ホーム ケーススタディ baldor-electric-company Baldor Electric Company
世界クラスのリアルタイム製造能力を構築し、究極の顧客満足度を推進
倉庫でタブレットの内容について議論するエンジニアと作業員

今日、欲しいものを欲しいときに正確に注文できることは、すべての人の購買体験の中心となっています。Baldor Electric Company(以下「Baldor」)は、膨大なトランザクション・データを処理、保存、分析できるバックオフィス・システムを活用することで、産業用電動モーターのお客様に優れたサービスを提供することに注力しています。

ビジネス上の課題

パフォーマンスを理解することは、カスタマー・サービスの鍵です。お客様データの分析能力の絶え間ない向上を求めていたBaldor社は、データをより迅速に掘り下げるための戦略的ソリューションを求めていました。

変換概要と経緯

Baldor社は、IBM z Systems®プラットフォーム上でSAPソリューションと統合されたIBM® Db2® Analytics Acceleratorを導入し、既存のインフラ、プロセス、スキルからさらに大きな価値を引き出せるようにしました。

結果 迅速化:
ロード時間
オンサイト
経験豊富なローカルのDb2担当者によるサポート
削減
新しいテクノロジーに基づいたメンテナンスコスト
ビジネス上の課題の詳細
卓越したカスタマー・サービス

生産ラインのダウンタイムは、製造会社にとって非常に大きな損失となる可能性があります。そのような時こそ、Baldor Electric Companyの出番です。信頼性の高い電気モーターと機械式動力伝達製品を迅速に設計、製造し、納期どおりに納品します。

同じ顧客を追いかける国際競争の中で、Baldor社は高品質の製品と卓越したカスタマー・サービスを提供することに注力しています。同社は、細かく調整され最適化された製造プロセスと、お客様のニーズにリアルタイムで対応できる能力に依存しています。

Baldor社のIS Large Systems担当マネージャー、Roger Gattis氏は次のようにコメントしています。「当社の最大の原動力の1つはカスタマー・サービスです。当社の製造現場での専門化されたワークフローによって、可能な限り迅速かつ最高の品質でモーターを製造できることは非常に重要です。当社には、同じ組立ラインでさまざまなサイズやタイプのモーターを稼働させる能力があり、どこよりも早くカスタム・モーターを生産できます。」

製造、注文、販売の処理をできるだけ効率的に管理するために、Baldor社は、IBM z Systemsプラットフォーム上で稼働するSAPアプリケーションとIBM Db2データベースを利用しています。これらのビジネス・クリティカルなシステムは、会社のすべてのビジネス・トランザクションをかなり細部まで取り込んでいます。

Baldor社は、SAP Business Warehouseを実行してビジネスのあらゆる側面を分析し、役員室から製造現場に至るまで、あらゆる部門で使用される洞察を提供していました。

データ量が増加するにつれ、Baldor社はSAP Business Warehouseアプリケーションのパフォーマンスを向上させる必要があると考えました。Baldor社は、クエリとレポートのパフォーマンスを高速化するように設計された別のハードウェア・アプライアンスにワークロードを移動することを選択しました。

BWソリューション・アーキテクトのAndy George氏は次のように説明します。「アクセラレーター・アプライアンスを導入したのは、純粋にスピードのためです。これにより、30分かかっていたレポートが1分以内に作成できるようになりました。当社のビジネス・ユーザーは、販売データなどのビジネス・パフォーマンスや測定基準に関する定期的な最新情報を受け取り、パートナーは保証レポートやスコアカード・レポートを閲覧して、自社のパフォーマンスを評価するのに役立てることができました。」

5年後、Baldor社は再び、レポーティングと分析能力を強化し、拡張する必要性を感じました。しかし、既存ベンダーの代替ソリューションには、新しいテクノロジーと新しいスキルセットへの投資が必要でした。

既存のインフラへの投資を保護し、ユーザーが期待する優れたパフォーマンスを維持するにはどうすればよいのでしょうか?

IBM Db2 Analytics Acceleratorは、アクセラレーテッド・アナリティクスをビジネスの新しい領域に拡張できる機能により、競合製品とは一線を画しています。 Roger Gattis Manager IS Large Systems Baldor Electric Company
概要と経緯の詳細
投資の最適化

Baldor社は、自社のさまざまなSAPアプリケーションを見て、IBM Db2 Analytics Acceleratorが自社の要件にほぼ完璧に適合することに気付きました。このアプライアンスは、IBM z Systemsプラットフォームとシームレスに統合し、SAP Business WarehouseやSAP Business Suiteなどのコア・アプリケーションや、Controlling-Profitability Analysisなどの特定のSAPソリューションの分析を高速化します。さらに、Db2 Analytics AcceleratorはSAP以外のアプリケーションの分析も高速化し、Baldor社のオペレーションの他の部分も改善できる可能性があります。

Roger Gattis氏は次のように述べています。「Db2 Analytics Acceleratorは、当社のインフラストラクチャーにまったく新しいテクノロジーを導入するコストや複雑さを伴わずに、ビジネス・ウェアハウスの高速化戦略を継続するシンプルな方法を提供してくれました。

「私たちの以前のソリューションは、それを維持するために必要な特定のスキルを持つたった一人の人に大きく依存していました。対照的に、Db2 Analytics Acceleratorは、標準の使い慣れたDb2インターフェースを通じて管理できます。わずか数日で、当社のDBAはAcceleratorを理解し、管理できるようになり、1人の個人だけに依存するリスクを取り除くことができました。」

IBMは、Db2 Analytics Acceleratorの機能を実証する概念実証(PoC)を実施し、旧来のアプライアンスと比較して同等以上の結果を得られることを示しました。

Roger Gattis氏は次のように述べています。「機器は月曜日に到着し、火曜日に構成し、水曜日にPoCを実行しました。金曜日までには、私たちは決断を下しました。準備ができたら、古いアクセラレータをオフにしました。これは、月々のサポート・コストも削減できることを意味します。」

Andy George氏は次のように付け加えています。「ユーザーからのフィードバックはほとんどありませんでした。これは良いことです。切り替えはスムーズで、プロセス全体を通じて、IBMチームはどんな質問にも対応してくれました。」

Db2 Analytics Acceleratorは、Netezza®テクノロジーを活用したIBM PureData® System for Analyticsとz Systemsインフラストラクチャーを統合します。このソリューションは、超並列処理を使用してクエリ速度を加速し、効率を改善し、既存のインフラストラクチャー投資から新たな価値を引き出す、非常に効率的なトランザクションおよびアナリティクス処理環境を構築します。
 

Db2の専門知識があれば、Db2 Analytics Acceleratorの専門知識もあることになるので、トレーニング・コストを削減し、ビジネスの回復力を高めることができます。 Roger Gattis Manager IS Large Systems Baldor Electric Company
成果の詳細
常に前進

Db2 Analytics Acceleratorを導入したことで、Baldorは以前のアプライアンスに関連するビジネス・リスクとコストの脅威を取り除きました。Andy George氏は続けます。「以前のソリューションでは、サポートが常に懸念事項でした。Db2 Analytics Acceleratorがあれば、その心配はまったくありません。IBMのチームは、私たちのチームにテクノロジーを紹介してくれましたし、私たちの質問にもすぐに答えてくれました。さらに、Db2インターフェイスに精通しているため、当社のビジネスチームと技術チームは、社内でソリューションをサポート・管理することに自信を持ち、企業リスクを大幅に軽減することができます。」

Roger Gattis氏はさらに、次にように付け加えています。「やりたいことは何でも簡単に実現できます。以前のシステムで障害が発生した場合、再構築には少なくとも1日かかりました。Db2 Analytics Acceleratorを使えば、GUIやストアード・プロシージャーで管理しながら約2時間で完了できます。Db2の専門知識があれば、Db2 Analytics Acceleratorの専門知識もあることになるので、トレーニング・コストを削減し、ビジネスの回復力を高めることができます。」

カスタマー・サービスが製造工程の重要な部分を占めるこの業界において、Baldor社は情報伝達の速さを利用して、業務をさらに改善しています。SAP Business Warehouseのワークロードにしか対応できなかった以前のアプライアンスとは異なり、IBM Db2 Analytics Acceleratorは他のSAPアプリケーションや非SAPアプリケーションの高速化にも使用できます。その結果、Baldor社はすでに、IBM Db2プラットフォームへの投資を維持・強化しながら、このソリューションを全社的に活用する方法を検討しています。

Roger Gattis氏は次のように述べています。「月末締めは、親会社に財務報告書を提出しなければならないというプレッシャーがある典型的な例です。現在、既存のビジネス・ウェアハウスのアクセラレーション・ワークロードを簡単に処理できるようになったので、財務データの一部をDb2 Analytics Acceleratorに追加することを検討しています。れは、経理部門に多大な影響を与える可能性があります。

「製造チームは、Db2 Analytics Acceleratorを使用して、製造現場のダッシュボードを作成することも検討しています。たとえば、ほぼリアルタイムの注文情報を生産ラインのディスプレイ画面に公開することで、コンベアの速度低下を回避し、生産プロセスを継続することができます。」

IBM Db2 Analytics Acceleratorは、当初はビジネス・ウェアハウス・アクセラレーター・テクノロジーの単なる置き換えとして始まりましたが、製造プロセスのデジタル化、月末締めの迅速化、そしてSAP以外のアプリケーションを高速化する新たな機会など、Baldor社にとって可能性の世界を広げています。

Db2 Analytics Acceleratorは、IBMの戦略的方向性を示し、SAPアプリケーションを超えた複数の用途を提供し、大幅な拡張能力を提供します。これらすべてにより、Baldor社は分析業務と範囲を大幅に拡大できます。

Andy George氏は、「IBMが提供するサポートのレベルと信頼性が、ビジネス・リスクの低減とシステム回復力の向上と相まって、すべての違いを生み出しています」と結んでいます。

Roger Gattis氏もこれに同意しています。「当社のIBM z SystemsとDb2プラットフォームが統合され、運用が簡素化されたこと、構成と管理が容易になったことが大きな要因です。何よりも、アクセラレーテッド・アナリティクスをビジネスの新たな分野に拡張する機能は、IBM Db2 Analytics Acceleratorを競合他社と真に区別しており、私たちは今、そのジャーニーを始めています。」


 

Baldor Electric Companyのロゴ
Baldor Electric Company

Baldor Electric Company(ibm.com外部へのリンク)は、産業用電気モーター、ドライブ、機械式パワートランスミッション製品の設計、製造、販売を行っており、アーカンソー州フォートスミスに本社を置いています。BaldorはABBグループの一員です。

次のステップ

IBM z Analyticsソリューションは、企業データへのライブ・アクセスを可能にし、分析クエリへの迅速かつ正確な応答と予測的洞察の作成を実現します。IBM Analyticsソリューションがデータを活用して業界や職業の変革を支援する方法について詳しくは、ibm.com/analytics/us/en/enterpriseをご覧ください。Twitter:@IBMzAnalyticsをフォローし、会話#zAnalyticsにご参加ください。

他の事例を見る 詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2017. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.

2017年6月、米国で制作

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Db2、z/OSおよびz Systemsは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本資料は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。本資料に含まれる情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM プロダクトは、IBM所定の契約書の取引条件に基づき保証されます。