2009年11月11日付 プレスリリース (英語, PDF, 2.8MB) にて発表された、横浜市との協業による平成21学年度(2009年4月~2010年3月)の教育支援活動が2010年2月25日の授業をもって終了しました。

概要

今回の取り組みは、横浜市が民間からの相談や提案を受け付けるために横浜市共創推進事業本部に設置した窓口「共創フロント」に、ITを活用した教育分野での社会貢献活動に力を入れている日本IBMが同プログラムの提供を提案したことから実施が決定。社会を担う資質を身に付けた「市民」を育成することを宣言し、小中学校でのキャリア教育の強化に取り組んでいる横浜市教育委員会との協力により実現しました。

教育プログラムを受ける子どもたち1 教育プログラムを受ける子どもたち2 教育プログラムを受ける子どもたち3

期間:2009年11月~2010年2月
学校数:横浜市立の小中学校 延べ11校(小学校 5校、中学校 6校)
対象:小学校4年生~中学校2年生
人数:延べ1,013名
参加ボランティア人数:延べ20名

内容は「 パワー・アップ 」「 トライサイエンス 」「リーディング・コンパニオン」などのIBMが全世界で展開している教育支援プログラムを活用。教育を専門とするNPO法人企業教育研究会、NPO早稲田環境教育推進機構の協力により、横浜市の小中学校に合わせてコンテンツを作成、提供するとともに、日本IBMの社員ボランティアが業務で培った専門分野やスキルを生かして授業を支援しました。


授業内容

環境授業:

  1. パワー・アップ 」を通じて、環境分野でのエンジニアリングの原理や環境について学ぶとともに、環境に加えて、エンジニアの仕事に興味・関心を持つことを目的とした授業。
  2. トライサイエンス 」のコンテンツ「 油膜を取り除こう 」の実験を通じて、海洋汚染とその解決に使われる科学の仕組みなどを学ぶとともに、環境に加えて、エンジニアの仕事に興味・関心を持つことを目的とした授業。
  3. シリーズ授業「データ見えるか」:「パワー・アップ」に加え、学校の電力消費のデータをモニターで見える化し、日常的に環境配慮活動を行える児童・生徒の育成を目指す授業。

パワー・アップ

パワー・アップ授業の様子1 パワー・アップ授業の様子2 パワー・アップ授業の様子3 パワー・アップ授業の様子4 パワー・アップ授業の様子5 パワー・アップ授業の様子6

英語授業:

「リーディング・コンパニオン」による学習に加え、日本IBM社員が業務で英語を使用する様子のビデオや、社会での英語の必要性や英語の楽しさを紹介することで、英語学習の意識を高めることを目的とした授業。

リーディング・コンパニオン

リーディング・コンパニオン授業の様子1 リーディング・コンパニオン授業の様子2 リーディング・コンパニオン授業の様子3 リーディング・コンパニオン授業の様子4 リーディング・コンパニオン授業の様子5 リーディング・コンパニオン授業の様子6 リーディング・コンパニオン授業の様子7 リーディング・コンパニオン授業の様子8 リーディング・コンパニオン授業の様子9 リーディング・コンパニオン授業の様子10 リーディング・コンパニオン授業の様子11 リーディング・コンパニオン授業の様子12

理科授業:

トライサイエンス

トライサイエンス授業の様子1 トライサイエンス授業の様子2 トライサイエンス授業の様子3 トライサイエンス授業の様子4 トライサイエンス授業の様子5 トライサイエンス授業の様子6

各授業とも終了後実施したアンケートでは、生徒たちの80%が授業への満足度を示すとともに、100%の先生方が今日の授業は生徒たちにとって有意義であったと感じていました。また、参加した社員ボランティアも全員が「非常に満足」か「満足」で「また参加したい」と回答しています。

生徒たちの環境や理科、英語の各教科への関心についても80%~90%以上が「関心が高まった」と回答しており、昨今課題になっている環境問題、グローバル化による英語の重要性、理数への興味を喚起する観点でも社会に意義のあるスマートな教育支援活動だったことが伺えます。

また、社員ボランティア自身も、日頃の業務では接することのない生徒たちや教育現場に触れ、自分自身が楽しむとともに、自分の社会での役割を振り返る機会になったなど、自分自身にとっても学びがあったことが触れられてます。


なお、横浜市の方からは以下のコメントをいただいています。

横浜市教育委員会 首席指導主事 三宅 一彦氏:
「どの授業においても、子どもたちが非常にいきいきと参加していました。学校での学習を日常生活や社会とより結びつけることができたと思います。」

横浜市共創推進事業本部 課長 佐々田 賢一氏:
「横浜市では、様々な分野で民間企業との連携により行政サービスを充実させる、公民連携の取組を進めています。民間企業が持つ資源はとても実践的で、行政サービスの活性化に大きな効果があります。民間企業の活躍が市民メリットになる今回のような取組を、今後も進めたいと思います。」

事後アンケートのコメント(抜粋)

PU=「 パワー・アップ 」、RC=「リーディング・コンパニオン」、TS=「 トライサイエンス 」、データ見えるか=「“パワー・アップ”に加え、学校の電力消費のデータをモニターで見える化し、日常的に環境配慮活動を行える児童・生徒の育成を目指す授業。」

IBM、IBMロゴ、およびibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、 www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。