システム運用管理業務

みずほフィナンシャルグループの勘定系システムMINORIをはじめとするオンライン処理・バッチ処理等を担うシステム(クライアントサーバシステム、クラウド等)の運用管理、ならびに全国に延びたオンラインネットワークの運用管理を行っています。
具体的には、コンピュータシステムの操作・監視・障害対応、機器管理、障害管理、セキュリティ管理などシステムの全体管理を担当するとともに、システムの安定稼動に繋がる改善案の提言を行うなど仕事の範囲は多岐に渡ります。

銀行のシステムは24時間365日稼動していますので、銀行サービスをいつでも必要な時にお客さまにご利用いただくため、複数のチームで交替しながら勤務しており、銀行サービスの信頼性と安定性を常に維持するために必要な重要な業務です。

定期的な銀行サービスのレベルアップ・最新ハードウェアへのシステム更改など多数の案件を随時進めておりますが、これまで<みずほ>のシステム運用管理を担当してきたことで培った知識・技術・経験にくわえ、最先端技術の知識が求められる仕事ですので、学ぶ事が多く大変やりがいのある職場です。

<みずほ>のお客さまに安定したITサービスを提供する責務を全うするため、全社一丸となって弛まぬ努力を続けています。


ITサービス業務

サービスデスク

みずほ銀行には各支店ならびに各本部を幅広くサポートするイントラネットシステムがあります。このイントラネットシステムのユーザーからの様々なお問い合わせに対し、適切なサポートを行っているのが私たちです。
具体的には、業務処理ソフトの操作方法の照会から、PC端末の故障、サーバ故障に関するものまで多種・多様なものがありますが、その一つ一つに丁寧に対応し解決していくのが私たちの仕事です。
イントラネットシステムは銀行の業務基盤を支える重要なシステムです。

ユーザーである銀行の役職員、スタッフの方々の業務が支障なく、いかに円滑に行えるかは我々のサポートレベルによって大きく左右されます。
それだけに責任が重い仕事ですが、問題を解決しユーザーから「ありがとう」の言葉を聴いたときの嬉しさはひとしおです。

なお、直近ではサービスデスクの更なる高度化・効率化を目指し、AIチャットボットの導入にも取り組んでおります。


運用基盤開発業務

運用基盤開発業務(運用基盤開発、RPAロボット開発)

私たちは、<みずほ>におけるシステム運用基盤の保守管理業務を担うとともに、システム運用の合理的且つ効果的な運用を目指し、様々なIT新技術(RPA〔ロボティック・プロセス・オートメーション〕、ワークフローシステム(※))等を用いて、業務改革・改善に取り組んでいます。
※各種申請事務を電子化したシステム

RPAに関しては、みずほ本部ユーザーが利用するロボット作成に関するオンサイトサポートの役割を担うとともに、自社業務の更なる業務の効率化を追求したロボット開発など、メンバー全員がそれぞれの持ち場で、日々活発な活動を推進しています。

また、ワークフローシステムについては、各種システム関連申請業務の画面レイアウト設計を担う等、グループ開発会社と連携した取り組みも行っております。

直接、IT新技術に触れることができ、自身のスキルアップに繋がるとても魅力的な職場であるとともに、社員に対するキャリア支援として、様々な技術習得を目的に外部研修にも積極的に参加しています。


新規業務領域の取り組み

IT技術・ITサービスに係る調査分析

昨今のIT技術の急速な進化・多様化が進む状況下、新たなITサービスや業務領域に参画することを目的に外部セミナー、ITベンダー企業への訪問等、調査分析を推進。
忙しくも充実した仕事にやりがいを持って取り組んでいます。

<みずほ>では「外部クラウド」、「RPA」、「AI」等のIT技術を活用したソリューションを積極的に展開しており、私たちはビジネスパートナーとして、IT・デジタル活用によるビジネスを支援することが役割です。