データ複製とは?

データ複製(レプリケーション)とは、データ量の増加を効率的に管理できるよう、信頼できるデータの統合と同期を提供するための機能です。変化し続けるデータも収集し、ビッグデータ・システムやモバイル・アプリケーションを充実させることによって、DataOpsのリアルタイム情報の利用を強化します。 

IBMのデータ複製ポートフォリオは、大量データを極めて低遅延にサポートします。データセンター全体にわたって、オンプレミスからクラウドまで、マルチサイトのワークロード分散と連続可用性という点で理想的なソリューションです。データレイク、データウェアハウス、データマート、影響を受けたソリューションで正しいデータをご利用いただけるよう、リソース活用の最適化と迅速なROIを実現し、さまざまなソースやターゲット、プラットフォームに堅牢に対応します。 

データ複製の利点

ビッグデータ・イニシアチブのための簡素化されたリアルタイム・データ統合

Kafkaや、HortonworksなどのHadoopディストリビューションとの統合を可能にする、高性能で直接適用可能な新機能を利用できます。

 

 

俊敏で影響の少ないデータ統合

データは、データベース照会を発行したりトリガーを導入したりせずに、データベース・ログから収集されます。これにより、データウェアハウス、運用データ・ストア、およびデータレイクへのトランザクション・リレーショナル・データの動的、継続的、増分デリバリーのための、影響が少なく拡張が非常に容易な企業向けのデータ複製プラットフォームが実現します。 

高可用性と継続的なデータ保護

基幹業務の運用システムから使用可能なバックアップ・システムへの継続的なデータ複製とデータ同期により、計画的ダウンタイムや計画外ダウンタイムでもシステムの連続可用性を提供します。

スポットライト

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。