#analytics

ファストデータがもたらすよりスマートな分析

デジタル・ビジネスでは、チャンスや脅威を迅速に特定しそれらに対応できるよう、イベント・ドリブン・アプリケーションが実装されつつあります。ストリーム分析をしのぐこれらのアプリケーションは、ファストデータを活用し、リアルタイム・データと履歴データを並行して分析し、より深い洞察とより優れた対応を実現することができます。

ファストデータはビジネス・アナリティクスをより優れたものに変えることができます。統合開発環境、組み込みのデータ・サイエンス機能や機械学習とファストデータを組み合わせることで、新時代のイベント・ドリブン・ビジネス洞察やビジネス・チャンスを実現しつつ、複雑さを軽減することが可能になります。

主要な機能

Speedometer Iconography

柔軟性

共有のためのオープン・データ・フォーマットを使用して、インメモリーHTAPデータベースを最適化します。Spark Streaming、Spark分析、IBM Streams、Kafka、Scala、Java、IBM Big SQLおよびPythonへのアクセスで、統合イベント・データ管理を実現します。 

Lightbulb iconography

よりスマートに

内蔵された機械学習とデータ・サイエンス機能を適用して、イベント・ドリブン・アプリケーションでよりスマートな対応を可能にします。IBMのファストデータ機能を使用すると、受信データと履歴データの両方についてリアルタイムで拡張性の高い分析を行うことが可能になります。

Data connection iconography

高速性と信頼性

3つのノードを使用して、1日に2,500億以上のイベントを収集、保管、および分析します。この高性能な機能は、ノードの追加で直線的に拡大することが可能で、リアルタイム・アクセスをサポートする高可用性を提供します。

主な製品

IBM Db2®Event Store

リアルタイムの分析を実行しながらイベント・データを大量に取り込めるよう設計された、インメモリー・データベースです。IoTソリューション、支払い、物流、Webコマースなどのイベントにより駆動するアプリケーションをサポートする分析機能を備えており、イベント・ドリブン・データの処理に最適です。柔軟性があり拡張が容易で、ビジネス・ニーズの変化に長期にわたり迅速に対応できます。データ・サイエンス・ツールや機械学習の統合が含まれています。

リソース

お問い合わせ

データ活用にまつわる課題をお持ちではありませんか?
IBMはデータ活用のための多様なソリューションを幅広く揃え、ご要望にお応えします。
データ活用に関するご相談・お悩みがございましたら、お気軽にエキスパートにお問い合わせください。

電話番号: 0120-550-210            識別コード:Analytics