームは、当初の移行が成功したことを受け、現在は新しいIBM Power System E980エンタープライズ・サーバーにアップグレードしています。

「現在、開発、HA、および一部の実稼働プロセスを実行しているIBM POWER8サーバーを、近い将来、IBM POWER9™にアップグレードする予定です」とMichael Karasienski氏は述べています。「また、ストレージ・インフラストラクチャーを既存のFlashSystem V9000からIBM FlashSystem 9100にアップグレードすることも計画しています。これにより、将来的には、ITワークロードを軽減し、パフォーマンスをさらに向上させることができると期待しています。」

「現在、MainlineおよびIBM Storageチームと協力して、年末までにこれらのアップグレードを実施します。IBMのソリューションからさらに多くのビジネス価値を得ることを楽しみにしています。IBMのソリューションは当社の業務の中核を担っており、今後何年にもわたって、IBMのテクノロジーを活用していきたいと思っています。」

Carhartt社

1889年に創業したCarhartt(ibm.com外部へのリンク)は、仕事中か仕事外かを問わず働く人たちのための丈夫な製品を開発してきた豊かな伝統を持つ、世界的なプレミアム・ワークウェア・ブランドです。ミシガン州ディアボーンに本社を置き、世界中に5,100人以上の従業員を擁するCarharttは、創業者Hamilton Carharttの子孫が経営する家族経営企業です。

次のステップ

IBM i について詳しくは、IBM 担当者または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Web サイトibm.com/it-infrastructor/power/os/ibm-iにアクセスしてください。

IBM Power Systemsの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト(ibm.com/power)にアクセスしてください。

IBM Storageの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト(ibm.com/storage)にアクセスしてください。

お客様の事例をもっと見る、またはIBM Systemsハードウェアについてもっと知る

脚注

© Copyright IBM Corporation 2018. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.米国で制作、2018年10月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM FlashSystem、IBM Power、およびStorwizeは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の登録商標の現在のリストは、Web ページ「著作権および登録商標情報」www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtml でご確認いただけます。

本資料の内容(適用される税金を除いた通貨または価格の参照を含む)は最初の発行日時点における最新情報であり、IBMにより予告なしに変更される場合があります。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。