ファストデータとは

ファストデータとは、モノのインターネット(IoT)やイベント・ドリブン・アプリケーションなどを通じたストリーミングから通常発生し、迅速なビジネス上の意思決定を行うために素早く分析されるリアルタイム・データを指します。Forrester社が行った最近の調査によると、調査対象企業の75%超が既にファストデータ・ソリューションを使用しています。調査対象企業の88%は、保管されているストリーム・データをほぼリアルタイムに分析する必要があると回答しています。Forrester社のインフォグラフィック、「The Future Of Data, Make It Fast」(PDF、453KB)で、調査データの概要をご覧ください。

IBMは、リアルタイム・データと履歴データの同時分析を可能にする、組み込みのリアルタイム分析、AI、機械学習のツールを備えた、ファストデータのためのデータベースを提供します。このアプローチにより、企業は、ファストデータを最大限に活用して、より深く素早い洞察を得ることができます。

IBMの先進の高速データ製品、IBM Db2® Event StoreとIBM Streamsは現在、Red Hat® OpenShift Container Platform上に構築された完全に統合されたデータとAIのプラットフォームである、IBM Cloud Pak™ for Dataに組み込まれています。詳細を動画でご覧ください(英語,1分55秒)。

IBMのファストデータ製品

IBM Db2 Event Store

IoTやストリーム・イベント・データ用のこの高速データベースによって、リアルタイム分析と機械学習を、より迅速に実行できます。 

お客様の固有のニーズに対応するプラットフォームのカスタマイズをサポートするために、IBM Db2 Event Storeも基盤の一部として、他の基本的なサービスとともにIBM Cloud Pak for Dataに組み込まれています。

IBM Streams

オンプレミスまたはIBM Cloud™で使用可能なIBM Streamsは、あらゆるソースからの継続的に使用可能なデータを分析し、ビジネス・チャンスを迅速にとらえるのに役立ちます。IBM StreamsとIBM Db2 Event Store間のコネクターを活用して、超高速オブジェクト・ストレージによるデータの永続性を実現します。

お客様の固有のニーズに対応するプラットフォームのカスタマイズをサポートするために、IBM Streamsも基盤の一部として、他の基本的なサービスとともにIBM Cloud Pak for Dataに組み込まれています。

 

「IBMソリューションのおかげで、糖尿病患者が自身の疾患をよりよく管理できるように、タイムリーなアドバイスを提供できるようになりました。これにより、病院への受診の回避、生活の質の向上、医療費の削減を実現できる可能性があります。」

- Medtronic社、Data and Informatics Innovation, Diabetes Services and Solutionsの責任者、Huzefa Neemuchwala氏

                                

お客様の成功事例をさらに見る

ファストデータを使用したリアルタイム分析に関するリソース