AWS向けIBMサステナビリティー・ソリューション
日々の業務にデータを活用し、サステナビリティー戦略を実行可能にすることで、利益と目標を達成します。
共創する価値の詳細を読む
IBMのサステナビリティー・ソリューション
AWSとIBM:共創がもたらす成果

AWSとIBMで、純利益とネットゼロのバランスを保ちます。環境、社会、ガバナンス(ESG)のデータとケイパビリティー を担当するリーダーは、より高い収益を生み出す可能性が43%高く、ESGへの取り組みで収益に大きな影響があると回答する可能性が52%高くなっています。1

中核的なビジネス・プロセスにデータを組み込むことで、ESGデータを可視化し、実用的なものにします。費用対効果が高くエネルギー効率に優れたAWSのクラウド・プラットフォーム上でIBMのサステナビリティー・ソリューションを活用することで、生産性を高め、コスト、廃棄物、排出量を削減しながら、規制要件を満たします。

IBM Maximo Application Suite as a Service

IBMは、Amazon Web Services社とのとのパートナーシップを通じて、クラウド・ファースト・プロダクトでIBM Maximoの革新的な機能を引き続き提供していきます。

AWS Marketplaceはこちら
ソリューション
IBM Envizi ESGデータの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化 IBM Envizi ESG Suiteは、エンタープライズESGデータの収集、分析、レポート作成が抱える課題と複雑さに対処します。GHG排出量を正確に計算してレポートを作成し、脱炭素化の目標に向けた進捗状況を追跡することで、データの持つ力を活用して成果を加速します。 詳細はこちら AWS Marketplaceはこちら

IBM Maximo 単一のプラットフォームでインテリジェントな資産管理、モニタリング、予知保全、信頼性を実現 AWS上のIBM Maximo Application Suite(MAS)は、AWSの拡張性、俊敏性、コスト効率性に裏打ちされた、先進の設備保全管理ツール・セットです。このソリューションにより、インテリジェントな設備保全管理、監視、予知保全が可能になり、より信頼性が高く持続可能な運用を実現しながら、重要な設備のパフォーマンスを最適化し、企業のワークフローを自動化できます。 詳細はこちら AWS Marketplaceはこちら
お客様事例

IBM Maximoの高度なメンテナンス機能が、トヨタ社のよりスマートでデジタル化された工場の構築にどのように役立っているかを紹介します。

GPT Group社

ESGデータ管理とレポート作成にAWS上のEnvizi SaaSを活用することで、GPT社はサステナビリティーへの道を切り開いています。

参考情報 AWSでインテリジェントな設備保全管理を行うメリット

設備保全管理を導入して運用設備を管理、監視、維持することで、より信頼性の高い持続可能な成果を実現します。

AIを活用したインダストリー4.0のデータ・インサイト

このCIO Magazineでは、メーカーが人工知能を活用してコストを削減し、障害やダウンタイムを最小限に抑える方法を説明しています。

インダストリー4.0と資産ライフサイクル管理クラウド

メーカーが、クラウド上の資産ライフサイクル管理によって、スマートな事業運営の時代に向けた再編成をどのように進めているかをご覧ください。

AWS向けサステナビリティー・ソフトウェアに関するブログ

IBMのAWS向けサステナビリティー製品が、環境への悪影響の低減にどのように役立つかをご覧ください。

品質に関する洞察を可視化するコンピューター・ビジョン

IBMの開発者向け記事では、AWSでIBM Maximo Visual Inspection(MVI)を使用して、検査時に問題を検知し、障害を食い止めるためのソリューションについて説明しています。

関連ソリューション IBM Environmental Intelligence Suite

気候や天候に関する洞察を得ることで、混乱をもたらす環境状況を予測し、リスクに事前に備え、より持続可能な運用体制を構築します。

IBMサプライチェーン・ソリューション

より回復力のあるサプライチェーンを構築することで、廃棄物を削減し、コストを低減して、環境の循環性を向上させます。

IBM TRIRIGA Application Suite

インテリジェントな資産管理と統合された職場管理システム(IWMS)で、ライフサイクル全体にわたる不動産ポートフォリオを管理します。

詳細情報はこちら
AWS Marketplaceはこちら

AWSで市場をリードするIBMのサステナビリティー・ソフトウェアを使用することで、組織はAIを活用した変革を加速しながら、サステナビリティーの目標を実現できます。

詳細はこちら
お問い合わせ

AWSのメリットを活かしたIBMのサステナビリティー・ソフトウェアの利用について、お気軽にお問い合わせください。

脚注

1 「ESGデータの難題」、Biswas、Goos、Dencik、IBM Institute for Business Value、2023年