Maximo Asset Monitorの発表:先進AIを活用した全社規模のリモート・モニタリング

エンタープライズ・アセット・マネジメントとは

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)とは、組織や部署あるいは地理的な枠を超えて、企業にとって重要な物理的、技術的、および人的な資産のパフォーマンス最大化と投資コスト最適化を実現するためのソフトウェア、システム、およびサービスです。

資産使用効率の最大化

IoTデバイスからのリアルタイムのデータ収集をサポートし、診断ツールや分析ツールを使用して資産の可用性、信頼性、および使用ライフサイクルを最適化します。 

老朽化が進む資産やインフラストラクチャーの管理

保守戦略を最適化することにより、機器のライフサイクルを延長します。リスク管理をビジネス・プロセスに組み込み、投資収益率を改善します。

資産管理を資産改善へ

IoTとAIで、資産パフォーマンスを最適化します。トラッキングやトレーサビリティーを活用し、適切な予防、予知、および先を見越した保守を実現し、安全、および環境に対する要件を満たします。

アプリケーション統合と戦略策定支援

組織内で使用されているさまざまな資産や管理プロセスを統合して標準化します。組織内の過去の知見を統合してAIで分析することで、資産関連の戦略策定を支援します。

トレンド

IDC調査でEAMリーダーに選出

「IDC MarketScape」調査で、IBM Maximoはクラウド対応アセット集約型EAMアプリケーション分野における世界的リーダーとして位置付けられています。

予防保守により、問題が発生する前に解決

予防保全を実現するソリューションが、安定運用と計画の実効性を高めます。不具合を顕在化し障害の発生を未然に防ぐことでシステム停止を回避し、生産に影響を与える問題を事前に解決します。

保守作業を行うエンジニア

企業の設備や機器、資産の情報をCMMSで一元管理

コンピューター化された保守管理システム(CMMS)によって、資産がどこにあるか、その資産に何が必要か、誰がいつその資産を使用するべきなのかを把握できます。これにより、重要な資産管理ワークフローが自動化され、どこからでもアクセスと監査ができるようになります。

タブレットを使用するコンピューター化された保守作業

よりスマートな資産の監視

センサーからのデータを監視・分析することで、機器や設備の状態の可視性を大幅に高めます。設備の耐用年数を延長させ、計画外のダウン時間を減らし、企業にとって重要な資産とリソースの運用効率をIoTデータから引き出し、予防保守スケジュールや代替計画を最適化します。

関連製品

IBM Maximo

インテリジェントな資産の保守と運用に関する重要な洞察です。

IBM Maximo Asset Monitor

全社規模でAIを活用したモニタリングを実現します。

関連ソリューション

お客様事例

アトランタ都市圏高速交通局(通称「マルタ」)の保全戦略

ジョージア州アトランタ首都圏の主要公共交通機関である「マルタ(MARTA)」は、資産パフォーマンス管理(APM)ソリューションをベースとして輸送資産管理システムを構築して、予知保全の実装を進めています。
これにより、資産インベントリー、状態評価、業績評価および意思決定支援データマイニング、AIによる機械学習を通じて資産の信頼性を向上させ、コストの大幅削減が実現される予定です。そして機器とシステムの状況管理を一層スマートなものにすることでパフォーマンスを向上させていきます。

このソリューションの実用例

よくある質問(FAQ)

EAMとは

EAMとは、管理システム、ソフトウェア、またはソリューションを使用して、組織の物理的、技術的、および人的資産を制御、追跡、保守することです。EAMの主な目的は、資産の品質とパフォーマンスを最適化しながらコストを削減することです。

EAM管理が重要である理由

ほとんどの資産集約型業界の組織では、資産のライフサイクル全体にわたってその価値を最大化する方法に頭を悩ませています。EAMを使用すれば、幅広い物理資産および技術資産の品質、信頼性、および保守を追跡、評価、管理、および最適化することができます。その結果、組織は資産や管理プロセスを統合して標準化し、過去の知見を統合して分析することでより適切な資産関連の戦略を策定をできます。

EAMフレームワークとは

EAMフレームワークは、ISO 55000などの共通基準を使用して資産管理イニシアチブをガイドします。IBM Maximoは、離散資産または複雑な資産を管理するEAMのための統合されたアプローチを提供します。これにより企業は、分断を解消し、業務を全社的なビジネス目標に合わせて調整することができます。

EAMソフトウェアとは

IBM Maximoは、30年以上の長きにわたり、EAMソフトウェアを代表する製品として高い評価を受けている製品です。公益事業、石油・ガス、鉱業、製造、運輸、ライフサイエンス、ヘルスケア、原子力、およびサービス事業といった、複雑な業界のそれぞれのニーズに対応するためのオプションを備えた、資産管理のためのフレームワークを提供し、業務最適化を実現しています。

EAMの仕組み

EAMは、資産集約型の組織が、複数のコア機能(作業管理、資産管理、計画とスケジューリング、サプライ・チェーン・マネージメント、正常性および安全イニシアチブなど)を通じて資産を管理できるように設計されています。

CMMSとEAMの違いとは

EAMは、組織の物理資産のライフサイクル管理を中心とした一元管理基盤システムです。一方CMMSは、コンピューター化された保守管理システムを意味しており、EAMの1つの側面ではあるものの、組織の保守業務に関するデータの保守に重点を置いています。

EAMがよりスマートな意思決定をサポートする理由

現在の企業資産は複雑なエコシステム内でつながっており、モノのインターネット(IoT)から大量のデータを取り込んでいます。EAMは、過去およびリアルタイムデータを活用して洞察を引き出し、作業の自動化やより適切な意思決定を支援します。EAMが資産の最大活用と意思決定の最適化を支援することで、価値の好循環を生み出します。

EAMソリューションの導入で得られるビジネス上のメリット

IBM MaximoなどのEAMソリューションは、組織の資産管理を最適化するよう設計されており、以下に代表されるさまざまな領域において付加価値を生み出します。

  • 運用コストの削減
  • 設備のダウンタイムの短縮
  • インベントリーの保守や修理の削減
  • 保守業務の生産性向上
  • 生産計画重視による在庫管理の削減
  • 工程、インベントリー、その他サポート・サービスなど管理業務の効率化

IBM Maximoと、市場に出ているその他のEAM製品やソリューションとの比較

EAM市場を代表するソリューションの中で、AIとIoTを用い、パブリックSaaSに代表されるマルチクラウド環境やハイブリッド・クラウドアーキテクチャーに対応し、資産パフォーマンス管理(APM)まで完全に統合して提供しているのはIBM Maximoだけです。
2018年度版のガートナー社マジック・クアドラントにおいても、EAMソフトウェアのリーダーに指名され、実行能力とビジョンの完全性で最も高い評価を獲得しました。

IBM Maximoはどのように提供されますか?

IBM Maximoには柔軟な実装オプションがあります:オンプレミス・オファリングとSoftware-as-a-Service(SaaS)オファリングの両方が用意されています。