ISC-Jに興味をもったきっかけは?

成長に繋がる充実した社内研修制度

私がISC-Jに興味を持ったきっかけは充実した社内研修制度(特にIT関係の研修・教材)です。当時は、ITについてあまり知識がなく不安でしたが、まずは豊富な教材で基礎からスキルの蓄積ができることに安心しました。また、ISC-Jは、IBMグループ最大規模のサービス・ソリューション会社で、トップクラスの高い技術・基盤やノウハウを駆使し、お客様の課題を解決に導いていることを知りました。将来、自身の頑張りで、IT専門家としてそのようなクオリティの高い仕事が出来るのではないかと魅力を感じました。


現在の仕事の内容を教えてください

スピード感と緊張感を持って働ける仕事

現在は大手製造業様のビジネス環境(国内/海外)におけるITセキュリティ強化/対策の企画、設計、構築、運用を担当し、お客様の事業活動をITセキュリティ面から支えています。最近は、サイバーセキュリティ対策サービスの企画〜構築および運用への落とし込みを担当しました。日々高度化し、進化するサイバー攻撃は過去のセキュリティ対策では対応が困難ですが、社内に蓄積されたサイバーセキュリティのノウハウでお客様の課題解決をサポートしています。最先端のITセキュリティ技術を修得しながら、スピード感と緊張感を持って働ける仕事で、とても充実した毎日です。

普段意識しているのは、お客様との丁寧なコミュニケーションです。以前担当した仕事では、お客様(国内・海外)の担当者および関係者が広範囲に及んでおり、それぞれ事情や背景が異なることから、意見を一致させるのに非常に苦労しました。お客様の要望や困っている事を何度もヒアリングし、丁寧なコミュニケーションをとることで目指す方向が共有でき、その目的のもと真の課題が見えてきます。苦労した経験から、仕事を成功裏に完遂するにはコミュニケーションが重要であることを再認識し、お客様の役に立つことを第一に、お客様や各関係者との丁寧なコミュニケーションを意識して仕事を進めています。


目標としていることがあれば教えてください

より安心・安全なITインフラ環境の提供を目指して

業務を通じて、ITスキルや最先端のサイバーセキュリティの専門知識が向上しました。また、プロジェクトリーダーも経験することでマネジメントスキルや、海外案件で英語のコミュニケーション力のアップと、様々な経験による自らの成長を実感しています。リーダーとして苦労することも多かったのですが、お客様にもご満足いただき、社内表彰を頂く事が出来ました。

私の目標は、IBMの最新技術で他社に無い新しいサービスを提供し、お客様に貢献することです。IBMは、ニュースでも話題になるようなサービスや技術を保有しており、どんな新しいことができるかと考えるとわくわくします。例えば「IBM Watson(ワトソン)」による「Watson for Cyber Security」を活用し、これまでに培ったノウハウと融合することで、他社にはできない高度なセキュリティサービスの提供にチャレンジしたいです。目指しているのは多くのお客様に、より安心・安全なITインフラ環境を提供することです。


座右の銘とその理由を教えてください

物事を投げ出さない姿勢で取り組む

『為せば大抵なんとか成る』という前向きな気持ちを忘れないようにしています。例えどんなに時間がかかったとしても解決しない問題/課題は無いと思います。思った通りにいくことは少なく、求める結果100%にできないこともありますが、いろんな側面から解決を検討することで、結果「なんとかする」ことはできると思っています。一人で仕事をしているわけではなく、上司や先輩、そして各分野の専門家が職場には居て、いつでも相談にのってくれます。困難な時ほど、自身の努力と物事を投げ出さない姿勢で仕事に取り組むことにしています。


仕事とプライベートをどのように両立させていますか?

プライベートは仕事との切り替えをしっかりするようにしています。できるだけ水曜日はジムに通っています。ダイエットが第一の目的ですが、ストレス発散も出来ますし、すっきりした気持ちで一日を締めくくれます。金曜日は、仕事メンバーとの飲み会や女子会を楽しむことが多いです。ダイエットがなかなかできないのが悩みですが、仕事終わりのプライベートも大切にしています。また、計画的に趣味である旅行(特に海外旅行)へ行き、全てを忘れてリフレッシュしています。職場の方へお土産を渡しながら、旅行先での面白エピソードをお話ししたりと旅行後も余韻を楽しんでいます。

社員の声

竹澤 崇巨

技術で課題をクリアしていくことがチャレンジ

斎藤 沙也香

日本×IT、そんなサービスを作りたい

岩井 優里

スピード感と緊張感を持って働ける仕事

佐々木 優

お客様の一歩先に立つエンジニアであり続けること

お問い合わせ

日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社
〒103-8510
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
日本IBM本社ビル
電話:03-6667-1111
(IBMグループ番号案内)

メールに不要な個人情報を入れないでください。データは他の目的には使用しません。Please do not put unnecessary personal information in the mail. We will not use data for other purposes.