概要

エンジニアリング・ライフサイクル管理

今日のソフトウェア駆動型製品の開発には、製品ライフサイクル管理のための統合されたアプローチが必要です。チームは、品質の向上、リスクの最小化、デリバリーの迅速化のために、連携し、足並みを揃え、一つの視点から真実の情報を取得する必要があります。エンジニアリング・ライフサイクル管理(ELM)は、要件、モデリング、テスト、公開、レポート作成を管理するための総合環境を提供し、チームのワークフローを最適化して、協働を改善します。

IDCのアナリスト・ペーパー「製品開発を推進するデジタルエンジンを加速する方法(英語)」でより詳細な情報をご提供します。

IBM Engineering Lifecycle Managementソリューションは、お客様のコンプライアンス達成をエンタープライズ規模でサポート
Play Icon

IBM Engineering Lifecycle Managementソリューションは、お客様のコンプライアンス達成をエンタープライズ規模でサポート(02:26, 英語)

メリット

製品の複雑さの管理

複雑なシステム開発を改善し、チームおよびサプライヤー/パートナーのエコシステム間の協働を強化して、製品に対してより重要視される安全性やコンプライアンス、規制の要件に容易に対応できるように、アプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)機能を拡張しています。

チームの生産性の向上

ELMの総合的なアプローチにより、分散したチームのつながりを保ち、リアルタイムでの協働を強化し、単純作業を自動化し、再作業を削減し、製品ライフサイクル全体にわたるトレーサビリティーを改善できます。

リスクの最小化とメリットの最大化

テスト・ケースを要件に統合し、AIを活用して品質を向上させ、業界のコンプライアンス標準のテンプレートを活用して製品の品質を管理し、競争優位性を獲得できるよう支援します。

ソリューション

要件管理

製品ライフサイクル管理の重要なプラクティスおよびフレームワークとして機能します。プロジェクトの範囲を管理し、時間とコストを節約します。また、トレーサビリティーの強化と協働の改善により、製品開発のためのより優れた洞察を推進します。

モデル・ベース・システムズ・エンジニアリング(MBSE)

製品の複雑性が増大するにつれ、より優れたモデル・ベースのシステム設計を提供する必要性が高まります。MBSEでは、さまざまなチームが連携して要件を分析し、設計上の決定を最適化し、機能を検証できます。さらに、設計レビューを実施し、デリバリーを自動化できます。

アジャイル・ソフトウェア開発におけるワークフロー管理

分散した複数の作業分野で構成されたチームが効率的に作業するには、効果的な協働をリアルタイムに実現することが重要です。適切なワークフロー管理では、協働のためのオープン・アーキテクチャー、簡素化されたアジャイル開発モデル、およびガバナンスの自動化が提供されます。

テスト管理と品質保証

品質管理は利益拡大を機会創出しますが、製品の品質を向上させるためには、包括的なテスト計画のための連携型 Webベース・ツールが必要です。統合テスト・ソリューションは、極めて高い明確性により、即時フィードバック、効率の最大化、コスト削減を図ります。

ツールおよびソフトウェア

ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)プロセスの最適化

IBMのエンジニアリング・ライフサイクル最適化オファリングは、エンジニアリング・データの分析、プロセスの管理、ベスト・プラクティスの確立、カスタム・レポートの生成、およびサード・パーティー統合アダプターの管理のための強化機能により、標準ALM機能を拡張します。

IBM Engineering Lifecycle Management Base

要件、テスト、ワークフロー管理という、システムおよびソフトウェアのエンジニアリング管理の3つの主要なコンポーネントをバンドルした製品です。このバンドル製品は、総合的な開発管理環境を確立するための基盤を効果的に提供します。

IBM Engineering Lifecycle Management - Extended

システムとソフトウェア・エンジニアリング管理の5つの主要コンポーネントである要件、テスト、ワークフロー管理、システム設計、エンジニアリング・データ分析を通して、拡張された開発管理環境を提供します。

Mercedes社がエンジニアリングにデジタル変革を導入

接続された複雑なシステム開発のために統合されたIBMツールを採用することで、イノベーションの土壌が作られます。

ボッシュがエンジニアリングを製品開発プロセスに展開

開発ツールの共通化・標準化に成功し、同時にプロセス改革を実現することができました。

次のステップ