概要

製品の品質は、その製品の要件内容で決まります。システム・エンジニアが今後ますます複雑さを増すつながる製品を管理するには、新機能や変更内容に対するより優れた可視性、データに対するより深い洞察、グローバルなコラボレーションのための共有ツールが必要です。

要件管理は、エンジニアリング・ライフサイクル管理の重要なプラクティスとフレームワークとして機能します。要件管理のツールとソリューションは、プロジェクト全体の管理を向上させ、時間とコストを節約するとともに、製品開発に関するより優れた洞察を提供し、複数のチームにわたるトレーサビリティーを強化します。

メリット

要件のトレーサビリティー

個々の製品にエンジニアリング要件が発生した場合に、製品テストを行って変更内容を完全に可視化します。すべてのコメントを収集して保持するだけでなく、容易にアクセスできるように管理します。 

エンジニアリング・コンプライアンス

エンドツーエンドのエンジニアリング・ライフサイクルをコンプライアンス対応させるのと同時に、早期にコンプライアンスを遵守するために、要件に業界の標準や規制を組み込むことができます。

アジャイル管理とバリアント管理

エンジニアリング・プロセスを簡素化して、グローバルなコラボレーションをリアルタイムで実現します。データを一元化されたロケーションに保管することで、共有ダッシュボードを使用して、バージョンとバリアントのプロセス全体をデジタルに管理します。

拡張可能な要件管理ソリューション

包括的な要件管理ソリューションを使用してチーム間のコラボレーションを最適化することにより、接続性と複合性が強化された製品を提供できます。これにより、ステークホルダーは要求に対する変更内容の収集、追跡、分析、管理を容易に実行できます。

要件管理のツールとソフトウェア

要件管理のためのAI

Watson AIを使用してエンジニアリング要件管理を強化し、よりスマートなエンジニアリング要件を作成します。これにより、不具合を減らし、市場投入までの時間を短縮できます。

アプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)

システムとソフトウェアの開発ライフサイクルにおける複雑性を管理する、包括的なエンドツーエンドのソリューションであるIBM Engineering Lifecycle Management(ELM)を使用して、アプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)ソリューションの機能を拡張します。

大規模な要件管理

複数の開発組織にわたり全社規模でコミュニケーションとコラボレーションを最適化し、相互接続されたインテリジェントな製品の開発コストを削減します。

要件管理のお客様事例

Mercedes-Benz社が自動車プロジェクトの複雑性を管理

Dr. Mercedes-Benz Cars R&D社のCIO、Seigmar Haasis氏が、大手企業がエンジニアリングでのデジタル変革にどのように取り組んでいるかについて語ります。

Rail Projects Victoriaが鉄道プロジェクトのスケジュールを維持

Rail Projects Victoria(RPV)は、IBM Engineering Requirements Management DOORS® Nextソフトウェアを使用して、ステークホルダーとコラボレーションし、プロジェクト要件の変更を収集、追跡、分析、管理するためのセキュリティーに優れた環境を構築しました。

業界での競争優位性を獲得

IBM Engineering Lifecycle Managementソリューションは、さまざまな業界の組織が、デジタル変革のメリットを活用できるよう支援します。

参考情報

要件管理とは

要件管理とは何か、また、要件管理がソフトウェアと製品の開発を成功させるために重要な基本要素である理由をご説明します。

AI主導型の要件管理

エンジニアリング・チームは、統合要件管理ソリューションを採用することで、増加する複雑なつながる製品をスムーズに提供できます。

アジャイル開発において要件が重要である理由

効果的な要件管理アプローチの特長と、それが規制を遵守したITおよび複雑な開発プロジェクトのアジャイル開発にどのような価値をもたらすかについてご説明します。

次のステップ