Andhra Paper社、ミッションクリティカルなSAPシステムを移転
親会社から離れて、IBMと共に成長に備える
詳細はこちら
Andhra Pradesh Paper Mills Ltd.の本社
データ・ドリブンな運用の準備

Andhra Paper社が米国の親会社を離れて、インドの新しい企業グループに加わる準備を進める中で、ミッションクリティカルなSAP® ERPビジネス・システム用のプラットフォームを早期に見つける必要がありました。IBMと提携したことで、ビジネスの中断を最小限に抑えながら、1万4000 km以上におよぶ移行を完了しました。

IBMと緊密に連携して、計画通りにインドへの移転を完了し、核となるSAPソリューションをIBM Cloud 上のマネージド・サービスに移行しました。

「移転の最終段階は、新型コロナの感染拡大の最初のピークと重なりましたが、IBMはは準備周到でした。結果的に、パンデミックの影響をほとんど受けませんでした」と、Andhra Paper Limited CIOのSreenivas Pamidimukkala氏は言います。「私はIT業界で25年間働いてきましたが、IBMとの提携ほど効果的なパートナーシップを経験したことはほとんどありません。今回のパートナーシップは、心からの喜びでした」

同社はこの移転の成功を受けて、再びIBMと連携し、財務、ガバナンス、リスク、コンプライアンスのための最先端ソリューションを備えた、次世代ERP SAP S/4HANAへの移行を行いました。

「SAP S/4HANAとSAP Fioriのユーザー・エクスペリエンスのおかげで、当社の管理者はより迅速に、より多くの情報に基づいた意思決定ができるようになりました。業務効率を高めて、インドでの成長を促進するのに役立っています」と同氏は付け加えています。

課題の特定

Andhra Paper社は長年にわたり、米国の親会社がホストであるSAPソリューションを使用して、調達から支払い、注文から現金化、計画から製造などの核となるワークフローを含む、ビジネス・プロセスをインド全土で推進してきました。SAPアプリケーションは事業運営に不可欠であるため、米国からインドへの移転に伴うコストとリスクを管理することが重要な目標でした。

「当社の生産ラインは、24時間365日稼働しています」と同氏は言います。「当社は現金で取引を行うビジネスであり、利益率はそれほど高くないため、移行中にSAPシステムがオフラインになる時間を最小限に抑える必要がありました」

同社は、10 TBを超えるSAPデータを1万4000 km以上も移動するという課題の解決だけでなく、既存のSAP ERPシステムに物理的にアクセスせずに、目標を達成する方法を模索していました。

「当社の元親会社には、厳格なシステムおよび組織管理(SOC)ポリシーがありました。自社の管理者以外の人物が当社のSAP ERPデータが保存されているデータセンターにアクセスすることは、禁止されていました」と同氏は思い出します。「したがって、当社の従業員や第三者が現場で作業を行うことなく、データを抽出できるアプローチを考案する必要がありました」

ビジネス・インパクト
ITチームの5人分のFTE(フルタイム当量)を節約し、クリティカルなSAPビジネス・システムの導入にかかる運用コストの削減に貢献しました。
月末締めのプロセスを最大で10%短縮し、財務パフォーマンスに対するより深いインサイトを提供しました。
以前は手動でスプレッドシートを使用していた作業を自動化し、投資ポートフォリオ全体を瞬時に可視化したことで、迅速な最適化が可能になり、収益が向上しました。
注文とサポートのための単一のオンライン・ポータルを提供することで、カスタマー・エクスペリエンスを強化しました。
Andhra Paper社が成長の機会をつかめるように、新興市場のトレンドを明らかにしました。
信頼できるパートナー、グローバルリーチ

Andhra Paper社は、データを転送し、SAPソリューションをローカルで運用するためのオプションを検討しました。

「IBMは、米国から私たちのデータを抽出するための独創的なソリューションを提案してくれました」と、Pamidimukkala氏は続けます。「IBMのネットワーク接続ストレージ・デバイスを使用して、管理者はSAPデータのコピーを作成しました。IBMはこのデバイスをバージニア州のデータセンターに物理的に輸送し、IBM Cloud上で暗号化された接続により、最終目的地であるインドのチェンナイにデータを移転してくれました」

Andhra Paper社は、SAPソリューションを運用するために、IBM CloudのSAPソリューションに、Enterprise Application Managed Servicesを採用しました。

「当社のインドの事業拠点は、比較的小さな都市にあるため、新しいデータセンターに人員を配置するための現地リソースでは、コストが高く、複雑で、リスクも高くなります」とPamidimukkala氏は言います。「クラウドが最適な選択だと感じました。IBM Cloudに移行することで、システム管理者を採用する必要がなくなり、IT部門に5人分のFTE(フルタイム当量)を増やすことなく、運用コストを削減できました。最も重要なのは、IBMが当社の重要なSAPシステムを24時間365日管理してくれているという安心感です。私たちのチームは、付加価値の高いサービス開発に集中することができています」

会社をより大きな成功に導く

データの移行に成功し、SAP ERPソリューションが稼動したことで、Andhra Paper社は、IBMと導入パートナーの支援を受けて、SAP S/4HANAに移行することをすぐに決めました。ほぼリアルタイムにインサイトを得て、データに基づく意思決定を行うためです。

Pamidimukkala氏は続けます。「SAP S/4HANAにより、月末締めプロセスを最大で10%短縮し、財務パフォーマンスに対する深いインサイトが得られるようになりました。また、SAP S/4HANAが財務管理プロセスに大きなメリットをもたらすことにも期待しています。以前は手動でスプレッドシートを使用していた作業を自動化し、投資ポートフォリオ全体を瞬時に可視化したことで、迅速な最適化が可能になり、収益が向上しました。財務、ガバナンス、リスク、コンプライアンスのための新しいSAP S/4HANAソリューションが稼働すると、意思決定を盤石なビジネス管理体制の中で進めていきます」

同社は、統合SAPソリューションの活用を広げていく予定です。Pamidimukkala氏は言います。「注文の約90%は、サードパーティー・ツールをベースとしたWebポータル経由で届きます。このテクノロジーをSAP Commerce Cloudに置き換えることで、単一ベンダー・ソリューションならではの効率を得て、顧客の注文とサポートを効率化し、カスタマー・エクスペリエンス、ひいては顧客満足度を高めることができます」

IBMとの提携で最も優れている点の1つは、IBMのチームが業界、そしてテクノロジーの専門家であることです。IBMに何をすべきかの指示をする必要はありませんでした。IBMは常に私たちのニーズを予測し、クラウドへの移行を成功させるために、積極的な対応をしてくれました。プロジェクト全体を通して、IBMと当社のプロジェクト・チーム間のコミュニケーションは素晴らしく、私たちは常に安全であるという自信がありました。 Sreenivas Pamidimukkala CIO Andhra Paper Limited
クラウドでの成長の余地

IBMとIBM Cloudのサービスにより、Andhra Paper社はSAP BASISレベル以下の手作業の必要性を排除し、コア・コンピテンシーに集中して、ビジネスの成長を追求できるようになりました。

「SAP S/4HANAを導入したことで、当社のほとんどすべての業務に関して、迅速にインサイトを得ることができました」とPamidimukkala氏は締めくくりました。「新しい製造拠点の開設や買収を行う時期が来たとき、IBM Cloudがスケーラブルで費用対効果の高いインフラストラクチャー・プラットフォームを提供してくれるおかげで、その機会をすぐにつかむことができることを確信しています」

Andhra Pradesh Paper Mills Ltd.の本社
Andhra Paper社について

1964年に設立され、インドのハイデラバードに本社を置くAndhra Paper Limitedは、インド最大の紙パルプ総合メーカーの1つです。年間総生産能力は240,000トンで、海外および国内市場向けに筆記用紙、印刷用紙、コピー用紙を製造しています。約2,500名の従業員を抱えています。

法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年6月、米国で制作

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Web 上の「著作権および商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)で入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

IBMの将来の方向性と意図に関する記述は目標や目的を表すものに過ぎず、予告なしに変更または撤回されることがあります。