Where data becomes the world’s most essential ingredient

よりスマートで安全な食品サプライチェーンの需要はかつてない高まりを見せています。IBM Food Trust は変革をもたらすプラットフォームと革新的なアイディアでこれを実現します。

Food Trustは、食品システムが提供するデータを永続的、かつアクセスコントロールを伴った形で管理し、食品サプライチェーン全体の参加者をつなぐ、他に類を見ないネットワークです。

カスタマイズ可能な一連のソリューションによって、食品の安全性と鮮度を高め、無駄を最小限に抑えることでサプライチェーンの効率を上げ、ブランド価値を向上させ、最終的に収益に貢献します。

サプライチェーンの効率性

ボトルネックを排除して、サプライチェーンをスピードアップ。

ブランド・トラスト

安全性と品質に関する価値を向上。

食品の安全

安全性と規制への準拠性を確保。

Food Trust 参加のメリット

Food Trustについて

Food Trustについて

Food Trust とは何か、ブロックチェーン技術の活用方法、モジュールの柔軟性、管理、ネットワークとデータセキュリティー、オンボーディングとサポート体制について詳しく説明します。

Food Trustによる節約

Food Trustによるコスト削減

Food Trust への参加によって効率性を高め、コスト削減できる可能性があります。企業規模と業種を入力すると、年間コスト削減額見積もりと、食品リコール回避によるコスト削減額の概算を確認することができます。

Create the Food Trust you want

食品の所在と状態をトレースする必要があります。無駄を最小限に抑え、効率・持続可能性を向上させ、証明書から原産国を証明する必要があります。Food Trust はニーズに合う拡張可能な各機能を備えています。

Food Trustの価値

Golden State Foods社のCTOであるGuilda Javaheri氏は、Food Trust のサプライチェーンに対するインサイト、消費者から得た信頼、そして新たな価値について説明してます。

子供に与える食品がどこから来たのか元を知りたいと思うのは当然のことです。私たちは信頼に値する食品を求めています。

Nestlé社サプライチェーン・グローバル責任者、Chris Tyas氏

Food Trust でTrusted Providerに参加し新たなサービスを構築します

Trusted Providerプログラムへの参加によって、よりスマートな食品エコシステム構築のための次の一歩を踏み出します。

次のようなサービスをお客様に提供することに関心がありますか。

  • オンボーディング、統合、およびサポートを含む、付加価値サービス
  • Food Trustモジュールの統合による自社ソリューションの強化
  • ハードウェアおよび機器からのFood Trustモジュールへのデータのアップロード
  • Food Trustの新しい拡張モジュールの設計および提供

Food Trustの価値

Food Trustでブロックチェーン技術はどのように活用されているか

ブロックチェーン・テクノロジーの基礎、フード・エコシステム全体に及ぼすその影響と価値を4つの短い動画でご確認いただけます。

信頼性と透明性に対する需要の高まり: 食品のブロックチェーン

信頼性と透明性に対する需要の高まり: 食品のブロックチェーン

ブロックチェーンは新たな食品システムの基盤となり得るテクノロジーであり、さまざまな組織がそのユニークな利点を実感しています。

ブロックチェーンによる追跡で売り上げが大幅増(Carrefour社)

肉、牛乳、果物を農場から店舗まで追跡するブロックチェーン台帳技術の採用により、売上が増加しました。Carrefour社はブロックチェーンの利用を拡大して、買い物客の信頼を高めることを計画しています。

Albertsons社、Food Trustネットワークに参加

米国の食品・医薬品小売業最大手の1つであるこの600億ドル規模の企業は、大量のロメイン・レタスのサプライチェーンを追跡して、このブロックチェーン技術を試験運用しています。

FAQ

なぜブロック・チェーンを使用するのですか。

ブロックチェーンは、包括的なエコシステムを実現することで、トレーサビリティ、コンプライアンス、鮮度などのビジネス目標の達成を支援します。ブロックチェーン・ソリューションは、単なるテクノロジーではありません。エコシステムがこれまで、透過的、かつ変更不可能で、信頼できる方法によって情報共有できなかったために解決できなかったビジネス上の問題を解決することができます。他のレコードのシステムとは異なり、ブロックチェーン・テクノロジーは信頼できるデータのレコードを提供します。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビジネス・プロセスを合理化しながら、信頼と透明性を確立する新世代の取引の基盤を提供します。 

ビットコインなど、一部のブロックチェーン・ネットワークは公開されていて匿名です。誰でも参加でき、それらのネットワーク上で発生する取引を確認できます。これらのネットワークでは、通常、不正取引を防止するためにリソース集約型の計算が必要となります。 

一方、Food Trustのブロックチェーン・ソリューションは許可制であり、招待されたメンバーは誰と取引しているかを正確に把握できます。これは、現在ビジネス・パートナー様の間で行われている取引と同様です。また、参加者は、どのデータを誰が表示できるかを決定できるため、知る必要性に応じて情報を提供できます。スマートな契約もブロックチェーン上で実行され、ビジネス・ロジックが紛争の解決、契約の自動的な実行、および信頼性の構築を支援します。

Food Trustとは

IBM Food Trust™は、ブロックチェーン上に構築されており、より安全かつスマートで持続可能な食品エコシステムにより、ネットワークのすべての参加者に利益をもたらします。取引およびデータのデジタル化によって、生産者、加工業者、運送業者、小売業者、規制当局、および消費者を含むサプライチェーン全体での作業をより効率的に行うことができます。

このソリューションは、許可されたユーザーが、農場から店舗、さらには消費者までに至る、食品サプライチェーンの実用的なデータに即時にアクセスできるようにします。個々の食品アイテムの完全な履歴と現在の位置、さらに証明書、テスト・データ、温度データなどの付随情報は、ブロックチェーンにアップロードされるとすぐに利用可能になります。

このSoftware as a Service(SaaS)ソリューションは、拡大する食品システムを、妨害せずに、信頼できるようにするために機能するソリューションです。より安全な食品、より長い保存期間、廃棄物の削減、迅速なトレーサビリティー、共有情報へのより良いアクセスのための機能により、Food Trustはお客様が透明性と信頼性の新しい標準に適合できるようにします。

Food Trustは、さまざまな当事者によって入力されたデータをどのようにしてソリューションで使用できるようにするのですか。

Food Trustは、ビジネスとテクノロジーの両方の標準を活用して構築されています。すべての参加者に最大の価値とアクセスを確保するために、IBMのソリューションは、食品業界全体で既に導入されている標準(つまりGS1)や、Hyperledger Fabricなどのオープン・ソース・テクノロジーを活用しています。ビジネス・レベルとテクノロジー・レベルの両方の相互運用性により、Food Trustの参加者は、食品エコシステム全体で情報を交換できます。IBMは、業界のリーダー(例えばGFSI)と協力して、持続可能性、食品の安全性、品質保証のための業界標準を推進します。

ソリューションは安全ですか。

Food Trustは、食品サプライチェーンの取引データに対して、商業的に利用可能なものの中では最高レベルの改ざん防止保護を提供します。IBM Cloudの使用により、内部関係者の資格情報の不正使用からの独自の保護、マルウェアからの保護、ハードウェア暗号化鍵の保護が提供されます。 

以下の特長があります。 

  • シームレスなソフトウェアとブロックチェーン・ネットワークの更新による常時稼働の高可用性
  • 特権アクセスのない強化されたセキュリティー・スタックで、マルウェアをブロック
  • 24時間365日でブロックチェーンをサポート
  • ネットワークを完全に可視化するための組み込みのブロックチェーン・モニタリング
  • The Linux FoundationのHyperledger Fabricを採用

Food Trustではどのようなデータ・タイプを活用し、どのようなAPIを使用できますか。

APIとデータ・タイプの詳細については、開発者ゾーンをご覧ください。

誰がデータを所有するのですか。

ユーザーがアップロード、所有、管理します。

データはユーザーのものです。データは、Food Trustへのアップロード前にデータを所有していた登録済みの会社または組織によって所有されます。ユーザーは、どのデータを誰が表示できるかを管理する権限を設定できます。これはデータの所有者だけが決定できます。第三者によりアップロードされたデータは、元の所有者により所有されます。 

参加者を招待するにはどうすればいいですか。

すべての食品エコシステム参加者は、マーケットプレイスで購入できる階層型モジュールを介してFood Trustに参加できます。パートナーとつながり、どの情報を共有するのかを取引の定義時に定義することができます。Food Trustは、誰もがメリットを受けるビジネス上重要な情報に、ユーザーと利害関係者がリアルタイムで即時にアクセスできるようにします。

参加者はソリューションからどのような価値を見出しますか。

現在お客様は、データが使用可能な場合、店舗から農場まで2.2秒で追跡できます。さらなるビジネス価値や経費節減は、企業規模、ブランド価値、導入される製品の数とカテゴリーによって異なります。現在の参加者が確認している平均的な経費節減に基づいて作成されたFood Trust価値評価ツールを使用して、ソリューションの導入で得られる可能性のある潜在的な価値を見積もることができます。

Food Trustを使用するために必要な技術

Food TrustのアプリケーションはSaas (Software as a Service) ソリューションであるため、これらを実行するためにはブラウザーとインターネットへのアクセスが必要です。

また、データのアップロード、およびERPシステムとの統合に使用できるAPIも用意されています。詳細情報: 

Food Trustへのオンボーディングに必要なステップとは

Food Trustへのオンボーディングの開始手順:

  • 食品サプライチェーンの専門家とデータ統合専門家によるチームの結成
  • ご使用の設備および製品の特定
  • 製品シナリオの定義
  • データのアップロードおよび許可のセットアップ

実践ガイドが必要ですか。仮想ガイドによるオンボーディングのセッションでは、プロセス全体について専門家によるガイダンスを受けることができます。

食品サプライチェーンの専門家と始めましょう

お客様のニーズに合ったモジュールが見つからない場合、IBM Food Trustへの機能の追加ならびに構築をIBMのチームが支援します。お客様の要件についてご相談ください。