就学前の幼児が自然な形でコンピューターに親しみ、対話や遊びを通じて心や創造力を広げることを支援する、教育関係者と一緒に取り組むプログラムです。

概要

キッズスマート(KidSmart:幼児教育支援) は、子どもたちが遊びや生活の中でコンピューターに親しめる環境を提供し、自ら考え創造する能力を養うことを目的としています。幼児教育の専門家を交え、幼稚園・保育所・学校の先生方と一緒に創り上げていくプログラムです。

目的

子どもたちが粘土や積み木などの遊具と同じようにコンピューターに親しみながら遊ぶことにより、子どもたちの自ら考え創造する能力を養うことを目的としています。

内容

キッズスマートロゴ 物品の寄贈、設置
参加園・学校に対し、以下のものを寄贈します。

活用のための支援
IBMキッズスマート導入前にオリエンテーションを開催。日常の遊びや生活とどのように連携することにより、子どもたちが自然な形でコンピューターに親しむことができるかなどの効果的な活用法についてご説明します。また導入後には、情報共有などのより効果的な活用を支援します。

具体的には以下のような支援を行います。 ヤング・エクスプローラーの写真

沿革/実績

1998年からアメリカ合衆国他、世界37カ国で展開を開始し、現在世界60カ国で32,000台以上を寄贈。260万人以上の子どもたちが使っています。日本では2001年に関東地区の保育所10園を対象にパイロット的に実施しました。その成果を踏まえ2002年からは関東甲信越地区、関西地区、名古屋地区他、全国700カ所以上の幼稚園・保育所・特別支援学級などに展開しています。

プログラムに参加された先生方からは「カラフルな家具は子ども達の人気者です。ソフトウェアの内容も教育効果がよく考慮されていてとても面白く、子ども達も非常に興味をもってうまく使っている」と好評をいただいています。

関連情報

幼児教育とITの手引き

先生/保護者の方を対象とした、幼児のためのコンピューター活用についてのガイドです


パンフレット