インターネットを介して無数のデータを発信する、多種多様なコネクテッド・デバイス。それがIoTです。

視聴する (YouTube,3分39秒,英語)

 

モノのインターネット(IoT)は私たちすべての暮らしを心地よくすることができます。家庭で接続されたスマートなデバイスが、朝のルーチンをどのように変えるかをご覧ください。

 

スマートな目覚まし時計を午前7時にセットすることから始めます。時計はコーヒー・メーカーに接続しているので、あなたが起きた時にはお気に入りの1杯が用意されています。

 

セントラル・ヒーティング・システムも接続されているので、部屋は暖かく、お湯も十分にあります。

 

車がカレンダーに接続されているので、車に乗る前から衛星ナビゲーションがルートを決定しています。

 

そして交通渋滞に遭ったら、あなたが少し遅れることを車がチーム宛にテキスト・メッセージかEメールで連絡します。あるいはさらにいいことには、そもそも渋滞を避けるためにもっと早くあなたを起こすでしょう。

IoTは、無線通信、超小型電子システム、そしてもちろんインターネットを含む、いくつものテクノロジーを結びつけることによって実現されています。

「モノ」とは、人が介在せずにデータをネットワークで転送することができる電子技術を組み込んだ物体のことです。

例えば、ウェアラブル・デバイス、環境センサー、工場の機械、家やビルディング内のデバイス、車のコンポーネントなどです。

ユースケース

ユースケースとは、接続されたデバイスからのIoTデータが、コグニティブ・コンピューティングと組み合わさって、既存の価値観を打ち砕くような業界の変革を可能にする場所や設定のことです。

ライフサイクル全体を接続して競争に打ち勝ちます。

アナリストは、2025年までに、接続デバイスからのデータが下記の経済的価値を実現する可能性があると予測しています*

11兆米ドル

*「Unlocking the potential of the Internet of Things」、McKinsey & Company、2015年6月。

ビジネスにとってIoTは何を意味しますか?

車から農作物、コンベヤー・ベルトまで、ほとんどすべてのものが接続されてきていることで、IoTは企業の運営方法を変えつつあります。IoTデータとコグニティブ・コンピューティングを組み合わせることによって、企業は価値ある洞察を取り出して、運営のほとんどすべての側面を改善し、革新的な新しいビジネス・モデルを実現することができます。

例えば、接続されたビルディングでは、エネルギー節約や予知保全のためにデータを使用することができます。生産ラインでは、センサーによって効率を高めることができます。店舗内のデバイスは、小売店がカスタマー・エクスペリエンスを向上させることを支援します。ウェアラブル・デバイスからの医療データは、命を救うために使用できます。

 

小売店のオーナーは、ユースケースとして、店舗、マーチャンダイジング、サプライ・チェーン、店内での顧客対応などを検討することができます。

IoT主導の環境はどうすれば作れますか?

最初のステップは、インフラストラクチャーとサービス・モデルを調べてユースケースを定義することです。

IoTデータを活用できるようにする

IoTが生成する膨大な量のデータを分析するには、人間では限界があります。そこで、IBM Watson IoT™ Platformが活躍します。

IoTの使用で本当に革新的なのは、構造化データと非構造化データをコグニティブ分析で結合することです。

コグニティブ時代のIoT

コグニティブ技術によって、膨大な量のIoTデータの意味を把握して、何が起きているかをより深く理解できるようになります。システムとプロセスにインテリジェンスを取り込むと、効率を高め、お客様の満足度を向上させ、新しいビジネス機会を発見し、リスクと脅威を事前に軽減するのに役立てることができます。

 

コグニティブ時代のIoT: 接続デバイスの未来と可能性を実現

ホワイト・ペーパーを読む (PDF,146KB,英語)

Watsonのコグニティブ・エンジンの力を備えたセキュアなIoTプラットフォーム

Watson IoT Platformは、IoTの開発を簡単にしてIoTデータからより多くの価値を導き出せるようにするための、IBM Cloud上で完全に管理されたクラウド・ホスティング・サービスです。

多くのデバイスが一緒に接続されてIoTを形成するにつれて、データの量が指数関数的な割合で増えています。

コグニティブ・コンピューティングでは、環境から「学ぶ」ことができるインテリジェントなシステムによって、画像、ビデオ、テキストなどのIoT データの意味を企業や個人がコンテキスト内で理解できるようにします。

ソリューション

Watson IoT PlatformをコアとなるIBMソリューションと統合することにより、コグニティブ・コンピューティングのパワーをお客様のIoTフレームワークに提供します。