IBM Cloud Pak® for DataがIBM ZとLinuxONEをサポートするようになり、極めて安全性が高くレジリエントなプライベートクラウド内でエンタープライズ・データを迅速に活用できるようになりました。

ハイブリッドクラウド環境でのIBM Zの活用

IBM Z®上のデータとAIのテクノロジーにより、データの生成、洞察、意思決定におけるギャップを解決し、よりスマートなビジネス成果を達成できます。エンタープライズ・データを移動することなく、安全性の高い環境で利用できます。このアプローチを採用すると、デジタル・トランスフォーメーションに不可欠な最新のエンゲージメント、分析、AIのためのアプリケーションを経済的に提供できます。

参考情報

エンタープライズ・アナリティクスと機械学習のためのソフトウェア

IBM Zの詳細情報

最新のIBM Z

リアルタイム分析のためのこのプラットフォームを導入すると、データ・プライバシーとセキュリティーの要件を満たしながら必要なクラウドを活用できます。

IBM Zソフトウェア

メインフレームのレジリエンシーとセキュリティーを使用して、より迅速に洞察および実装を実現する方法をご覧ください。

メインフレームの機能

ハイブリッド・マルチクラウド環境全体にプライバシー、セキュリティー、レジリエンシーを拡張することで、基幹業務アプリケーションとデータを保護できます。

コミュニティーに参加する

IBM Zには、アイデアを交換し、共通のトピックに基づいて交流し、専門知識を深める有益なコミュニティーがあります。今すぐ参加する

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。