ALM自動車製品開発ソリューション

IBMは、現代の複雑な自動車の機械系、電気系、ソフトウェアの開発を管理するため、先進的なアプリケーション・ライフサイクル管理のソリューションの1つであるIBM ELMを提供しています。

夜の街

概要

自動車産業のエンジニアリングの課題

自動車業界は、2つの課題に直面しています。 1つ目は、内燃エンジンを電気モーターやバッテリーに置き換える電動化です。 2つ目の課題は、それと同時に進展する自律走行車です。 この2つの課題が組み合わさり、自動車業界の100年以上の歴史の中で、最も大きな転換期を迎えています。

エンジニアリング・チームは、競争力のある高品質の車両を予定どおりに提供するために、機械系、電気系、ソフトウェア・システムの同時開発を管理できることが必要となります。


メリット

自動車メーカーが取り組む重要な目標は、このように複雑さが増すことにより、達成がさらに困難になっています。 車両品質の向上

ASPICEフレームワークなどのプロセスおよび安全規格を明示的にサポートします。

スケジュール通りに確実に提供

システム、ソフトウェア、電気工学(EE)でのアジャイル開発をサポートします。

再利用の増加

単一のアーキテクチャー・プラットフォームを使用して、すべての車両にわたってEEとソフトウェアを再利用できるようにします。

お客様事例

自動車製品開発のお客様導入事例 製品開発プロセスの最適化

Daimler社はIBMと連携し、テキスト・ベースの要求エンジニアリングからモデル・ベースのシステムズ・エンジニアリングへの移行を進めています。

Mercedes-Benz社の動画を見る(03:08)
製品イノベーション・プロセスを加速

インドを拠点とする自動車メーカーであるMahindra & Mahindra社は、簡素化され、追跡可能なシステムとソフトウェア・エンジニアリングによって、製品のイノベーションを後押しする方法を見つけました。

Mahindra & Mahindra社のお客様事例を読む

参考情報

自動車業界のエンジニアリングの参考情報


次のステップ

ELMの対話式ツアーの利用

データ透明性の向上、コンプライアンスの達成、自動化の実現のための大規模な製品開発用のソリューションについてご説明します。

エキスパートに問い合わせる

エンジニアリング・ライフサイクルの各段階の管理を簡素化する方法についてお問い合わせください。

システムズ・エンジニアリング・ソリューションの探索

製品ライフサイクル全体を監視し、分散したチーム間で連携し、製品開発にAIを導入します。