概要

安心な職場復帰

私たちの働く環境と方法がこれほど複雑に見えたことはありません。公共機関や企業、キャンパスなどへの復帰を計画するにあたり、建物やスペースの管理方法を決めるためには、入居者が自分の仕事をするためにそのスペースにどのように関わるかを理解する必要があります。

鍵となるのは、ポートフォリオ全体に対して信頼できる唯一の情報源を提供する統合ワークプレース管理ソリューション(IWMS)です。データ、IoT、AIを活用するインテリジェントな不動産・設備管理ソフトウェアおよびソリューションなら、時間の限られた中で意思決定を行い、入居者の幸福を保護し、コストを管理することができます。

都市景観のイラスト

メリット

スペースと設備の使用率の最適化

AIに基づく洞察を活用し、戦略的なスペース計画によって確実に要求を満たせるようにします。

より優れた入居者体験の提供

スペースと職場サービスの適切な組み合わせにより、より安全で、より魅力的な環境を構築します。

運用効率と保守効率の最大化

一元化された場所で企業全体の効率を向上させ、運用コストを削減します。

投資計画の管理および拡張

投資、設備、環境計画の品質を向上させ、時間と予算に合わせて遂行します。

リースの管理および会計の簡素化

スペース規模の適正化、コストの削減、財務的影響の分析のため、リースを管理して統合します。

より効率的なレポートの作成

自分で作成できるシンプルで直観的なレポートにより、データから洞察を引き出し、意思決定に必要な情報を得られるようにします。

不動産と設備の管理ソリューション

職場復帰戦略を作成する際は、社員の幸福に重点を置きます。入居者のモニタリングからデータを収集して分析し、運用上のレジリエンシーを向上させ、変化するニーズと慣習に迅速に対応し、社員や入居者への配慮を示した戦略的なスペース意思決定を行います。

IWMSおよび設備管理ソフトウェア

統合ワークプレース管理システム

IWMSソフトウェアは、スペースと設備の使用率の最適化、運用効率と保守効率の最大化、投資計画の管理と拡張、リースの管理と会計の合理化を行い、コストを管理しながらより優れた入居者体験を提供するための、信頼できる唯一の情報源として活用できます。

入居者およびスペース管理

IoTデータ、AI、IWMSや、その他の外部ソース(センサー、WiFi、バッジ・データなど)からの情報を活用して、入居者に関するリアルタイムの洞察に基づき重要なスペース計画の意思決定を行うことができます。ポートフォリオ全体にわたるスペース使用率と使用法を可視化し、より完全に把握できます。

IoTコンサルティング・サービス

クラウド上の運用ワークフローをモダナイズし、データ・プラットフォームを使用して建物の情報を統合し、AIに基づく洞察によって設備管理を変革します。機能と技術の深い専門知識を有するIBMの専門家が、最新の技術とIBM TRIRIGA機能を組み合わせて職場を最適化し、安全な運用を実現するためのお手伝いをします。

COVID-19時代における社員のスペースと安全性の最適化

パンデミックによって95%のIBM社員がオフィス勤務から在宅勤務へと切り替えた後、IBM Global Real Estate(GRE)チームはスペース使用率データの準備を整え、使用法を追跡し、コストを管理し、急速に変化するビジネス・ニーズ(ソーシャル・ディスタンスや清掃方法の強化など)に対応しました。

次のステップ