概要

分析、IoT、人工知能(AI)によって安全な職場復帰を実現

オフィスでの業務が再開するにつれ、企業は従業員が健全に共同作業を進められる持続可能な職場運用を促進する環境を創出しなくてはなりません。Worker Insightsのソリューションは、最新のIoTセンサー・テクノロジーと、先進的な分析とエッジ対応のアプリケーションとサービスを統合して、職場や従業員に関するほぼリアルタイムの洞察を提供します。これらの洞察を使用することで、従業員のプライバシーを確保しながら、体温のモニタリングの実施、密集度や感染する可能性の高い区域の管理、従業員のソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)と接触イベントの追跡を促進できます。

メリット

モニタリングによる健康と安全の確保

高度なアナリティクスとAIにより、資産の正常性に関する優れた洞察が提供されます。これにより、コストを削減し、ダウンタイムを回避するための最善のアクションとそのタイミングを知ることができます。

職場での事故の防止

問題が発生する前に予測情報と洞察を活用して、従業員の健康と安全の課題に対処します。

 

最新の安全ポリシーに素早く対応

新たなソーシャル・ディスタンシングや安全に関するガイドラインなどの規則への準拠を、学習によって継続的に向上させながら、従業員のプライバシーを確保します。

従業員の安全の向上

IoTテクノロジーと高度な分析を活用する強力なクラウド・ベースのソリューションにより、職場での事故を防止し、職場の安全性を向上させて、予測に基づく予防と価値実現までの時間の短縮を実現します。

職場の安全ソリューション

AIによるコンピューター・ビジョンのソリューション

AIによる視覚機能の採用を加速させることで、コーディングの専門知識が無くてもチームは運用障害を迅速に特定し、資産をリモートでモニターし、ディープ・ラーニングのビジョン・モデルをトレーニングできるようになります。

エッジ・ソリューションの自律的管理

エッジコンピューティング向けの自律的な管理機能を提供する、インテリジェントで柔軟性のあるプラットフォームを使用します。数万個のエンドポイントに及ぶ大規模で多様かつ変化の激しいアプリケーション環境を同時に管理できます。

Watson Works: より安全で、よりスマートな職場復帰

IBM Watson Worksは Watson AIのモデルとアプリケーションを使用して、変化する職場環境での従業員の健康と安全、生産性を保護するのに役立つ洞察を提供します。

職場の安全サービス

IBMはお客様と連携して、業界のニーズと環境に基づいてカスタマイズしたソリューションを構築し、数週間でユースケースをテストした後、ソリューションをグローバルに拡張して、安全な作業環境を作り出すのをお手伝いします。

職場の安全に関するユースケース

密集度の管理

新型コロナウイルス感染症やその他の空気中に浮遊するウイルスの拡散を防止するためには、密集度を低く抑える必要があります。カメラの視野に存在する人の数から得られる洞察を活用することで、企業は特定の空間内に存在する人の密集度を監視できます。

体温の上昇のモニタリング

AIベースのリアルタイム・ビデオ分析機能を活用すると、サーモカメラまたは赤外線(IR)カメラを施設の入口に設置して体温を調べ、高熱が記録されると警報を発信して、その人が他の人に危険を及ぼさないかを評価・確認できます。

フェース・マスクの検出

安全な職場復帰と健康に関するガイドラインの遵守を達成するためには、企業は個人がフェース・マスクを適切に着用しているかどうかを判断できなければなりません。光学カメラなどのエッジ・デバイスにAIベースのリアルタイム・ビデオ分析機能を組み込むことにより、フェース・マスクを検出できます。

ソーシャル・ディスタンシングの評価

戦略的に定義されたスペーシングを確保することにより、空気中に浮遊するウイルスを伝染させるリスクを軽減し、エッジ対応のテクノロジーにより、空間内に存在する人の数が増えてもその空間を安全に保つことができます。

参考情報

安全な職場復帰に関するWebセミナー

IBM Maximo Worker Insightsが、人々が職場に復帰する際に、職場の安全性を確保するための分析的な洞察をどのように提供するのかをご覧ください。

IBMとSamsungを利用して迅速に職場復帰

IBMとSamsungがどのように連携して、職場復帰する従業員の健康と安全、生産性を保護するのかをご覧ください.

職場の安全性の向上

職場でより安全な手法やコンプライアンスを促進するための洞察を提供して、エッジコンピューティングがどのように事故を防止するのかをご覧ください。

次のステップ