AIのためのIA(情報アーキテクチャー)

企業がAIの可能性を活用しようとする場合、多様なソースから得られるデータを使用し、最高クラスのツールとフレームワークをサポートし、さまざまな環境にわたってモデルを実行する必要があります。 ただし、IDCによると、 ビジネス・リーダーは時間の1/3を、AIで必要とされるデータ統合とデータ準備のために費やしています (IBM外部へのリンク)。 

AIの運用がうまくいかない原因の大部分は、データの収集と整理の不備にあり、AIモデルそのものではありません。 簡単に言えば、情報アーキテクチャー(IA)なくしてAI は存在しない、ということです。

AI用に設計された情報アーキテクチャーがあれば、企業はデータ・サイロを解消し、データとAIのライフサイクルを自動化して管理し、場所を選ばず俊敏に稼働させることができます。最終的には、信頼性と透明性のあるAIを運用することが可能になるのです。

注目のお客様事例

拡張性に優れたデータ・インフラストラクチャーで柔軟性を高める

RSG Media社 Db2活用事例:メディアプランをDb2 Warehouse on Cloudで革新(1分25秒)
IBM YouTube Icon

RSG Media社とIBM: IBM Db2 on Cloudを使用したメディア・プランの大変革(01:27)

拡張性に優れたデータ・インフラストラクチャーで柔軟性を高める

構造化されていない複雑なビッグデータから洞察を引き出します。

トランザクション・データや運用データに容易にアクセス

Owens Illinois社とIBM:   OracleデータベースからIBM Db2への移行のメリット
Play Icon

Owens Illinois社とIBM: OracleデータベースからIBM Db2への移行のメリット(02:53)

トランザクション・データや運用データに容易にアクセス

データ管理プロセスとテクノロジーを最適化しながら、AI導入を推進します。

ビジネス対応データから市場機会を把握

Standard Bank:   組織全体でデータを活用できるようになることで、成長が促進されレジリエンシーが向上
Play Icon

Standard Bank: 組織全体でデータを活用できるようになることで、成長が促進されレジリエンシーが向上(01:48)

ビジネス対応データから市場機会を把握

適切に管理された信頼性の高いデータを得るための3つの方法が、 新たな収入または節約を実現し、収益化につながるための入り口となります。

ツール、プロセス、人材の統合

UNEP(国連環境計画機関)は世界の海岸を保護するために、ツール、プロセス、人材を統合
Play Icon

UNEP(国連環境計画機関)は世界の海岸を保護するために、ツール、プロセス、人材を統合(02:21)

ツール、プロセス、人材の統合

データとAIの統合プラットフォームにより、時間を節約しコストを削減してリスクを軽減する3つの方法があります。

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。