IJSの役割

日本アイ・ビー・エム・スポーツ(株)(IJS)は、2019年4月1日に日本アイ・ビー・エムの100%子会社として設立されました。
日本アイ・ビー・エムがメインスポンサーを務めるアメリカンフットボールチームビッグブルーの管理・運営を主な事業としています。


IJSは、ビッグブルーを通じたファンへのエンゲージメントの最大化、ビッグブルーを支援していただく企業様の価値の向上、スポーツを通じた地域貢献活動、スポーツを通じたビジネスの発掘、試合を憩いの場としての活用を目標に活動を行っております。スポーツを通じて、ファン、それを取り巻く企業、地域にイノベーションを提供する役割を担っています。


IJSの事業内容

IJSは、アメリカンフットボールチームビッグブルーの管理・運営を主たる事業内容としています。加えて、スポーツチームの管理・運営を行うにあたってスポーツを取り巻く様々なビジネスに対応しています。管理・運営するスポーツチームをもとに新しいスポーツにおけるビジネスの発掘や取り込みを行なっていきます。

主な事業内容

  • アメリカンフットボールチーム「IBM BigBlue」およびファンクラブの管理・運営
  • その他、スポーツ関連ビジネス全般チーム広報活動
American Football Team BigBlue Dominate!!