ホーム ケーススタディ 広告協議会とIBM Watson Advertising 広告協議会とIBM Watson Advertising
広告協議会は、IBM Watson Advertising Accelerator を使用してパフォーマンスを113%向上
Accelerator
広告が表示されている携帯電話のクローズアップ

IBM Watson Advertising Acceleratorは、AIを利用して消費者の反応、天候、時間帯などの重要なシグナルに基づいてクリエイティブ要素の最適な組み合わせを予測することで、パーソナライズされた高パフォーマンスのクリエイティブを大規模に提供します。

ビジネス課題

新型コロナウイルス感染症の流行、人種的不正義との戦いなど、私たちの国家や世界が現代の最も困難な問題のいくつかに取り組んでいる中、ブランドは消費者にリーチし、コミュニケーションを図る方法を方向転換する必要がありました。

このことを念頭に、広告協議会 (ibm.com外へのリンク)は、人種的不公正、 偏見、平等をテーマにした「Love Has No Labels」(愛にレッテルはいらない)キャンペーンの「Fight for Freedom」(自由のための闘い)の啓蒙と認知を促進するためにIBM Watson Advertisingを起用しました。

変換

広告協議会は、IBM Watson Advertisingの「Call for Creative」イニシアチブの一環としてIBM Watson Advertising Acceleratorを活用し、5つのプレミアムアドバタイザーが、オープンかつはっきりとした目的で使用する場合に限り、 Accelerator のインスタンスを無料で提供しました。

AcceleratorはAIを使用して、消費者の反応だけでなく、DMA、デバイスの種類、時刻など、他の多数の重要なシグナルに基づいて、どのクリエイティブ要素が各オーディエンスの共感を呼ぶかを迅速かつ継続的に学習します。

広告協議会はAcceleratorを活用して、エンゲージメントとアクションを高める可能性が最も高いクリエイティブ要素を持つ広告ユニットを予測・提供しまし、最終的に「Love Has No Labels」(愛にレッテルはいらない)キャンペーンについて消費者を教育し、どのクリエイティブが最も高いエンゲージメントをもたらすかについての洞察を明らかにし、前向きな変化をもたらすAIの力を紹介しました。

AIを活用するAcceleratorの予測テクノロジーは、どのクリエイティブ要素やメッセージが異なる視聴者の共感を呼ぶかをより深く理解するなど、広告協議会に印象的な結果をもたらしました。

  • クリエイティブ・バリエーションは81に及び、プラットフォーム別のブランドCTRベンチマークを平均93%上回る
  • キャンペーンの開始から終了までのCTRが113%上昇
  • キャンペーン全体でコンバージョン(サイトでのアクション)が69%増加

パフォーマンスに加えて、広告協議会は、どのメッセージが最も共感を呼んだか(強力でアクション指向のCTA)、クリエイティブが人口統計別でどのように共感したか(例: 18歳~34歳の女性と35歳以上の男性は同様のクリエイティブに反応したが、18歳~34歳の男性と35歳以上の女性ではクリエイティブの類似性が異なった)についての重要な洞察を得ることができました。。

最初のキャンペーンが成功した広告協議会は、ワクチンに対する抵抗感がより高い地域にリーチすることを目的とした「Vaccine Confidence」キャンペーン(ワクチンの信頼獲得に向けたキャンペーン)で、再びAcceleratorを活用する予定です。Accelerator は、デジタル・クリエイティブ要素の最適な組み合わせをテストおよび予測して、各ターゲット層に最も共鳴するメッセージを作成します。また、広告協議会はそれらの洞察を使用して、より大規模なキャンペーンの取り組みについて情報を提供します。

詳細情報はこちら
AI広告 Watsonの広告ストーリー
法務

© Copyright IBM Corporation 2021IBM Corporation, Watson Advertising and Weather, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2021年3月米国で作成。

IBM、IBMロゴおよびibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporation の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。