統一的なガバナンスと統合(UG&I)とは

データガバナンスとは、データを企業資産と考え、汚れているデータによって生じている問題を、データを統制しきれいにすることによって解決しようとする考え方です。データの価値を最適化するために必要となるさまざまなプラクティスを導入し、企業がデータに基づいてより良い意思決定を行えるようにします。統一的なガバナンス戦略によって、構造化データだけでなく非構造化データにも秩序がうまれます。貴社のデータは信頼できるデータでしょうか?洞察とインテリジェンスを生み出すビジネス資源となっていますか?

IBMのUnified Governance & Integration (UG&I)のプラットフォームとソリューションは、データが正確なものかどうか、すべてのデータ・ユーザーが使用できるかどうかを把握できるようにします。同時にデータを信頼できるものとし、AI活用を含めたビジネスの変革とイノベーションにデータを活用できるようにします。

オープン・データ・プラットフォームの柔軟性とクラス最高のセキュリティーおよびガバナンスをベースにしており、あらゆる規模の、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境などあらゆるプラットフォーム上で、企業の要求にこたえる信頼できるアナリティクスのためのデータ・プラットフォームを構築できます。

IBMが解決する課題

データレイクのカバナンス

データ統合、データ品質、データ可用性などの考え方をデータレイク環境に組み込み、データ探索や洞察のための分析を加速し、データ・スワンプ(沼地)を回避します。

エンタープライズ・データウェアハウス(EDW)のオフロード

EDW上のデータおよびETLのワークロードをデータレイクまたはHadoopにオフロードすることによって、データ統合、品質、ガバナンス機能を高め、分析のための信頼できるきれいなデータが維持できるようになります。

GDPR(一般データ保護規則)

企業内にある個人データを把握し、データ保護を加速できるようIBMがご支援します。

データ・ドリブンな洞察の実現

信頼できるデータに対する価値の高い全方位的な視点により、あらゆるデータ・ユーザーならびにビジネス・リーダーが洞察とインテリジェンスを導けるよう支援します。

スポットライト

AIを活用した分析に向けたデータ活用はどうあるべきか?

ビッグデータを収集・分析してビジネスに活用しようという機運が高まる中、データの品質や整合性に課題を抱える企業が増えています。そうした課題の解決策として “データ・カタログ”という手法があります。

IBM InfoSphere Information Server

データ統合、データ品質、データ・ガバナンスの機能をオールインワンで提供するUG&Iのソリューションである IBM InfoSphere Information Serverはデータをビジネス資源として活用したいお客様のデータ活用をサポートします。

IBM Information Governance CatalogおよびWatson Knowledge Catalog

IBMは、IBM Information Governance Catalogの機能と、お客様の企業の統一知識カタログの構築に使用するメタデータの活用のために設計されたIBM Watson Knowledge Catalogの革新的なユーザー・エクスペリエンスとを連携してお届けします。

ソリューション

データ統合

構造化データだけでなく非構造化データも加工・変換して、スケーラブルなビッグデータ・プラットフォームにより、あらゆるシステムにデータを届けます。

データ・ガバナンス

構造化データと非構造化データのカタログ化と管理、データの来歴(リネージュ)の追跡、ポリシーとルールの適用などによりビジネスにおける確かな洞察が可能になります。

マスター・データ管理

顧客データに対する信頼できる単一の全方位的視点を確立することにより、ユーザーがセルフサービス分析で洞察を見いだせるようにします。

データ品質

組織全体にわたって、データをきれいにし、信頼できる品質の高いデータとして活用できるようにします。

データ複製

信頼できるデータ同期(変更データ収集機能を含む)と可用性を提供します。増大するデータにも効率的に対応しながら、最新の情報の活用により収益を向上させます。

情報ライフサイクル・ガバナンス

情報ライフサイクルを効果的に管理し、コストとリスクを回避してデータからさらに多くのビジネス価値を得るする方法について説明します。

リソース

データ統合ツールに関するガートナー社マジック・クアドラント

10年以上にわたってIBMがデータ統合に関するガートナー社マジック・クアドラントでリーダーとして位置付けられている理由を説明します。

データ品質ツールに関するガートナー社マジック・クアドラント

IBMがデータ品質に関するガートナー社マジック・クアドラントでリーダーとして位置付けられている理由を説明します。

メタデータ管理ソリューションに関するガートナー社マジック・クアドラント

メタデータ管理ソリューションのマジック・クアドラントでIBMがリーダーとして位置付けられている理由を説明します。

Forrester Wave: ビッグデータ・ファブリック

Forrester社は、IBMを含む最も重要なビッグデータ・ファブリック・ベンダー15社を特定し、それらのベンダーを調査・分析して26の基準に対してスコアリングしました。

お客様成功事例

ニッセイ情報テクノロジー株式会社

保険業の財務・資産運用で求められたデータ・ガバナンスの強化とデータ活用の効率化。

ヤマトシステム開発株式会社

ユーザーからの突発的なデータ集計依頼の対応にIBM InfoSphere DataStageを採用。データ集計プログラムの開発時間が8時間から1時間に短縮。

株式会社北洋銀行

分散した顧客情報の一元化。顧客情報の統合を実現し、営業現場の情報提供と本部でのデータ分析に基づく戦略立案に活用。


データ活用にまつわる課題をお持ちではありませんか?
IBMはデータ活用のための多様なソリューションを幅広く揃え、ご要望にお応えします。
データ活用に関するご相談・お悩みがございましたら、お気軽にエキスパートにお問い合わせください。

電話番号: 0120-550-210            識別コード:Analytics