FINANCE ×
DIGITAL SHIFT

「実証」から「実装」へと向かう
FinTechの最前線

DBS銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ、千葉銀行のデジタル・テクノロジー活用事例

金融業界におけるAI・オープンAPI・ブロックチェーン・RPAの活用事例をご紹介したセミナーの採録です。合わせてIBMの専門家が金融業界におけるデジタル・リインベンションを解説しています。

「現物主導」のオペレーションからの脱却

これまで銀行の主要な業務は帳票や現金といった「現物」を用いたものでしたが、これからは「データ」がその中心を担います。顧客は自身の都合に合わせて、いつでもどこでも取引や手続きができるようになります。また、銀行が保有するデータを活用できることから新たにインプットが必要な項目は最小で済み、形成されたデータは行内だけでなく業務提携先にも連携されるため、顧客を中心として必要なオペレーションは大幅に簡潔化、スピード化されます。さらに、行員による取引確認の作業などは、コグニティブ・テクノロジーの活用により機械化や自動化されます。蓄積・インプットされたデータや顧客が銀行と接点を持った履歴などの情報が、さまざまな外部とのデータとも連携され、顧客の嗜好性や生活スタイルを把握できるため、顧客に対しパーソナライズ化されたサービス提供が可能となり、顧客満足度や銀行収益の向上を支援します。

軽量店舗化ソリューション

大きく変化するコグニティブ時代の銀行営業店の役割と機能

「軽量化店舗ソリューション」は営業店を起点とした業務変革を支援するソリューションです。セルフオペレーション・スタイルの確立、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)などを実現するためのコンサルティング、システム構築を提供します。行員の業務効率化、顧客ごとのパーソナライズされたサービス、24時間365日のサービス提供や無人店舗の展開など、さまざまな観点から営業店の業務を変革します。

ニュース

朝日信用金庫がIBM Watsonを活用し、事務問い合わせ対応業務を効率化

Smart BranchとIBM データ・オン・クラウドを発表

コグニティブ技術を活用し銀行の業務変革支援を強化

千葉銀行と次世代営業店モデル実証実験の機能を拡大