香山 稜河 開発第一本部 開発第三部 業務システム開発担当 2019年入社

100%エンジニアになれる会社

歴史好きで、大学では経済史を学んでいたという香山が、就職活動を始めたのは大学3回生の3月。経済学部ということで、初めは金融機関から活動を始めたが、IT企業のサマーインターンに参加して、システム開発の面白さを知る。最終的にりそなデジタル・アイに入社を決めたのは、自分の興味があった「金融とIT」の両方に関わる仕事ができることと、100%エンジニアになれる会社だと確信したから。

― 他の会社は、文系出身者は技術職である程度経験を積んだ後、営業職などにつくケースが多かったのですが、りそなデジタル・アイでは文理を問わずシステムエンジニアとして活躍し続けることが出来ると思いました。

幅広いスキルが身につく新入社員研修と頼りになるアドバイザー

新入社員研修では、集合研修、e-learning、通信教育など、様々な形態で幅広い知識を身につけることができました。入社前はITの知識がほとんどなかったので、今まで知らなかったことを学び、自分の知識がどんどん増えていくのが、楽しかったですね。りそなデジタル・アイでは、新入社員のアドバイザーとして先輩社員がマンツーマンで指導してくださるのですが、研修の中にはアドバイザーの皆さんが企画されたものもありました。アドバイザーの先輩社員は年齢が近いこともあって何でも相談しやすく、入社後の不安を素早く解消することができました。IBMの研修は、最先端のITスキルはもちろん、ビジネスマナーやダイバーシティなどのヒューマンスキルについての研修も多く、幅広く社会人としての基礎を学ぶことができたと思います。

かけがえのない仲間との出会い

IBMの集合研修は幕張で行われるのですが、近くにディズニーランドがあるので、研修終了後に同期で何度か遊びに行きました。たまたま研修と誕生日が重なった時には、同期がディズニーでお祝いをしてくれました。社会人になって出会った人とこんなに仲良くなれるとは思っていなかったのですが、仕事をする上でも色々と腹を割って話ができる10人の同期は、私にとって本当に貴重な存在です。

↑社員一覧に戻る

 

 

谷口 俊介 技術本部 技術第一部 オープン系基盤担当 2006年入社

入社の決め手は 充実した新入社員研修制度

高校時代に初めてプログラミングを体験し、ITの面白さを実感したという谷口。情報系の学部に進学し、IT企業に絞って就職活動を行った。大学で身につけたスキルを活かしたいと思う一方で、様々な企業の説明を聞いて、自分のスキルが社会でどこまで通用するのか不安を感じるようになる。そんな中で、約半年間じっくりと時間をかけて、社会人としてのマナーから、IT、金融の業務知識まで幅広く学べるりそなデジタル・アイの新入社員研修に魅力を感じた。

― 「この会社なら、自分を一人前のSEに育ててくれる。」と感じたのが、入社を決めた一番の理由です。

システムが動く土台を作る

入社後は技術部門に配属され、システムが動く土台を作る仕事をしています。新規案件では、システムに必要なハードウェアとソフトウェアの構成を検討し、発注から導入まですべての作業を行います。保守案件では、現在稼働しているシステムのCPUやディスクなどの使用状況を確認し、ピーク時でも安定稼働できるよう、必要に応じて構成を見直します。チームで複数のシステムを担当しているので、色々なシステムに関わることが出来るのが面白いですね。自分が担当したシステムが利用されているところを見るのは、とても嬉しいです。

理想のリーダー像を目指して

1年前からDL(デリバリー・リーダー)として、チームを取りまとめる立場になりました。メンバーは7人いるのですが、できる限り視野を広くして、全員に声をかけるように気をつけています。これまで必要とされてきたSEとしてのスキルに加えて、DLとしてチームを引っ張っていく統率力やプロジェクトマネージメントのスキルが求められるようになりました。リーダーとして目標にしている人が社内に何人かいるので、その人たちに少しでも近づけるように、日々努力しています。

↑社員一覧に戻る

井田 みゆき 開発第一本部 開発第三部 スマホアプリ開発担当 2005年入社

分野は異なっても 論理的思考は活かせる

大学では合唱部で、週3回の練習と年に数回の演奏会や合宿もあり、忙しい毎日を送っていたという井田。法学部に所属していたものの「大学でやっていたこととは全く別のことをしたい。」そんな思いで就職活動をスタート。モノづくりが好きで、論理的なところが自分に向いているのではと、IT系を中心に活動した。法律とIT、一見全く異なる分野のように思えるが、ある事象についていくつかのパターンを想定し、一つ一つのケースについて筋道を立てて論理的に考えていくところは、意外と似ているのかもしれない。

お客様ためにベストを尽くす

― 入社後は市場取引チームで、外国為替、デリバティブ、市場リスクなどを管理するシステムを担当した後、東京に赴任してネット銀行の基盤更改のプロジェクトにも参画しました。現在は、160万ダウンロード数を超える「りそなグループアプリ」を担当しています。りそなグループアプリは、短期間で複数回のリリースを繰り返すアジャイル型の開発手法をとっているため、これまでのプロジェクトとはスピード感が全く違います。多くのお客様にご利用いただいているアプリなので、開発の要件も刻々と変化していきます。これまでは完璧にやらないといけないという意識があったのですが、時間をかけて完璧なものを作るより、お客様が求めているものを出来る限りスピーディーにご提供することが求められるシステムなので、最近は完璧を追求するよりも、ベストを目指すように考え方もシフトしてきました。

人の良さがりそなデジタル・アイの魅力

りそなデジタル・アイの良いところは、何といっても「人が良い」ところ。関西という土地柄もあるのかもしれませんが、ボケとツッコミがあって笑いの絶えない職場です。フレンドリーな人が多いので、若手社員も分からないことは質問しやすい雰囲気です。私の部署にも1年目の社員が1人と2年目の社員が2人いますが、色々と質問しながら日々成長していると思います。

↑社員一覧に戻る

Yoshinori Kida 開発第二本部 開発第四部 業務システム開発担当 2004年入社

目指すは、金融とIT

文学部考古学専攻、これが私の学生時代でした。
就職活動は2003年、就職氷河期、採用状況は厳しく内定が出れば御の字。
でも、これから始まる長い社会人生活、安定した職に就きたいという思いから、「将来に亘って不可欠で発展し続けるもの」は何かと考え、縁も所縁もなかったIT企業への挑戦を決めました。多くのIT企業をまわる中で、普段の生活で利用したことのある銀行のシステムを身近に感じ、金融系IT企業を目指すことにしました。

決め手は、充実した研修制度

聞き覚えのある銀行のシステム会社を手あたり次第受けました。
「文系理系問わず活躍しています。」と、どの会社でも耳にしましたが、ITスキル皆無の私は「本当に文系でもやっていけるの?」と半信半疑、運よく選考が進んでいた会社の中で充実した新人研修制度が決め手となり、入社を決意しました。
中堅・ベテランといわれる年次になった今も社内の研修制度を利用し、ITスキルだけでなく、コミュニケーションスキルやリーダーシップ、コンピテンシーといった様々な面で成長できています。

やりがいは、十人十色

当社はシステム構築における企画提案から開発運用までを業務範囲としており、必要とされている人材・スキルは多種多様です。分野でいえば、アプリケーション、インフラ、ネットワーク、セキュリティ等々、役割だとプログラマー、システムエンジニア、アーキテクト、プロジェクトマネージャーといった具合です。
これらの違いについては別の機会に説明するとして、多くの選択肢があることで、自分に合ったキャリアの実現、そして、やりがいの創出が可能だと思っています。私は今、プロジェクトマネージャーとしてシステム構築の計画を立て、プロジェクトを適正に進めるために日々奮闘しています。その中で、一人では到底実現できないことでもチームを有機的に結びつけることで実現できてしまうところに面白みを感じています。
 

↑社員一覧に戻る