概要

世界の公共インフラの多くが耐用年数に達しているか、耐用年数を超えており、世界中で100万を超える構造物の改修費は2兆米ドルとされています。それは、市民が日常生活を滞りなく送れるようにするための、重要な経済成長イニシアチブです。

Maximo Application Suiteの拡張機能であるIBM® Maximo for Civil Infrastructureは、デジタル・インテリジェンスとエンジニアリングのノウハウを融合します。オペレーターが安全にインフラストラクチャー資産のモニター、管理、保守を行い、障害を予測して、修理の優先順位付けを行うのに役立ちます。

メリット

統合された1つのスイートでインフラストラクチャーを管理・モニター

AIとIoTを最大限に活用することで、チームが目視検査、リモート・モニター、予測保守などを使用して、リアルタイムで意思決定を行えるように支援します。

技術者同士のつながり

深い知識を有する従業員の力と、AIとA/Rを活用した支援を、最新のモバイル・プラットフォーム上に結集することで、あらゆる問題をいつでもどこでも解決できるようにします。

チームの統合

エンジニア、オペレーター、保守チームが、業務のために必要なモニター、保守、管理の機能を活用できるようにします。

インフラストラクチャー資産管理ソリューション

条件を基準とした資産保全により、運用のレジリエンシーと信頼性を促進します。CMMS、EAM、資産パフォーマンス管理のアプリケーションの活用を拡充することにより、状況の変化が起こっても、チームは、全社的に運用を一元化し、事業継続性を維持することができます。

IBM® Maximo Application Suiteの主要な機能:

  • アプリケーションの統合スイート
  • ライセンスの簡素化
  • マルチクラウド・デプロイメント
  • 資産の包括的なビュー

Maximo Application Suiteのインフラストラクチャー資産管理機能

資産パフォーマンス管理 (APM)

インテリジェントな資産の保守と運用に関する重要な洞察です。

リモート・モニター

資産と運用のための、エンタープライズ規模で高度なAIを活用したリモート資産モニター機能です。

予測保全

資産の正常性に関する洞察を使用した条件を基準として、保全の問題に先回りして対処します。

インフラストラクチャー資産管理のお客様事例

AIを使用してインフラストラクチャーのリスクを軽減

世界最大の公共インフラの所有/運用事業者であるSund & Baelt社は、IBM®がAIを活用したIoTソリューションであるIBM® Maximo for Civil Infrastructureを開発するのを支援しています。これは、老朽化していく橋、トンネル、高速道路、鉄道の耐用年数を延長するのに役立つソリューションです。

資産管理運用の改善

Metropolitan Atlanta Rapid Transit Authority(MARTA)は、資産とインフラの効率性、安全性、信頼性の向上を図るために、トンネル換気システムの資産から着手しました。MARTAが予測モデルへと移行し、ISO 55000認証を取得するうえで、IBM Maximoがどのように役立ったかをご覧ください。

よりスマートなインフラストラクチャーの創出

Atkins Global社は、世界中の公共セクターの顧客に、重要なインフラストラクチャーの設計、エンジニアリング、建設のサービスを提供しています。スマートかつレジリエントで市民中心のインフラ構築への、高まるニーズについて説明します。

参考情報

公共インフラ修復の新時代

世界中で、土木技術者は、新しい惨事に直面する前に、劣化して危険な状態にあるインフラストラクチャーを修復するべきだという警告を発しています。

よりスマートなインフラストラクチャーが重要な理由

デジタル・インテリジェンスとエンジニアリングの知識との融合により、持続可能な信頼性の高いインフラストラクチャーを生み出す、4つの意思決定領域について説明します。

AIを活用したインフラストラクチャーの管理とモニター

インフラストラクチャーの老朽化に伴い、政府機関は、重要なシステムを維持するためのより効率的な方法を必要としています。

次のステップ