RBITSの役割

(株)地銀ITソリューション(RBITS)は、2004年4月1日に設立されました。日本アイ・ビー・エムが参加行様から受託した地銀共同化システムの開発、保守、運用業務の受託を主な事業内容としています。

RBITSは、地銀共同化システムに参画する、参加行様(※)、三菱UFJ銀行様、日本アイ・ビー・エムの3つの活動主体が、それぞれの優位性を組み合わせて、新たなビジネス価値を創造する場として設立されました。

参加行様のそれぞれのお客様に密着した業務ノウハウや独自商品、サービスのイノベーションが、RBITSの活動の目標となります。三菱UFJ銀行様のメガバンクの情報システムパッケージは、RBITSが開発、保守、運用するシステムの基礎となります。日本アイ・ビー・エムは先進の情報技術やシステム構築のノウハウを提供し、RBITSの品質を支えます。RBITSは、これらの3つの資源を有機的に組み合わせ、多様化するお客様ニーズへ的確に対応し、法改正やビジネス環境などの変化への迅速な適応を行い、ITの投資を効率化する役割を担っています。

※地銀共同化システムの参加行様は下記の8行です。

  • めぶきフィナンシャルグループ様(常陽銀行様、足利銀行様)
  • 百十四銀行様
  • 十六銀行様
  • 南都銀行様
  • 山口フィナンシャルグループ様(山口銀行様、もみじ銀行様、北九州銀行様)

共同化のスキーム

地銀共同化システムは、情報システムを3つの階層で構成しています。

先進性の高い三菱UFJ銀行様のパッケージを基本とし、新しい技術を生かしたサービスの提供や、変革に対応する迅速な対応を実現します。

参加行様共通のニーズに対して参加行共通機能を提供し、IT投資の効率化を図ります。

地方自治体への対応や独自商品など、参加行共通機能ではカバーできない個別のニーズに関しては、各行個別機能を用意して、細やかなお客様サービスを提供します。

構築/運用にあたっては日本アイ・ビー・エムのもつ高い技術力や柔軟な要員配置力、障害時の対応をはじめとするシステム保守・管理のノウハウを生かして推進します。

地銀共同化システムは、パッケージの進化や、参加行様からの新たなニーズを取り込み、成熟した市場の厳しい要求や新しい技術への対応などの要求にこたえながら、参加行様の成長とともに成長し続けていきます。

RBITSの事業内容

RBITSは、地銀共同化システムの構築と、その開発・保守を主たる事業内容としています。

構築フェーズでは、パッケージを元に、参加行様のニーズを実現する参加行共通機能および各行個別機能の開発を実施し、既存システムから地銀共同化システムへの移行(システム・インテグレーション)を支援します。

開発・保守フェーズでは、適用業務開発として、パッケージ成長分の取り込みと、参加行様の新たなニーズを満たす参加行共通機能および各行個別機能の開発を実施しています。加えて、システムを健全に維持管理していくためのシステム運用・システム管理(アウトソーシング)を実施しています。

主なサービス対象業務

適用業務開発

  • 勘定系
    • 預金
    • 内国為替
    • 融資
    • 外国為替 営業店情報
  • 情報系
    • 営業店情報
    • 取引先情報
  • ダイレクトチャネル系
    • インターネット・バンキング
    • EB
    • コンビニATM

システム管理

  • インフラ環境構築
  • インフラ環境維持管理

システム運用

  • 運行監視
  • 運用管理
  • オペレーション