保険業務ではデータの信頼性、システムの堅牢性、柔軟性、ホストとの連携の容易性が特に重要です。これらの点から見て、IBM Cloud Privateが最適であると考えました

アフラック生命保険株式会社 常務執行役員 チーフ・インフォメーション・オフィサー, 二見 通氏

Business Challenge

アフラックは“カスタマーファースト”にフォーカスして、多様化するお客様のニーズに対応する新商品や新サービスをスピーディーに開発するために、デジタル技術の活用とオペレーションモデルのアジャイル化を推進しています。これまでは保険商品の計画に1年、開発に数年かかるのが当然でしたが、これからはより短いサイクルで商品を生み出していかなければなりません。アジャイル型の開発プロジェクトに対応しながら、金融機関として必要十分な堅牢性を担保できるITインフラが同社の求める理想の姿でした。システム環境、特に新規開発のためのサーバー環境の自動化、効率化、最適化という課題を解決するために、同社はクラウド・ソリューションに注目しました。

Transformation

同社はIaaSとしてのプライベート・クラウドを採用し、既存の基幹システムや他のクラウド・サービス(SaaS)と連携させる方針を打ち立て、保険業務で特に重要であるデータの信頼性、システムの堅牢性、柔軟性、ホストとの連携の容易性の観点とIBMが同社のアウトソーシングを担当し、インフラを支えていることから、IBM Cloud Privateをクラウド基盤に選定しました。IBM Cloud Privateの一機能であるIBM Cloud Automation Manager (CAM) のセルフ・サービス・カタログを活用することで、他社のクラウドを含めたマルチプラットフォームのサーバー環境構築の自動化が可能、ビジネスの変化のスピードにシステムが対応できるようになります。IBMが構築を支援し、アフラックは2018年10月1日から本番環境での利用を開始しました。

Benefits

IBM Cloud Private導入によって、新商品や新サービス開発に必要なITインフラ構築にかかる時間が大幅に短縮、基盤サービスの担当者がルーチンワークから解放されて、クリエイティブな業務にシフトし、より多くのニーズに対応できるようになり、同時に労働時間の短縮も実現して、働き方改革にもつながりました。システム環境の品質面では、CAMのセルフ・サービス・カタログを活用して、プラットフォームのサーバー環境構築を自動化、設定の迅速化を図り、手戻りもなくなりました。同社はFaaS(ファンクション・アズ・ア・サービス)についても検討を開始、FaaSの導入により、ITインフラを意識することなく、アプリケーション開発に着手するまでの時間を短縮し、サービス提供のスピードをさらに速めることを目指します。

 

 製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

IBM Cloud Private

Software Defined Networking

 

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

Solution Category

  • IBM Cloud