データ複製

リアルタイムのデータ・デリバリーを実現し、より優れた洞察を引き出します。

ストレージ仮想化

概要

データ量増加の管理

企業はデータ複製を利用すると、データ量の増加を効率的に管理できます。データ複製では信頼できるデータの統合と同期化のための機能が提供されます。 ビッグデータ・システムとモバイル・アプリケーションを充実させ、常に変化するデータも収集することで、DataOpsのリアルタイム情報の使用を強化します。

IBMデータ複製ポートフォリオは、極めて低いレイテンシーで大量データをサポートしています。そのため、データセンター全体、オンプレミスからクラウドまでのいずれにおいても、マルチサイトのワークロードの分散および連続可用性という点において理想的なソリューションです。 ソース、ターゲット、プラットフォームに対する堅牢なサポートにより、データレイク、データウェアハウス、データマート、影響を受けるソリューションで、適切なデータを確実に利用できるようにしながら、リソース活用の最適化と迅速な高いROI達成を実現します。


メリット

データ複製はどのように役立つか リアルタイム・データ統合の簡素化 KafkaおよびHadoopとの統合のための高性能な機能を活用しています。 影響の少ない統合を実現 データは、データベース・ログから直接収集され、データレイクに動的にデリバリーされます。 連続的なデータ可用性 操作を複製してバックアップ・システムに同期化し、連続的な可用性を確保します。

ソリューション

データ複製ソリューション


参考情報

次の ステップ

お問い合わせ:数千社のお客様と連携して、データ、分析、AIに関する優れた戦略を構築してきたエキスパートにご相談ください。

データ複製コミュニティーに参加する

エキスパートや同業者とつながることで、専門知識を強化し、問題を解決し、洞察を共有できます。