要件管理のツールとソリューション

複雑な要件や、データ、AI、マルチバリアント管理機能をシームレスに組み合わせて利用することが必要な「つながる製品」を開発するためのツールとソリューションについてご説明します。

ソフトウェア開発会社のオフィスで働くプログラマー。

概要

要件管理ツールで開発コストを削減して製品化までの時間を短縮

製品の品質は、その製品の要件内容で決まります。 システム・エンジニアが今後ますます複雑さを増すつながる製品を管理するには、変更内容に対するより優れた可視性、データに対するより深い洞察、グローバルなコラボレーションのための共有ツールが必要です。

要件管理は、エンジニアリング・ライフサイクル管理の重要なプラクティスとフレームワークとして機能します。 要件管理のツールとソリューションは、プロジェクト全体の管理を向上させ、時間とコストを節約するとともに、製品開発に関するより優れた洞察を提供し、複数のチームにわたるトレーサビリティーを強化します。

IBMは、異なる実装モデルで類似の機能を提供する、2つの独自の要件管理ソリューション、IBM Requirements Management DOORSとIBM Requirements Management DOORS Nextを提供しています。 どちらの製品も、それぞれのお客様基盤に対して強化とサポートを継続します。


メリット

要件管理ツールのメリット 要件の追跡可能性

成果物を個別にテスト・ケースに関連付け、エンジニアリング要件の変更が行われた場合に、変更内容を完全に可視化します。 すべてのコメントを収集して保持し、簡単にアクセスできるように管理します。

エンジニアリング・コンプライアンス

エンドツーエンドのエンジニアリング・ライフサイクルをコンプライアンス対応させるのと同時に、早期にコンプライアンスを遵守するために、要件に業界の標準や規制を組み込むことができます。

アジャイル管理とバリアント管理

エンジニアリング・プロセスを簡素化して、グローバルなコラボレーションをリアルタイムで実現します。 データを一元化されたロケーションに保管することで、共有ダッシュボードを使用して、バージョンとバリアントのプロセス全体をデジタルに管理します。

ソリューション

拡張可能な要件管理ソリューション

包括的な要件管理オファリングを使用してチーム間のコラボレーションを最適化することにより、接続性と複合性が強化された製品を提供できます。これにより、ステークホルダーは要件に対する変更内容の収集、追跡、分析、管理を容易に実行できます。

IBM Engineering Requirements Management DOORS Nextの詳細はこちら →

IBM Engineering Requirements Management DOORS Nextのデモの詳細はこちら →

IBM Engineering Requirements Management DOORSの詳細はこちら →


ツールとソフトウェア

要件管理のツールとソフトウェア 要件管理のためのAI

Watson AIを使用してエンジニアリング要件管理を強化し、よりスマートなエンジニアリング要件を作成します。これにより、不具合を減らし、市場投入までの時間を短縮できます。

動画を見る:要件管理にAIをもたらすIBM RQA(02:22) IBM Engineering Requirements Quality Assistantを見る
アプリケーション・ライフサイクル管理

システムとソフトウェアの開発ライフサイクルにおける複雑性を管理する、包括的なエンドツーエンドのソリューションであるIBM Engineering Lifecycle Management(ELM)を使用して、アプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)ソリューションの機能を拡張します。

IBM Engineering Lifecycle Management Baseの詳細はこちら
DOORSとDOORS Nextの比較

IBM Engineering Requirements Management DOORS®とIBM Engineering Requirements Management DOORS Nextは、多くの類似機能を持つ要件管理の製品です。 ただし、これらの製品は、要件アナリストや設計、開発、テストのチームに対して、異なる実装の機会や戦略的機会を提供します。

比較の詳細はこちら

次のステップ

ELMの対話式ツアーの利用

データ透明性の向上、コンプライアンスの達成、自動化の実現のための大規模な製品開発用のソリューションについてご説明します。

エキスパートに問い合わせる

エンジニアリング・ライフサイクルの各段階の管理を簡素化する方法についてお問い合わせください。

システムズ・エンジニアリング・ソリューションの探索

製品ライフサイクル全体を監視し、分散したチーム間で連携し、製品開発にAIを導入します。