故障を予測し予防保全を行うことで、稼働中の設備停止を回避できるケースが増えました。これにより突発的なコスト発生を低減できるほか、設備の稼働率、生産性や利益率も向上しました

—株式会社IHI物流産業システム サービス本部 メンテナンス技術部 コンピュータ技術グループ課長 森川 信哉 氏,

Business Challenge story

物流システムは複数の企業間で連携したミッションクリティカルなシステムであるため、計画外停止の予防が重要です。また競合他社や保守専業事業者との競争が激化しており、保守コストの低減や稼働回数/時間に応じた部品交換、情報提供など、顧客ニーズに応じた付加価値の高いサービス提供が課題となっています。そこでILMは、従来の“故障後のメンテナス”から“故障させないメンテナンス”への転換を図ることにしました。

Transformation

IHIグループでは、自社開発した遠隔監視用プラットフォーム「ILIPS(アイリップス)」を通じて、設備の稼働実績や異常動作の履歴などのデータ収集を可能にしています。しかし、“故障させないメンテナンス”の実現には設備機器からのIoTデータだけでなく、点検履歴や部品交換情報などの顧客情報も合わせた分析が必要でした。そこでILMは、新たな保守サービス基盤であるIULINKを構築し、IBM Maximo Asset ManagementとIBM SPSS Modelerを採用。全国16カ所のサービスセンターごとに管理されていた顧客情報を一元管理・可視化し、IoTデータと顧客情報等を合わせて稼働状況を分析し故障予測を行うとともに、顧客向けの情報を提供するポータルサイトを整備しました。

Benefits

IULINKの実現により、故障の予兆を検知して事前に対応できるようになったことで、顧客にとっては故障対応の質が向上するとともに、設備の稼働率、生産性や利益率も向上しました。設備の稼働時間や異常回数などの履歴を精査することで、運用環境の見直しや業務改善にも役立っています。サービスセンターでも、保守対応の迅速化、作業品質の向上にもつながっているほか、過去の保守対応履歴や点検結果を検索できるため、サービスマンの間での作業の平準化や引継ぎ作業の効率化にも貢献。さらに、予防保全によって突発的な保守対応の要請が減り、設備の保全・改修を計画的に行えるようにもなりました。

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ソフトウェア

IBM SPSS Modeler, Maximo Asset Management

Solution Category

  • IBM Hybrid Cloud