導入部

プロセス・マッピングとは

プロセス・マッピングは、すべての自動化戦略における最初のステップです。これにより、技術員ではない人たちもフローチャートを作成することで、プロセスの状況を見ることができます。

プロセス・マッピングが重要である理由

非効率的なプロセスでは時間と費用がかかります。プロセス改善のオポチュニティーは、ボトルネック、複雑さや理解不足があると気付きにくいものです。プロセス・モデリングでビジネス活動の可視性を向上させ、効率を大きく高めることができます。

実際の動作を見る

メリット

サイロの除去

組織をまたいで対象分野の専門家と共にプロセスの文書化、設計に取り組みます。

ビジネス業務の最適化

既存のプロセスを迅速・簡単に分析し、改善対象の領域を特定します。

一元化された正確なコンテンツを維持

プロセス・マップを共通ツールに保管して、ビジネス活動に関する更新済みレコードを維持できます。

どのプロセスをマップしますか?

既存のプロセスに関する以下の質問に答えれば、次のステップをガイドします。

  • どのプロセスでお客様の不満を招きましたか?
  • 明らかに問題があるのはどのプロセスですか?
  • コストまたはボリュームが高いのはどのプロセスですか?
  • 手操作による介入がかなり必要なのはどのプロセスですか?
  • 従業員は手動で意思決定を行い、不整合エラーを起こしていますか、または間違ったポリシーを適用していますか?
  • 自動化したいビジネスの領域がありますか?

 

プロセス・マッピングを最大限に活用する方法をお読みください(英語, IBM外部へのリンク)→

プラットフォーム

すべてのタイプの作業を大規模に自動化するための、プラットフォームの機能のフル・セットを活用します。