Watsonによって進化する「考えるIoT」で一歩先を行くIoTを実現

AI活用の時代において、ビジネス・ソリューションの進化を促すのはデータです。
コグニティブな(or AIを活用する)IoTの容易な開発を実現するWatson IoT Platformは、IoTが持つあらゆる可能性を解き放ちます。

Watson IoT Platformについて詳しく見る

IoTがWatson IoT Platformによってシンプルに (YouTube,4分)

使いやすく、柔軟な拡張ができるWatson IoT Platformは、小規模から開始して成長にあわせた拡大が可能です。

コグニティブAPI、Weather Companyのデータ、ブロックチェーンなどが利用可能です。IoTデバイスとデータの接続、管理、分析、保護に必要なツールとサービスを見つけましょう。

Watson IoT によってコグニティブ時代の可能性を実現 (YouTube,3分8秒)

IoT 統合ソリューション

既存のシステムとWatson IoT Platformの統合によって、膨大なデータソースを活用した革新的で新しいビジネス・モデルを生み出し、競争優位性を築くとともに差別化を実現します。

業務別ソリューション

 

業種間の境界を越えて

お客様は、IoTの価値と可能性にどのような評価をしていますか?

Watson IoT Platformは、業種間の境界を越えたデータ活用の実現を促し、業界を変革する可能性を持っています。IBMが考えるユースケースを参照ください。

 

アナリストは、2025年までに、接続デバイスからのデータが生み出す洞察が、下記の経済的価値を実現する可能性があると予測しています。

11 兆米ドル*

*「Unlocking the potential of the Internet of Things」、McKinsey & Company、2015年6月。

IoTの「定義」と「重要性」

 

IoTによって、私たちの生活、仕事、娯楽のあり方が一変します。家や車や職場に、さらにはあなた自身に、スマート・デバイスが装備されることで、あらゆる領域において私たちの生活をより良く変革できるのです。

IoTは単一ではなく複数のテクノロジーの集合体として実現されます。

IoTデータとコグニティブ・コンピューティングを組み合わせることによって、企業はデータから価値ある洞察を獲得できます。

そして、洞察に基づいて、あらゆる観点から企業運営を向上するとともに、革新的な新しいビジネス・モデルの構築が可能になります。

IoTは「モノのインターネット」とも呼ばれます。ここで言う「モノ」とは、人間の介在なしに、ネットワーク経由でデータを転送できる電子技術を組み込んだ物体のことです。

ウェアラブル・デバイス、環境センサー、工場の機械、家やビルの内部のデバイス、車のコンポーネントなどが、「モノ」の具体例です。

さらに詳しく知る