エンジニアの仕事って面白い ! 科学や数学、テクノロジーの体験を通して、子どもたちに技術の夢や楽しさを伝えます。

概要

エンジニアズ・ウィークの授業で使用するレゴ・ロボット エンジニアズ・ウィーク(Engineers Week : 略称 EWeek)は、技術者自らが、子どもたちに科学や数学、テクノロジーの面白さを伝え、エンジニアの仕事に興味をもってもらう活動として、IBMなどの企業が協賛し、アメリカで始まったプログラムです。現在、日本IBMでは、EWeek Japanコミュニティーとして社員ボランティアが中心となり活動を行っています。

目的

プログラムを作り、レゴ・ロボットを動かす子供たち EWeekの目的は以下の通りです。

上記の目的を踏まえEWeek Japanコミュニティーでは、技術を通して子どもたちに夢や楽しさを伝え、技術に対する興味を高め、エンジニアという職種に対するあこがれを醸成することを目標として活動しています。

内容

EWeek Japanコミュニティーの活動内容は以下の通りです。

沿革/実績

USでは1951年よりNational Engineers Week Foundationが主催し、75以上の学者・技術者団体、50以上の企業や政府機関が参加して、2月の第3週に多くのイベントが行われています。1990年からIBM(US)が参画。2008年にはIBM会長のSam PalmisanoがEngineers Week名誉会長を務めています。
日本IBMでは2005年に東京基礎研究所にてパイロット実施。2006年より箱崎、幕張、大和の各事業所を3拠点としてコーディネーターを立て、社員ボランティアによるEWeek Japanコミュニティーとして活動しています。また、大阪などの関西地区、東京都三鷹市などでの展開も実施しています。

EWeek Japanコミュニティー発足時の2006年は10回のイベントに312名の生徒たちが参加。延べ80名の社員がボランティアとして参加しました。その後2008年までに70回以上のイベントを実施し2,000名以上の生徒たちが参加。延べ600名近くの社員がボランティアとして参加しました。

参加した子どもたちからは「プログラミングの大変さや試行錯誤を繰り返す楽しさ、大変さがわかってすごくよかった」、「将来ロボットを作って人の役に立つようにすることが夢で、将来に向けてのいい経験になった」、先生方からは「何度も失敗しては試すという課題解決型のよいクラスだった」などの声が寄せられています。

関連情報