導入部

インテリジェントな自動化とは

システムが大量のデータを収集して理解し、そのデータを使用してビジネス・プロセスの管理と改善を行う場合、それを自動的かつ継続的に、学習しながら行うのがインテリジェントな自動化です。

プラットフォームはどのようにインテリジェントか

プラットフォームは、AIを組み込むことで中核の自動化機能を拡張し、組織が従業員の生産性とエンゲージメントを大幅に向上させるのを支援します。

  • 費やされる時間、付加される価値、必要なスキルに基づいてジョブ・アクティビティーを評価し、影響の大きい自動化の機会を特定する。
  • ジョブ・アクティビティーを自動化または増強するデジタル・ワーカーを生成する。
  • ガードレールを使用してデジタル・ワーカーを安全に管理する。
  • パフォーマンスとビジネスへの影響を測定する。

利点

効率性と有効性

作業を練り直し、自動化プロセスと人によるプロセスを混合して、効率を上げて人を解放し、自動化できない重要な仕事を担えるようにします。

信頼と管理

組み込みのガードレールで、自動化を運用するための条件を定義し、制御します。ビジネス・ユーザーは、AIのパフォーマンスをモニターすることもできます。

成長と拡大

インテリジェントな自動化によって実現された革新的なビジネス・モデルを使用して、新しい収益ストリームを作ります。AIは従業員の有効性を向上させることもできます。

インテリジェントな自動化が最も有益な場合とは

以下の条件に当てはまる場合に、インテリジェントな自動化プラットフォームに適した候補となります。

  • 従業員が、反復作業に多くの時間を費やしている。
  • お客様の要求、懸念や問題のすべてに適切に対処するのに十分な人員がいない。
  • ビジネス目標の年次増加に合わせるために、リソースを増やす必要がある。
  • 最も実力ある人の専門知識をチーム全体に拡張できない。

運用データの収集と理解

AIを適用する前に、データを整えて1カ所に置く必要があります。IBMの自動化ソフトウェア・プラットフォームを使用すると、そのオペレーショナル・システムによって生成されたすべてのイベントを取り込み、重要業績評価指標(KPI)に集約して、ビジネス・オペレーションのリアルタイム・ビューを活用しやすく提示することができます。

AIデジタル・ワーカー

自動化とAIを組み合わせることで、データ入力など能力を発揮する余地の少ない作業を自動化し、意思決定のような影響の大きい業務をサポートする、デジタル・ワーカーを構築して管理できます。

プラットフォーム

すべてのタイプの作業を大規模に自動化するための、プラットフォームの機能のフル・セットを活用します。