今回のプロジェクトは、まったく問題なく進みました。IBM Integration Busは、実績ある製品であり、安定しています。良い製品を選んだと思っています

—株式会社セブン銀行 執行役員 システム部長 小山 敬氏,

Business Challenge story

セブン銀行は、順調に事業を拡大してきています。しかし、事業を支えるシステムにはいくつかの課題がありました。システムを個別最適化で構築してきたため、複雑化してしまった部分や無駄な部分などがありました。また、FinTechなどの金融サービスが注目されるとともに、システム開発に費やせる時間がこれまでよりも短くなってきています。その中で、さまざまな企業と提携したりサービスと連携したりしながらサービスの充実を図らなければなりません。現状のシステム構成では、このような要望に応えることが難しいと考えられました。セブン銀行は、システム連携機能を統合する基盤を構築すれば、これまでのような個別開発を行わなくても済むと考え、共通化のためにESB製品を導入することにしました。

Transformation

導入するESB製品は、セブン銀行の重要なATMサービスと勘定系システムを結ぶ基幹インフラになります。セブン銀行は、いくつかのポイントからESB製品を選定しました。プログラミング不要で開発ができること。システム間を接続するために用意されている部品が豊富なこと。そして、国内金融機関のミッションクリティカルなシステムで採用されている実績。特に、高い信頼性が求められるシステム基盤の導入・ESB製品の選定において、国内金融機関での導入実績は大きな決め手になりました。セブン銀行は、絶対的な安全性が必要と考え、確実な導入からサポートまでを依頼できる企業としてIBMを選び、IBM Integration Busを導入することにしました。

Benefits

セブン銀行は、IBM Integration Busによってシステム連携基盤を実装し、デビットカードのためのアプリケーション開発とともに既存システムからの機能の統合を進めました。今回のような新たな製品を導入するプロジェクトでは、インフラ部分から作り始めることになります。そして、インフラ部分がしっかりとできていないと、アプリケーション側でのテストに影響が出たりプロジェクト自体が遅れたりします。最もクリティカルな勘定系システムとクレジットカード会社とのオンライン接続機能の品質が安定していたため、アプリケーション開発を確実に計画どおりに進めることができました。

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ソフトウェア

IBM Integration Bus

Solution Category

  • IBM Cloud