保全管理ソフトウェアとソリューション

自動化、モビリティー、IoTデータ、AIを活用した保全戦略で、アップタイム向上と効率的な運用を実現します。

ダッシュボード情報が生成される複数デバイスの前方に位置する、ダッシュボードを操作する人々のイラスト

概要

よりスマートな資産向けのよりスマートな保全

資産をピーク・パフォーマンスで維持することは、終わりのない複雑なプロセスです。 コンピュータ化された保全管理システム(CMMS)は、作業指示やワークフローの自動化、作業員のスケジューリング、資材の管理などに役立ちます。 ただし、資産がよりスマートになり、資産の接続対象が増えるに伴い、保全管理ソリューションは、イベントへの単なる対応から、より予防的かつ予測的なアクションの実現に向けて進化する必要があります。

資産のライフサイクルを延長し、コストを管理し、限られたリソースを効率的に利用するためには、自動化、IoTデータ、アナリティクス、AIが導入されたソリューションが保全戦略に必要になります。

保全ソリューションの進化について読む

メリット

持続可能な保全運用を実現

資産の履歴や正常性に関する機能を拡張し、計画外の保守を削減し、 よりスマートな保全の意思決定を行うことで、無駄を省きます。

従業員と職場環境の安全の確保

予測機能を利用して問題を予測し、適切なスキルを持つスタッフを適宜配置し、不要な保守を減らします。

資産の健全性を理解し、 それに基づいて行動する

異常の発見、低パフォーマンス資産の特定、将来の障害の可能性の予測により、 計画外のダウンタイムを回避し、交換の最適な時期を決めることができます。

ソリューション

モバイルEAM AIを活用した支援により、技術者が必要とする時、必要とする場所に、適切な資産運用データとステップバイステップのガイダンスを提供します。 「IBM Maximo Application Suite:モバイル EAM」の詳細はこちら

資産管理 AIとアナリティクスを使用して価値の高い資産を管理および保守して、パフォーマンスを最適化し、資産ライフサイクルを延長して、運用のダウンタイムとコストを削減します。 「IBM Maximo Application Suite:資産管理」の詳細はこちら

予測保全 AIを活用した高度なリモート・モニター、コンピューター・ビジョン、資産の正常性に関する洞察に基づいた状態ベースの保全により資産の信頼性を高めます。 「IBM Maximo Application Suite - 予知保全」の詳細はこちら

お客様事例

次の ステップ

資産の管理方法の変革

IBM Maximo Application SuiteがAIを活用した洞察を提供することで、インテリジェントな資産の管理と運用をどのように実現しているかをご紹介します。

企業規模での資産管理

エンタープライズ資産管理(EAM)が、分析、IoTデータ、AIを活用して、リスクの低減、コストの削減、効率の向上にどのように役立つかを確認してください。

あらゆる資産からより多くのものを得る

資産パフォーマンス管理ソリューションをチームに提供し、よりスマートなモニタリング、資産の正常性の向上、予知保全を実現します。

現場管理ガイド

接続性、モビリティー、AIなどの現場管理のイノベーションが、現場管理業務の複雑さを軽減していることをご覧ください。