過去5年間にわたる実務での実績とノウハウ、グローバルなサポート体制、テクノロジーの将来性などを考慮するとIBMがベストパートナーだと判断しました

—サントリービジネスエキスパート株式会社 執行役員 ビジネスシステム本部 経理センター長 菊池 鉄穂 氏,

Business Challenge story

サントリービジネスエキスパートは年間50万件にもなる伝票の入力・承認・精査業務をIBM BPO大連デリバリー・センターにアウトソーシングし、業務現場の作業負荷軽減に一定の成果を上げてきました。これを受け、同社の経理部門は伝票処理のような定型作業をさらに効率化し、業務現場に対する経理・財務面からのコンサルティングをはじめとする経理本来の役割に力を振り向け、グループ各社のビジネスや経営改善に貢献していくことが課題となっています。

Transformation

同社は従来、グループ会社や取引先から受け取る請求書およびバウチャー(現場から伝票要件を受け取る申請書)等を画像データ(PDF)化し、IBM BPO大連デリバリー・センターでオペレーターがそれらを目視してシステムに入力していました。そうした人手を介する作業にOCR(光学文字認識)ソフトウェアとOpenSpan社のソフトウェアなどを連携させたロボティクスを適用し、自動化。さらに細かな業務ルールを拾い上げ、システムに反映させていくことで誤認識を減らし、精度を高めていきました。

Benefits

大連で入力している一般会計の伝票のうち、第一弾として“一件一葉”の単純な処理に自動化ツールを適用した結果、該当業務のオペレーターの作業工数を約20%削減できました。同社は今後、OCRの読み取り精度を向上しつつ、より複雑な伝票についてもロボティクス対応を進めていくことで、作業工数をさらに削減していけると見込んでいます。

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

サービス

GBS Global Process Services: BPO

Solution Category

  • Watson Customer Engagement