Watson IoT Platformは、IoTプラットフォームのリーダーです

IDC MarketScape Report (US)

データを活用するコグニティブなIoTによって、製品、サービス、各種のプロセスを刷新するとともに顧客体験を変革します


安全でスマートでスケーラブルなプラットフォームは、IBM Watson IoT PlatformをIoTのハブとすることで実現できます。

IoTがWatson IoT Platformによってシンプルに (YouTube,4分)

Watson IoT Platformを使用してIoTソリューションを作成しましょう

会話で使われる単語を、ユーザーが意図する意味に自動的にリンクさせるとともに、他のデータ・ソースと相互に関連付けることで、特定のソリューションにおける文脈に対話を組み込みます。

使用するWatson API

データ処理を自動化し、学習した優先度に基づいてデータをランク付けします。機械学習を IoT データに適用することで、現在の状態を自動的に理解し、予想される傾向、問題発生時のアクションを推奨できます。

使用するWatson API

ビデオ・フィードとイメージのスナップショットから非構造化データをモニターして、ビデオ・データ内のシーンとパターンを識別します。このデータをマシン・データとを結合することで、アプリは過去の出来事や今後の状態への理解を深めます。

使用するWatson API

コール・センターのコール・ログ、技術者の保守ログや日報のコメントのような構造化されていない大量のテキスト・データをマイニングして、相関性とパターンを検出します。

使用するWatson API

Watsonの自然言語処理

Watsonの機械学習

Watsonの画像およびビデオ分析

Watsonのテキスト分析

IBM Watson IoT Platform Connect

チップ、インテリジェントなアプライアンス、アプリケーション、業界ソリューションの全てに対して、デバイスを容易に接続します。

デバイス管理機能の実行と、クラウド・ベースのサービスを使用したスケーリングを行い、豊富なアナリティクス機能の使用によって獲得した洞察を用いて、組織の変革を実現します。

情報管理と外部データの統合

データを識別して集約するとともに、IoTデータを資産としての構造を持つデータに変換して、迅速かつ容易な分析を可能にします。

外部の多様なデータ・ソースとプラットフォームからのデータを取り込み、使用しているデバイスが収集したデータを強化して分析を行います。

クラウド・ベースのさまざまなストレージ・サービスを効率的に活用して、IoTの履歴データを管理します。


IBM Weather Companyのデータ

天候はビジネスに大きな影響を与えます。履歴データとリアルタイム・データをIoTソリューションに統合して、明確で正確な空間に関する洞察を使用し、天候に事前に対応します。

リスクおよびセキュリティー管理

Watson IoT Platformは、設計段階からセキュリティー対策が組み込まれており、ダッシュボードとアラートを使用してIoT全体でリスクを管理します。

プライベートIoTブロックチェーン

IoTデバイスからブロックチェーンに送信されたデータはビジネス・トランザクションに取り込まれ、消去や改ざんができない台帳にトランザクション・レコードとして永続的に保管されます。トランザクション・レコードは、トランザクションに関わるチェーンのすべての参加者が利用できます。

パーティー間のセキュアかつ明白なデータの複製により、ビジネス・プロセスを簡素化するオープンなトランザクション・アプリケーションが実現します。Watson IoT Platformには、選択したIoTデータをプライベート・ブロックチェーンに追加できる組み込み機能があります。

その他のツールとサービス