ホーム ケーススタディ Bureau voor Normalisatie 「ボットは私の親友です」
ベルギーのNBNは、IBM Robotic Process Automationソフトウェアを使用して、より短時間でより多くのことを実現しています
ベルギー、ブリュッセルの分子モデルの彫刻

バタフライ効果初期条件への小さな変更が、より大きなシステムに重大な影響を与える可能性があることを示唆する一般的な概念です。

ベルギーの規格策定・発行機関であるBureau voor Normalisatie(NBN)の場合、その小さな変化は、 IBM® Robotic Process Automation ソフトウェアをベースにしたボットの形で現れました。

規格の重要性はいくら強調してもしすぎることはありません。製品とサービスの品質を向上させます。効率を高め、貿易を促進します。そして、競争条件を平等にすることで国家経済と世界貿易を支えます。VUB(ブリュッセル自由大学)が発表した2020年の調査 によると、ベルギーだけでも、追加規格が1つ策定・発行されるだけで、ベルギーの国内総生産(GDP)は平均で年間204万ユーロ増加することがわかっています。

NBN は、欧州標準化委員会(CEN)のベルギーの国内会員機関として、欧州(EN)規格の策定と発行に貢献しています。平均して、CENは年間約1,100のEN規格を発行しており、NBNは法的義務に従って、そのすべてをベルギー国家規格(NBN EN)としても発行しています。

NBNは国際標準化機構(ISO)の国内加盟団体でもあり、ISO規格の開発と発行に同様に貢献しています。NBNは、すべてのISO規格をベルギー規格(NBN ISO)として実装する必要はないものの、毎年いくつかの規格を発行してきました。しかし、ベルギーの産業界では近年、NBNへのISO規格に対する需要が高まっています。2020年、NBNはより多くのISO規格を発行することに目を向けました。

 

より大きな成果

 

NBNは、RPAソフトウェアを使用して、以前は800件であったISO規格を年間2,150件 登録しています。

時間の節約

 

自動化ソフトウェアを使用して節約された時間は2021年には650時間でした

NBNの従業員として、より価値の高い、より定性的な業務に集中できることをとてもうれしく思っています。つまり、ボットは私の親友です Catherine Michel Production Expert Bureau voor Normalisatie

しかし、作業は手作業で行わねばなりませんでした。既存の社内自動化ツールはISO規格をサポートするように設計されていなかったため、NBNは手作業で情報を収集し、投票情報を入力する必要がありました。このプロセスには8週間以上かかったため、NBNが毎年発行できるISO規格の数は限られていました。

「退屈で反復的な作業でした」発行プロセスを担当するNBNのプロダクション・エキスパートであるCatherine Michel氏は言います。「規格を登録するには、入力せねばならないフィールドがあります。各フィールドは別のサイトまたは画面からコピーする必要があり、担当者が情報を検索せねばなりません。そのため、間違いを犯すリスクは高かったのです。さらに、従業員は他にやらなければならない仕事があるため、一日中これを行うことはできませんでした」

Otisと名付けられたボットで発行を自動化する

2020年10月、NBNはロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウェア・ソリューションを専門とするテクノロジー企業であるParplexと提携しました。NBNのオペレーション・マネージャーであるEllen Bartholomeeusen氏は次のように述べています。「ParplexがIBM ビジネス・パートナーであるという点は重要でした。そしてParplexを選んだのは、彼らが最良のソリューションを提案してくれたからです」

このコラボレーションは、少数の投票用紙の処理に重点を置いた試験運用から始まりました。2021年1月、パイロットの成功後、Parplexは、ISO規格をベルギー企画として実装するプロセス全体の自動化に注目し、Otisと呼ばれるボットを設計したのです。Parplexは反復作業を繰り返し、フェーズごとにボットを微調整して検証しました。エンドツーエンドのテストを経て、NBNは2021年5月にOtisを起動しました。

ParplexのオーナーであるNordine Vandezande氏は次のように詳しく説明しています。「IBM RPAソフトウェアには、ボットを構築し、NBNの投票プロセスを自動化するために必要な機能がすべて備わっています。私たちは、投票用紙の作成と規格からの情報収集の完全なプロセスを設定しました。ボットは毎晩実行されます。これは、規格の番号や説明など、ISO関連のメタデータを含むスプレッドシートに基づいて機能します。ボットはスプレッドシートを読み取り、どの投票を作成し、どの投票を閉じる必要があるかを把握します」

Otisは、Parplexがすべて構成したワークステーション上で実行されます。これは、社内の製品情報管理(PIM)システム、ISO Webサイト、NBNのSoftware-as-a-Service(SaaS)プラットフォームと統合されています。これにより、情報がリアルタイムで適切な場所に確実に送信されます。

Michel氏はこう付け加えます。「毎朝、どの投票が正しく実施されたかをすぐに確認できます。『OK』のマークが付けられていますから。場合によっては、ISOシステムに情報が欠落している、またはその他の理由により、ボットがフィールドに入力できないことがあります。このような場合、ボットは該当のフィールドにハイライトをして、修正または入力に人間の介入が必要であることを強調します」

Bartholomeeusen氏は、このソリューションのエラーやバグを報告する機能も高く評価しています。「何がうまくいかなかったのかを示すことでタスクが容易になり、タスクを非常に早く完了できるようになります」と言います。「規格導入のうち、手作業が必要なのは5%に過ぎないでしょう。ボットの導入は、スピードと品質の観点では大きな付加価値となっています」

IBM RPAソフトウェアには、ボットを構築し、NBNの投票プロセスを自動化するために必要な機能をすべて備えています。 Nordine Vandezande Owner IBM Business Partner, Parplex
より多く発行し、数百時間の作業を節約

NBNのISO規格年間発行数は急増しています。

2019年当時、NBNが発行したISO規格はわずか140でした。2020年には、学生インターンと投票用紙作成に携わる5人の協力を得て、800票を発行しました。しかし、2021年には自動化テクノロジーを使用して、2,150のNBN ISO規格を記録しました。これは、わずか2年間で1,435%増という驚異的な増加です。

「Parplexのおかげで、多数の規格を処理できます」とMichel氏。「ボットが最初に起動されたとき、私たちはテストを実行し、例外を発見しました。そのたびに、Nordineは例外を処理できるようにボットを強化することができたので、ボットはどんどん良くなっていきました」

さらにこう続けます。「私たちは大きな進歩を遂げました。来年までに、これまでカタログに載っていなかったISO規格も対応できる予定です。IBMの自動化テクノロジーにより、当社の規格カタログの完全性が強化されました。今後も Parplexとのコラボレーションを継続していきます」

NBNにとって同様に重要なのは、データ品質の向上と時間の節約です。同センターは年間約4,000 件の国内投票を締め切っています。ENおよびISO規格の策定に関連する投票について、2020年と2021年でそれぞれ年間約150時間の労働時間を節約したと推定しています。NBN ISO規格の場合、2021年に500時間の作業時間が節約されました。

「従業員を反復的で退屈な作業から解放することは、非常に重要なことです」と Bartholomeeusen氏。「それに、お客様は当社のコンテンツにより速くアクセスできるようになりました」Michel氏もこれに同意します。「NBNの従業員として、より価値の高い、質を重視する仕事に集中できることをとてもうれしく思います。だからボットは私の親友です」

Bureau voor Normalisatie(NBN)ロゴ
Bureau voor Normalisatie(NBN)について

2003年に設立され、2007年までに本格的に活動を開始したNBN (リンクはibm.com外)は、ベルギー、欧州、および国際規格の策定、発行、販売を促進する責任を負うベルギー政府の機関です。エネルギー、建設、消費者製品などを含む幅広い分野にサービスを提供しています。NBNは規格の普及と使用を促進するサービスも提供しており、規格ポートフォリオは42,000にも上ります。NBNはブリュッセルに本社を置いています。

Parplexロゴ
Parplexについて

IBM ビジネス・パートナーParplex (リンクはibm.com外)は、ロボティック・プロセス・オートメーション・ソリューション、サービスおよびサポートの受賞歴のあるプロバイダーです。Parplexはプロセス自動化において20年以上の実績があり、よくある落とし穴を回避する方法と、お客様がRPAを正常に導入できるよう支援する方法を知っています。Parplexの所在地はベルギーのヒュースデン・ゾルダーです。

次のステップ
自動化により主要な管理レポートをより速く提供 Deloitteのケース・スタディー 自動化され統合されたディジタルの未来を保証 Aon Italyのケース・スタディー IBM Robotic Process AutomationのTotal Economy Impact™ PDFファイルを表示
法務

© Copyright IBM Corporation 2022. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2022年8月アメリカ合衆国で制作

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Webサイトwww.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。